FC2ブログ

Grants ; New Mexico

<<<Grants>>>
Website はこちら
Wikipedia はこちら
Grants の見どころに関してはこちら
関連 Website はこちら&こちら



Cibola County の郡庁所在地で、Trails of the Railroad Byway 上にあり、
New Mexico Scenic Byways に指定されている。
町のモットーは “City of Spirit” で、 “世界のウラニュームの首都“ として知られている。

歴史は古く、12 世紀頃、町の北の Chaco Canyon に、Native 達が素晴らしい古代 Pueblo 文化を築いていた所。
長いあいだ、忘れ去られていた町だったが、西部開拓の為の鉄道が敷かれることになり、
たくさんの鉄道関係者の入植から町が始まり、急速に発展し始めた。

最初の入植者は Antonio Chavez で、1860 年代に the San Jose River の南側に住んだ。
彼は川のそばに Cottonwood を植え、それが場所の名前となった。
1872 年鉄道関係の Don Jesus Blea もそこに住み、
場所の名前を “ Los Alamitos” ( Spain 語で「小さな柳」) と名付け、Ramon Baca とその家族も1873 年に続いた。

鉄道で始まり、その関係者からの名前が付けられた他の西部の町と違い、
町はカナダから来た 3 兄弟 - Angus、John,Lewis Grants - が、
地域を通る the Atlantic and Pacific Railroad と建設の契約をかわし、
その作業の為のベースキャンプとして 1880 年代に始まったので、
最初 “Grants Camp” と呼ばれ、それからベースキャンプを鉄道の駅、セクションハウス、石炭貯蔵庫、石炭積載シュート等と広げたので、”Grants Station” に、
そして 1882 年に郵便局が出来た時に町の名前は短縮されて正式に ”Grant” となり、
後に s が付けられ、Grants となった。


Courtesy of Kathy Weiser,Legends of America.
http://www.legendsofamerica.com/66-main.html

初期の林業はすぐに破綻し、そのあと鉄道関係が多かったが、
20 世紀になって再度材木の需要が伸び、雇用も拡大。
新しく敷かれた Zuni Mountain Railroad が古い狭いゲージの線路を引き継いで標準ゲージへと変え、
地元の伐採王 Breece から名前をとった Breecetown として知られる町の西に転車台 ( I-40 の Exit 81 近く ) も作り、
労働者達はこの小さな村に住んでいた。

鉄道は Zuni 山脈の奥深くまで伸びていき、鉄道での切り出しで町は繁栄。
又 the Atchison, Topeka and Santa Fe Railway の一部となった the Atlantic and Pacific の為の部分ポイントとして利用された。
長い間 Grants には製材所がなかったので、
丸太は Santa Fe Railroad で Albuquerque の大きな製材所へ運ばれて製材され、
西部の街に売られることで、林業は数十年間も生き残った。


2016年11月撮影

1930 年代に製材が不振になってきた後、Bluewater に貯水池が作られると、
火山土壌が理想の状態で、気候も良く、人参栽培が中心となって、
Grants-Milan は “合衆国の人参の中心地” と言われるようになった。
作物はパッキング工場にまとめられ、出荷されるが、人参は腐りやすく、特別な冷蔵列車もなかったが、
冷凍車に積み込まれ、東海岸の主要な市場へとその日のうちに輸送された。
鉄道は輸送のために必要な氷を供給する製氷工場を Grants も作り、
また長時間人参の新鮮さを保つことが出来るプラスチックバッグも考え出され、
Grants 周辺地区は素晴らしい発展を遂げた。

労働者達は 20 年以上もの間忙しかったが、
California の人参が市場を奪った 1960 年代に人参農家は潰れた。
その農場は Grants の西 12 mile ほどの所の低地で今でも見ることが出来る。

又 Route 66 の開通で、旅人たちが多く通るようになり、たくさんのビジネスも出来、
Route 66 は Santa Fe Ave. と名付けられた。
1939 年の AAA の Motor Courts と Cottages の名鑑には Grants の宿泊施設が載っていないが、
他のには 1920 年代に Yucca Hotel が営業していた事を載せている。
Rittenhouse の 1946 年のガイドブックには、
2 軒のホテル ( California Hotel と the Yucca Hotel ) と 5 軒のモーテルが載っている。
Grants の繁栄期はデイーゼル機関車の時代で、蒸気機関車の時代ほど多くの従業員を必要としなかったので、
Fred Harvey House はなかった。

地域で採掘された最初の天然資源は鉄鋼に使われる蛍石で、
1940 年頃に始まった鉱山は第二次世界大戦中も運営され、
1950 年代初期に外国の安い鉱物が輸入され始めると寂れて、鉱山の崩壊となり、町を不況に陥れたが、
Route 66 による地域の景色の美しさがベースの観光業が発展していった。

町が最も繁栄したのはウラニューム時代で、
1950 年に Navajo の羊飼い Paddy Martinez が Haystack Mesa の近くで黄色の石を見つけ、
それがウラニュームだとわかると、U.S. Atomic Energy Commission が採掘を始め、
鉱山の第二の波で町は急に経済発展し始め、“ Uranium City” と呼ばれるようになった。

この地域のウラニュームは世界最大の生産量だったので、一時は4つの地元の工場がウラン鉱石を加工。Grants Uranuim Industry は約6000人の雇用を生み出し、町の人口は1200人から35000人まで急激に増え、1983年の閉所まで、国内のウラニュームの約63 %を生産し続けるほどだった。

林業や農業、鉱山も寂れ、”Carrot Capital” や “Uranium Capital” と呼ばれた時代から、
今は “Lavaland” や ” Lava City” への観光業に変わり、
南の “El Malpais” ( bad lands ) のすばらしい景色の溶岩流を呼び物にしている。
ここは今 ”El Malpais National Monument” として保護されており、
その美しさは Route 66 を旅する人たちにとっても魅力となっている。

old Route 66 である Santa Fe Ave. には Laviat Lodge、
1937 年に出来た Grants Café、Sands Motel、Lavaland Motel、Lux Movie などの廃墟、
又Theater、Trail Drive-In Theater などが残っている。

最近、原子力への注目が又集まり始め、
地域のウラニューム鉱山の可能性が次第に増し、電力会社は未だに可能性のある鉱山の土地を所有し、試掘している。
鉄道の線路は Route 66 に沿って立つ Motel の屋根よりも高い所を走っている。

鉱山は以前「進入禁止」区域だったが、今は「侵入者は告訴、もしくは射殺」とある。
警告板の flickr 画像はこちら

Grants はそのロケーションから Airway Beacon ( 航空標識灯 ) が設置された所で、
その空港 ( KGNT ) の標識灯と建物は改修され、今は Museum になっている。




<<Northwest New Mexico Visitors Center (El Malpais National Monument Visitor Center )>>
1900 E. Santa Fe Ave. Grants NM
Website はこちら






from Google

3 つのビジターセンターが、公園西側の National Park Service の施設のある El Malpais 地区にある。
Grants の複合センターで、保護地区の Bureau of Land Management がある。




<<Grants の見どころ>>
New Mexico Mining Museum
Western New Mexico Aviation Heritage Museum、Grants-Milan Flight Service Station
Route 66 Vintage Museum & Double Six Gallery ( Cibola Arts Council)
Uranium Cafe
Wayside Motel
Theater in Grants ( West Theater、Lux Theater)
Motel in Grants
( Sands Motel、South West Motel、the San Franciscan Lodge、Los Alamitos Motel、Desert Sun Motel、Route 66 Motel )
Cafe & Diner in Grants ( First Street Cafe、Grants Cafe、El Cafecito、El Ranchero Cafe、Canton Cafe、Pat’s Lounge、Outlaw & Saloon & Dance、Roarin’ 20’s )
Route 66 Neon Drive Thru、Dinosaur Discovery Museum、Stockman’s Store、Handy Andy 7-11 Store、Charley’s Automotive Service、Riverwalk Park、St. Teresa’s Catholic Church、その他、Grants 郊外のMystery Bridge


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。
Website「愛しきRoute 66」
Route 66 facebook Page
Facebook group「愛しきRoute 66」

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

Songs of " Route 66 "
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる