FC2ブログ

Murals in Downtown Bethany ; Oklahoma

<<Murals in Downtown Bethany>>
( Bethany に関してはこちら )
関連 Website はこちら

Bethany には素晴らしい壁画が数カ所描かれているが、
ほとんどの作品は Bethany 在住で Oklahoma のあちこちに描いている壁画家 Bob Palmer 博士によるもの。
彼は Bethany Improvement Foindation ( 改善財団 ) が後援して 2010 年から 2015 年の間に、
Bethany の町の建物にいくつかの歴史的な壁画を描いた。
訪れた人達は大きな壁画の中に Bethany school、Bethany Depot、最初の銀行、他の地元の Bethany のビジネスなどを見、この町の歴史の深さを知ることができる。

<<Route 66 Mural #1: "East College Street Mural">>
On the SW corner of 39th Expy. and N. College Ave.

メキシカンレストラン “ Birrieria Diaz “ の東側の壁に描かれている。
幅約 50 feet、高さ 20 feet の大きな壁画。
1926 年から 1950 年代半ばまでの Route 66 に関連するビジネスとその時代のアイコン、
そして Route 66 Oklahoma のシールドが描かれている。


2019年9月撮影

過去の Bethany の建物や人々の絵葉書が壁を覆っているデザインで、
ほとんどの画像は写真から取られている。
Bethany Improvement Foundation の創設メンバーの1人で、
Bethany Tribune の最後の編集者 Gloria Quaid が壁画に新聞を置いています。


<<Route 66 Mural #2>>
Go south and turn left on 38th St.
古い銀行の 1 ブロック南の左手に。
Route 66 を祝った内容。


2rom Google


<<Mural #3 Pony Express "The Ambush">>
6604 NW 38th St.Bethany OK

ショップの西の壁に。
the Bethany Kiwanis Club と the Bethany Improvement Foundation の基金により。


2019年9月撮影

Bob Palmer が描いた “ The Ambush ( 待ち伏せ ) “ は、左手の馬に乗った Grant Keeton を称えて描かれた。
彼は 1962 年から 1982 年ま でBethany の郵便局長だった。
注意深く見ると、Pony Express の従業員が現在の郵便局の従業員をとなっている。
the Bethany Kiwanis Club のメンバーと Bethany Improvement Foundation が壁画の費用を負担した。


<<Mural #4: Wehrenberg Soda Fountain>>
画像はこちら

メインストリートの南の駐車場から、
または 39th Expressway のビジネスから良く見えるように、
Palmer が the Wehrenberg Drug’s Soda Fountain の壁に描いた。

Unruh 家族を称える為に、
Anna Unruh Pendergast Takemire が、
夫の Melvin Unruh と息子の Gary Unruh と Don Unruh を描いた壁画を寄贈した。
Anna と Melvin は、 Melvin が Bethany Nazarene College に在籍していた数年間、
一日 14 時間働いて、Soda Fountain を運営していた。
Melvin は後に NBC の教授となり、Anna は Bethany Public Schools の教師となった。
壁画は家族の白黒写真からのもので、” Celebrating Bethany Centennial “ book に収められている。

<<McClure’s Flowers>>
何十年もの間、Bethany の市民はお祝い事と悲しい事のためのフラワーアレンジを作るのに、
McClufres’ Flowers を利用してきた。
1966 年、Wanda がショップを開いた時、彼女は Bethany で 2 番目の女性起業家だった。
彼女はフラワーアレンジの仕事を続けながら、子育てをしてきた。
彼女の娘 Linda Moonも、その息子 Michael Moon も同様に仕事を続け、
今フラワービジネスの中で成長してきた彼の子供達 Ryan、 Emilee、 Amanda とともにビジネスを続けている。
家族は、家父長でビジネスの創設者で 2008 年に亡くなった Wanda McClure とその子孫を称える為に、
壁画の下半分を購入した。


<<Murals #5 & 6 Asbury >>
East Asbury St. を挟んで両側に壁画が。
  
<西側の壁画>
1909 年に遡って、 Bethany に設立した 5 つが描かれている。
( 町自体、Bethany First Church of Nazarene、Bethany Public School、Southern Nazarene University ( Oklahoma Holiness College )、the Children’s Center ( 以前の Oklahoma Orphanage ( 孤児院 ) )


2019年12月撮影

中央に大きく子供達と Children’s Center の創設者 Mattie Mallory が描かれている。 
彼女は Oklahoma City のダウンタウンの数カ所で Oklahoma Orphanage ( 孤児院 ) を運営した後、
1909 年に子供たちを Bethany に移した。

the Children’s Center は複雑な医学的、身体的障害を持つ子供達を支援する私立の非営利の病院。
Mallory は Bethany での最初の開拓者の一人で、市憲章に署名した。
Beulah Hight の土地の区画を Oklahoma Railway Company へ売ったお金で Bethanyに土地を買い、
かなりの援助をし、Oklahoma Holiness College と 2 つの建物を建てる為に牧師 C.B. Jernigan に融資をした。

<<通りの東側>>
地元のいくつかのランドマークが描かれている。
( Lake Overholser Bridge on Route 66、El Renoと Oklahoma City を結ぶ the rail car、もしくはその他の中に Oklahoma Railway Company )


2019年12月撮影

この Bethany Centennial Mural は描かれた壁画の写真に登場する人々の一部から資金提供を受けた。
Palmer がお気に入りの Bethany の歴史的な場所シリーズを描いている。

それは有名な現在および歴史的な Bethany の施設と個人、および地元のランドマークとなっている場所で、
The Lake Overholser Bridge、以前に Route 66 を旅する家族、El Reno からの電車、
もしくは Oklahoma Railway Company、 Bethany 駅、Bethany Public School、ダウンタウンビジネス、
かつておなじ交差点の南に立っていた給水塔など。

毎年恒例となっている Bethany 66 Festival で、すべての車の完璧な背景とする為に、
Memorial Day の週末の土曜日に、この壁画の近くに Vintage Car が集まる。

この壁画のセットはいくつかの Allie ( Oakes )と Trey Faulkner の 2015 年の結婚写真の背景として受賞歴のある地元の人気写真家 Sarah Libby が利用した。
Faulker と写真家 Sarah Thompson は Bethany の先住民です。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる