FC2ブログ

Western New Mexico Aviation Heritage Museum ; Grants New Mexico

<<Western New Mexico Aviation Heritage Museum>>
1116 N. Dale Carnutte Rd. Grants NM ( Grants に関してはこちら )
2012 年〜
Wikipedia はこちら
62 LA-A Grants Milan Airport の Website はこちら
New Mexico Air Museum の Website はこちら
関連 Website はこちら
facebook はこちら



the Grants-Milan 空港 ( KGNT ) にある Cibola County Historical Society が作った小さな航空歴史 Museum。
2012 年 6 月 9 日に、初期の航空便輸送の the Transcontinental Air Transport の飛行士達を讃えて作られた。
改修された 51 feet の照明塔と1929 年からの Mid-Continental Airway の発電小屋、
飛行の正しい方向を知らせるコンクリートの矢からなる施設で、
L.A. と Amarillo TX を結ぶ空路の灯台のような機能をしていた場所。


2016年11月撮影



2016年11月撮影

新しい航空会社 Transcontinental Air Transport ( TAT ) は、
1928 年に乗客サービスの強化と国内をまたぐ収益性の高い航空郵便の開設を申請。
このルートの技術アドバイサーに有名な Charles Lindbergh を起用。
彼は新空港とルートの標識灯の場所、パートナー鉄道の駅とスケジュールを考え、
最高の新ルートを選び、又安全と効率を考え、頑丈な FORD Tri-Motor を選んだ。

Lindburgh が確立した昼間の飛行と 2 鉄道 ( the Pennsylvania と Santa Fe 鉄道 ) の路線、鉄道の貨車とのコンビネーションで、
1929 年の 6 月に東西の海岸を結ぶルートが許可されて始まった。
これは夜行の特急鉄道と日中の航空便の連結で、国の東西を 48 時間で移動、
贅沢とスピードを結びつけた飛行機と列車の旅を提供するものだった。

この TAT の Midcontinental Airway は飛行機、ナビゲーション、飛行中の進んだ技術で、
85 年もの間、郵便、軍、商業的な利用がなされた。
1929 年の Mount Taylor での TAT Tri-Motor の衝突が、
US Forest Service による 2009 年の飛行考古学プロジェクトとなり、
それが飛行歴史博物館の設立のきっかけとなった。
この歴史的な TAT のルートが Western New Mexico Aviation Heritage Museum の焦点で、
Los Angeles-Amarillo Airway Beacon 62 ( 照明灯 )を再生。
この照明灯の明かりでの航空路、緊急時の場所、ラジオ局の天気は 1960 年代まで航空路を守り、
今だに TAT のために Lidbergh が開拓したルートに沿って多くが飛んでいる。


照明灯の説明板
2016年11月撮影



照明灯
2016年11月撮影



2016年11月撮影

2012 年に、標識灯と歴史の展示をした発電小屋と航路標識塔の第一段階がオープン。
土曜日にボランテイアがスタッフをし、ウオーキングツアーのための標識とパンフレットもある。
The CNT ターミナルビルの屋内は、小さな航路の歴史の展示のみならずトイレもある。

第二段階として見捨てられた 1953 年の CAA Flight Service Station の改修が進行中。
建物の多くは Museum として近代の航空の展示があり、
Grants-Milan Airpot ( GNT ) は Museum だけでなく、
7172 feet の滑走路、自家用ジェット、航空燃料、AWOS とシャトルカーのある小さいが親しみのある空港である。


2016年11月撮影


<<Grants-Milan Flight Service Station>>
1116 N. Dale Carnutte Rd. Grants NM
1953 年〜
関連 Website はこちら

America 横断空の旅の安全改善のために 1953 年に作られた New Mexico の歴史的な6箇所の一つ。
パイロットにこの空路のデーターと天候を 24 時間体制で提供。
かつては南西部を超える飛行機のガイド役の標識灯であった西部の典型的な空路システムで、
それぞれのルートに沿って発電式の煙火塔を設置、許された地形の 40〜50 mile 毎に緊急着陸地を設け、
2 つの補助飛行場、
そして Albuquerque から Arizona の端まで、西 New Mexico を横断する孤立した10本の標識灯の場所がある。
The National Register of Historic Places に指定されている。

しばらくは倉庫として利用されていたが、
2010 年から 2011 年にかけて、
市の Grants’ Airport Board の一員である Dick Cochran が歴史保存のために建物の実用的な使用を考え、
The Aviation Museum Project が 2012 年に始まり、
数年後の完成目指してボランテイアの方たちが協力して改修している
the National Register of Historic Places に指定。


歴史的な資料の展示
2016年11月撮影



使われた機材の展示
2016年11月撮影



Lindbergh に関するコーナー
2016年11月撮影








facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。
Website「愛しきRoute 66」
Route 66 facebook Page
Facebook group「愛しきRoute 66」

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

Songs of " Route 66 "
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる