FC2ブログ

Frisco ; near Yukon Oklahoma

<<Frisco>>
( Yukon に関してはこちら )
関連 Website はこちら




Frisco は現在の Yukon の北西 3 mile にあった町で、
Land Run の前に Yukon より早く計画区画され、1889 年 4 月 22 日に公式に設立したが、
今は何も残っていないゴーストタウン。
しかし Yukon とも関係の深い興味深い町。

J. M.Minnick 博士は Oklahoma テリトリーで土地が開放されるとすぐに退役軍人の植民地を作りたかった。
彼はこれに興味のある退役軍人の大規模なグループを作り、最適な場所を見つけるために偵察隊を派遣した。
彼らは Oklahoma の Chisholm Trail を下り、Canadian Valley 地域でついに良い場所を見つけると、
Kansas の本拠地に戻って計画を立てた。
退役軍人は区画された土地を事前に取れる特権を与えられていたので、
この場所に決め、彼らはここに移り住み、ここを Veteran City と呼んだ。

当時の住民は町が Oklahoma の最も豊かで最高の場所の中心であると考えていた。
町の場所は低地の端にあり、深さ 15 feet から 27 feet の深さから良い水が出てきていたし、
多くの農場には泉や小川があり、土は肥沃な黒いロームで、1 エーカーあたり 1 〜 2 トンの干し草を作ることができた。

1889 年 10 月 24 日発刊が始まった地元の新聞 the Frisco Herald によると、
「農業に従事する男性がしっかりと定着しており、燃料、フェンス、建物等すべての目的のニーズに対応できる材木もたくさんあり、6 人の議員と元議員、大佐、キャプテン、裁判官もいる。
町の人々は、Kansas、Texas、Missouri、Arkansas を含む全ての州と西部のテリトリーから来ている」 と報じている。

土地はまだ安く、まだいくつかの Land Run の折の政府の区画も残っていた。
急速に発展した町は、一時人口約 2000 人と 95 以上のビジネスがある進歩的な町となり、
2 つのホテル、いくつかの食料品店、粉屋、銀行、数軒の乾物屋や肉市場、2 軒の鍛冶屋、家畜小屋、ビリヤードホール、いくつかのサロン、不動産オフィス、2 軒のドラッグストアなどがあり、
複数の医師と弁護士、歯科医がいて、町の近くには採石場があり、労働関連ビジネスの他、多くの人達がいた。

又テリトリー初の 2 階建ての学校の一つが建てられ、
町の存在期間は短かったけれど、一時は the Oklahoma Frisco College と呼ばれる大学まであった。
文化的なイベントや劇と文学の会もあり、テリトリーの中で、最初の GAR ( Grand Army of the Republic ( 共和国の大軍 )) を持ち、Oklahoma テリトリーを代表する Fife & Drum Corps ( 鼓笛隊 ) があった。

又有能な男性と少年で構成されるボランテイア消防署があり、Oklahoma City の西最大の町で、
近隣の人々はビジネスの為に Frisco への道を必要とし、
それに答えるべく 1890 年 1 月に町の人々は北 Canadian 川に橋を架け、その橋が完成した後、もう一つの橋も架けた。

しばらくの間は新しいテリトリーの中で 4 番目に大きな町だったので、
Frisco が Canadian County の郡庁所在の最有力候補であると多くの人が感じ、
Oklahoma City 又は Guthrie からテリトリーの首都を奪うことさえできると信じる人もいた。
又すでに確立された幌馬車の道上にあり、
数 mile の範囲内では一番規模の大きな唯一の町で、繁栄する商業の中心地となっていた。

町の発展により、4 つの異なる鉄道会社が Frisco の町を通過する新しい路線を検討し始めた。
町の人々は Frisco 鉄道 ( the St.Louis and San Francisco Railway ) が町を通る事を確信し、
それに期待をかけ、町の名前 Veteran City を Frisco に変えた。
が町が鉄道会社に敬意を払うことを拒否したために、
路線は 1891 年に Yukon を通って敷設され、Frisco に届くことはなく、
又他の 3 つの鉄道会社のいずれも敷設しなかった。

1891 年 El Reno と Frisco の間で郡庁所在地を巡る激しい戦いがあったが、
El Reno はこの頃までに強力な鉄道の町となっており、それにより El Reno が郡庁所在地に選ばれた。
町のビジネスや人々は El Reno や Yukon に移り始め、1889 年に開局した郵便局も 1903 年に閉局。
1904 年から郵便物は Yukon から配達されるようになった。
1905 年 2 月 20 日 Frisco 評議員会の議長だった Eli Rhodyback が Frisco の町を抹消するための書類を郡裁判所に提出し、
Frisco はこれでゴーストタウンとなった。
今は殆ど何も残ってはいない。


<<Friscoに残るマーカー>>
マーカーに関してはこちら

とある方の庭先に立っているマーカーだけが、唯一ここに Frisco の町があったことを示すものだが、
old town の北には墓地があり、ここは今も利用されている。

花崗岩のマーカーの碑文の内容;
「Frisco - Frisco とその周辺地域は 1889 年 4 月 23 日に南北戦争の退役軍人達が定住したコロニーだった。
町は区画され、Land Run の前の Kansas の Wichita のように土地が区画された。
Veterans City はすぐに Frisco に名前が変わった。
鉄道会社 ( 他に 3 社 ) が Frisco を通る路線を敷く目的で調査をしたが、
町に住む開拓者達が敬意を表すことを拒否したために、どの会社も敷設することはなかった。
古い幌馬車のルートはの最初はここを通った。
新しいテリトリーの政治的な会合が 1889 年 7 月 17 日に開催され、
郡への最初の橋が 1890 年 1 月 Frisco のビジネスマン達によって作られた。
キャプテン Payne C A P Post は最初に Oklahoma テリトリーのここにいた。
1892 年の人口は 2000 人以上だったと思われる。
新聞社は 3 社あり、75 のビジネスと他の職業が広告を出していて、郡庁所在地になる事、州都になる事が望まれていた。
8学年の学校があり、Frisco ( 鉄道会社 ) のオフィスが 1889 年 5 月 18 日に設立されたが、
町は 1904 年 4 月に廃止され、
1905 年に消失した。
この碑は “Canadian County Historical Society " が会長 Leroy を記念して建てた。“


<<Frisco Cemetery>>
Yukon の Route 66 とHWY 4 の交差点から北へ進み、Britton Rd. の角を左へ曲がって、2.5 mile の所にある。
関連 Website はこちら
Cemetery の歴史に関してはこちら
facebook はこちら



フェンスで囲まれ、手入れが行き届いており、現在も墓地として利用されている。
初期の頃には Cooper Cemetery とか Richland Cemetery とか呼ばれることもあった。
名前がわかっている埋葬が 1200 以上もある。
Frisco Cemetery Association の名の元に設立されており、
Association は Memorial Day の前の水曜日に開催される年次理事会と清掃日選出される 6 人の理事、会長、秘書、会計で構成されている。

Cemetery は Sec. と Loc. で区別されている。
墓石の上に他の石が置かれているのは、登録されているが、まだ死亡していない配偶者を示しており、
そこに埋葬されていない多くの家族の墓石もある。

Section 1; 1896 年 1 月 22 日の記録: 160 エーカーを所有していた Asel M. & Carrie Cooper 夫妻が米国政府から特許を取得し、1896 年 12 月 4 日に、Richard B. Griffin 夫人による保証書が提出された。
1896 年 10 月 19日 に墓地の 30 区画が売られた記録がある。
最初の埋葬は Ldo Lincoln Marts だった。
Section 2 ; 1897 年 8 月 24 日の記録; Frisco Cemetery Association にRichard B. Griffin と妻の Ellen J. Griffin が Frisco Cemetery を構成する 2 エーカーを含む土地の保証書を提出した。
保証書は Richard Griffin が家族のために用意した Plat#1 と記載されているいくつかの土地を除いた場所。
Section 3 & 4 ; ; 1900 年 4 月 4 日の記録。James & Eliza Smith が 2 つのセクションに分けた 1 エーカーの土地を譲渡した。
教会用 ( 現在のシェルターエリア ) ; 1911 年 10 月 11 日の記録。Richard B. & Sarah May Griffin が教会建設のために the Frisco Union Church に 1/2 エーカーを譲渡した。( これは Frisco の町から墓地へ教会を動かす為だった。)
教会に関してはこちら
Section 5 & 6 ; 1925 年 5 月 8 日の記録。墓地は J.M. & Stella Walker から 1.5 エーカーを買った土地。
Section 7 ; 1973 年 12 月 13 日の記録。墓地は E.D.Yeager から 0.84 エーカーを、N.J.Kruger 他から 0.21 エーカーを買った土地。

<教会について>
Frisco が 1905 年にゴーストタウンとなった後の 1905 年 〜 1910 年に、町にあった教会が墓地へと移された。
移す作業は困難で、最初は蒸気機関を利用したが、墓地の南の小川の所で動かせなくなり、しばらくそこに放置されていた。
最終的に 20 頭の馬で動かして、墓地に設置されたが、傷みが酷く、改修も困難なために、
1944 年 5 月 22 日の Frisco Cemetery の評議委員の会議により、オークションに掛けることに決定。
最高額 $ 3 万で Guy McGranahan が落札した。

The Frisco Herald の初版 (1889 年 10 月 ) によると、Frisco の町には 3 つの教会があった。
The Methodist Episcopal 教会は毎週日曜の夜 7;00 から礼拝を開催。
J.Roberts が牧師だったが、別の情報では、彼は M.E.Roberts という名前で地域のいくつかの教会で牧師をしていたという。
Payton Smith は the Methodist 日曜学校を担当していた。
the Christian Church は A.C.Bender を牧師として毎週日曜日に礼拝を行っていたが、この教会の場所の記録は無い。
The Union Sunday School は監督としてリストされている A.V.Swearingen が毎週日曜の 2;00 から礼拝をしていた。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる