FC2ブログ

Canadian County Historical Museum 敷地内の建物 ; El Reno Oklahoma

<<Canadian County Historical Museum 敷地内の建物>>
( El Reno に関してはこちら )

<<General Sheridan’s Headquareters>>
関連Website はこちら


2019年10月撮影



キャビンの横に立つ石碑
2019年10月撮影

Sheridan 将軍は初期の頃 Fort Reno で時を過ごし、
1880 年代後半、Indian との戦いで、重要な役目を果たした。

Canadian County で最古の現存する建物で、100 年以上経っているが、
将軍が Indian 戦争中 Fort Reno に駐留していた時、本部として利用していた。
シンプルな木造で、Fort Reno に 1876 年 3 月に建てられた。

キャビンは 20 年以上前に取り壊される予定の 7 つの建物のうちの一つだったが、
El Reno 商工会議所がその破壊から救い、
1957 年 Adams Park に移され、the Canadian County Museum の一部となった。
2017 年 6 月の時点で、修復が必要な為、一般公開されていない。


<<Possum Holler School>>
( El Reno に関してはこちら )
1908 年 〜 936 年
関連 Website はこちら
屋内の写真はこちら


2019年10月撮影



屋内
2019年10月撮影

1908 年に建てられた平屋建ての建物で、
the South Canadian River 近く、El Reno の西約 20 mile の場所にあった。
元々の学校は丸太小屋だったが、火事で燃え、現在 Museum の敷地内にある校舎が元の場所に建てられた。
下見板張りの側面と切妻屋根で、木のドアの入り口は正面と右側の壁の後ろにあり、
合計で 7 つの木のフレームのシングルハングウインドーがある 1 教室の校舎で、すべての学年が学んでいた。
その後博物館の敷地内に移築され、1976 年に復元された。

Possum Holler は国内の田舎でよく使われる用語。
ドアの上には “ Possume Holler School / 1908-1936 “ と書かれているが、
この学校が Possum Holler として、
あちこちの小さな地域にかつて立っていた Possum Holler School と呼ばれるかどうかはわからない。


<<Petrified Tree>>
関連 Website はこちら&こちら


2019年10月撮影

この木の化石は Oklahoma Anderson の Rock Island Coal Mining Company が、
第 9 シャフトを沈めている時の 1914年 3 月 14 日に 40 feet の深さの所で見つかった。
切り株と根の部分は石炭紀として知られる地質時代の物で、200 〜 500 万年前に沼地で化石化したと思われる。

Chicago, Rock Island and Pacific Railroad Company から El Reno 商工会議所へ贈られ、
1959 年 6 月に Rock Island Depot の近くの場所から今の場所に移され、維持されている。


<<the Heritage Express Trolley>>
関連 Website はこちら&こちら &こちら&こちら&こちら

El Reno はダウンタウンで路面電車を運行している Oklahoma 州のなかで数少ない街の一つ。

1900 年代初頭に El Reno にInterburn Railway が敷設され、当時は Trolley が走っていた。
1940 年まで続いた郊外の路線は中古のトロリー車の雑多な品揃えで有名だった。

その後この路線は 2001 年に市と住民の努力により復活。
Iowa 州のデイーラーから $ 215000 で the Heritage Express を購入し、
Iowa 州で数ヶ月かけて改装の後に移送された。


Museum 内に展示されている古い Trolley の写真
「 1909 年 El Reno のダウンタウンのストリートを Trolley が走った。
2001 年の今再び走る。
この歴史的なイベントを記念するために、
心から El Reno の市民の皆さんを招待します。」
との Trolley イベントへの招待状。
Canadian County Historical Museum 所蔵。
2020年1月撮影

48 席あり、完全に復元された 1924 年製の Brill Motor Car で、冷暖房完備。
Museum のある Heritage Park で乗車し、ダウンタウンを通り抜けるが、
ここで食事したり、買い物を楽しむことができ、
その後又 Heritage Park へ戻ってこれる。
今は水曜日〜日曜日に運行されている。


Heritage Express の収納庫
2019年10月撮影



収納庫の横にはオリジナルの煉瓦の道が。
2019年10月撮影



Express Trolley が走る街中の通りにはこのような表示版が。
2019年9月撮影


<<El Reno Interurban Railway>>
関連 Website は>こちら&こちら


<<Rock Island Caboose>>
関連 Website はこちら


2019年10月撮影

これは復元された貨車で、1 車両のみ Museum の敷地内に置かれている。
1971 年に製造され、Rock Island の路線で 9 年間利用されていたが、
Museum に寄付された。

他に気動車の展示も

2019年10月撮影


<<Darlington Agency Indian Jail>>
関連 Website はこちら&こちら


from Google

El Reno の北西約 5 mile に Darlington Cheyenne Arapaho Indian Agency が 1869 年に設立され、
そこで使われていた刑務所だったが、
1989 年 10 月 3 日に Museum へ移築された。

建物は屋根付きの木造1階建ての木枠の下見板張りで、1 箇所入り口があり、
両側に二重の窓、そして建物の背面と側面には小さな窓の開口部がある。
屋内にはストーブが設置されている。
刑務所内は希望により Museum の開館時間内であれば、開けられることも。


<<1889 年の Land Run 関連のマーカー>>
ここが 1889 年の Land Run の西の端であることのマーカー。


2019年10月撮影


<<Red Barn>>


2019年10月撮影


<<Mark K. Ashbrook Band Stand>>
関連 Website はこちら
バンドスタンドは 1981 年 6 月に捧げられ、いまはコンサート、スタイルショー、ときには結婚式に使われている。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる