FC2ブログ

Ella’s Frontier Trading Post ; Joseph City Arizona

<<Ella’s Frontier Trading Post>>
( Joseph City に関しては こちら )
関連 Website はこちら&こちら&こちら
facebook はこちら


from Google

Joseph City の西のはずれの Route 66 の廃墟群の一箇所で、
Route 66 沿いの古い Trading Post。
ここは Frederik “San Diego” Rawson が最後の仕事として建てた Trading Post だった。
彼は 1861 年に生まれ、子供の頃の数年間 Plains Indian の奴隷となっていたが、
America の騎兵隊によって開放された後、家族の元に戻り、
その後 Indian の偵察兵、毛皮商人、幌馬車騎手、サーカスの動物のトレーナー、司会者、哲学者、カウボーイ等の仕事をした。

彼は詩人としても認められており、”Poet of the Rockies”、“Tales of the Range” 等で良く知られている。
彼は Route 66 開通後、Joseph City で、
初期の西部の家庭用品や家具、道具などのコレクションを展示する Museum をオープンしたが、
さほど人気も出ず、コレクションを売って Museum を閉所した後、
町の西側に小さな丸太小屋に移り、 “Frontier Days Trading Post” を立ち上げた。
一時は宝石や毛布を作る Navajo Indian が住んでいた事もあったが、
1947 年に Don Lorenzo Hubbell ( Hubbell Trading Post の ) が買い、それを 1951 年に Ray Meany に売った。

Ray ( 1906 年 〜 1987 年 ) は船乗りで、後にハワイアンの歌の作曲をし、
400 曲以上の著作権を持つ the Golden Gate Publishers を経営し、
Oakland California にスチールギター教室を所有していたが、
Leupp Corner (1944年〜1951年) の “Hopi House” のオーナーだった。


2016年11月撮影



2016年11月撮影



2016年11月撮影



2016年11月撮影



2016年11月撮影



2016年11月撮影

1955 年に妻の Ella Blackwell (1906 年 〜 1984 年 ) と離婚した時に、Trading Post を Ella に譲った後、
Ray は Miami、Sasabe、San Diego、Twentynine、Palms、Tucson にホテルを持った。
Ella は “ Ella’s Frontier” と名前を変え、1984 年に亡くなるまで運営した。
Ella はジュリアード音楽院で音楽を学び、Trading Postに はピアノがあり、
時々旅人達にピアノを弾いて聴かせていた。
彼女は Trading Post が Mormon の人々によって作られた、と信じていて、
それ故 “ Route 66 沿いで最古の Trading Post “ と宣伝していた。
彼女のショップには長年かかって集めた物がたくさんあったが、
その後廃墟となり、建物は少し筒朽ち果てている。




ショップが閉店した後の 1980 年代の短い映像。



facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。
Website「愛しきRoute 66」
Route 66 facebook Page
Facebook group「愛しきRoute 66」

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

Songs of " Route 66 "
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる