FC2ブログ

Moriarty ; New Mexico

<<<Moriarty>>>
Website はこちら
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら&こちら&こちら



Torrance County だが、Albuquerque の都市圏内にある。
New Mexico の中心部にあり、
Historic Route 66 沿いにあることから “ Crossroad of Opportunity (チャンスの十字路) “ と呼ばれている。
周囲を美しい山々に囲まれ、その日没が美しいことでも有名。


2016年11月撮影

1887 年に Michael Timothy Moriarty は Iowa の寒い北の冬を逃れて、妻と 3 人の子供と共に、
今の Moriarty から西約1 mile の何も無い Estancia Valley へやってきた。
彼はここで牛を飼い、少し筒大きくしていき、New Mexico の中でも最大級の牧場にしていった。
彼が来た 1887 年に町が確立され、彼の名前が町の名前となった。

初期の住民の殆どは乾燥地の農民で、厳しい農業が主流だったが、
今は大型のピボット灌漑用具を利用して、より洗練された農業となり、
アルファルファ、飼料用のとうもろこし、小麦、ピント豆、かぼちゃ他を作っている。

郵便局が 1903 年にオープンし、Moriarty が最初の局長となった。
その年の後半に、Santa Fe Central Railroad が Santa Fe から Willard と Vaughn に敷設され、
the CRI & G Railroad Chicago, Rock Island と El paso と Chicago を結ぶ Gulf Railroad がここでつながった。
鉄道は同時に the Santa Fe Central 駅と停車場を作り、新しい入植者達が鉄道で到着し、農場を設立。
町は発展していった。

Michael が最初のショップを開き、それを Dunlavy Merchantike Company に貸した。
それが後に Moriarty Trading Company となる the Levi Hughes Store。
Moriarty 最初の商業ビルは今の Center Avenue にあったが、
その殆どは 1920 年代半ばの大火で破壊されてしまった。
今日でも古い鉄道の基礎の痕跡が残っている。
Santa Fe から Torrance までの本線にはそのうちの一つの駅はそのまま残っている。
1908 年に敷設された the New Mexico Central Railroad として知られる路線は、
1926 年に the Santa Fe Railroad ( 後の New Mexico Central Railroad ) に吸収された。
駅は 1949 年に、元と同じように建てられた小さなフレームビルと木製のボックスカーに置き換えられ、
オリジナルの駅は数十年の間に何度も所有者が変わり、食料品店、ワークショップ、カソリック教会として利用された。

Moriarty は highway の再編で 1937 年に Route 66 の一部となり、他の多くの Route 66 沿いの町のように、
多くのモーテル、レストラン、他のサービスが急激にでき始めた。
その多くは今も存在し続けており、町に入るとすぐにthe Sunset Motel や、
いまだに営業している Whiting Brothers のガソリンスタンドがあり、
更に進むと、かつては古い Crossley Service Station だった the Boot Shoe Shop がある。
通りの向かいには今日まで運営を続けている the Lariat,Ponderosa Motel だけでなく、
長い事クローズしているが、古い Yucca、Cactus Motel が立っている。
1949 年にオープンした Mike Anaya’s Shop、いまだに El Comedor の隣で営業している。

Tijeras から Moriarty までの Route 66 は Highway 333 となっていて、
Salt Mission Trail Scenic Byway と共有している。
この道に沿っていくつかのオリジナルの建築物が残っているだけでなく、
古い道沿いの多くのモダンな家族経営のビジネスには Route 66 のスピリットも残っている。

1960 年代に Route 66 は I-40 になり、
1970 年代には 2 箇所のExit もでき、アクセスも良くなって、より大きな町へと発展している。




<<Salt Missions Scenic Byway>>
Tijeras から Moriarty までは Salt Missions Scenic Byway と重なる。
Salt Missions Scenic Byway に関してはこちら
関連 Website はこちら


<<Buford>>
大恐慌とダストボウルで大変な時代に、町の北部に新しい町 Buford が作られた。
町の名前は鉄道の東の土地を所有している住民の息子 H.Crossley から取られた。
そこは NM-6 ( 後の Route 66 ) と NM-41 の交差点にあり、
1937 年に Route 66 がそこを通ったので、開通した時繁栄した。

Rittenhouse は 1946 年のガイドブックで、
Buford について「 4 軒のカフェ、6 軒のガソリンスタンド、2 軒のモーテルがある」と書いている。
しかし 1953 年に Moriarty が法人化された時に、Moriarty 市に合併した。
灌漑は干ばつと Route 66 の交通の流れの問題を克服し、
1970 年代の I-40 開通で町は繁栄したが、鉄道は 1970 年代に廃線となった。


<<Moriarty の見どころ>>
Whiting Brothers in Moriarty
Sunset Motel、Cactus Motel、Ponderosa Motel、Sands Motel、Lariat Motel、Yucca Motor Court
Greene Evans Garage
Lewis Antique Auto & Toy Museum、Moriarty Historical Society & Museum、U.S. Southwest Soaring Museum
El Comedor de Anayas、High Vally Cafe、Frontier Bar
Crosley Standard Oil Gas Station、Moriarty Eclipse Windmill
Claar’s Hitchin Post



facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる