FC2ブログ

Leupp Corner ; Arizona

<<<Leupp Corner>>>
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら


from Google

Leupp ( Loop と発音 ) Corner は Arizona Highway 99 と U.S.Route 66 の十字路の名前。
The Atlantic & Pacific Railroad ( 後の Atchison Topeka and Santa Fe Railroad ( AT & SF ) ) は、
1882 年に Arizona のここを通る線路を敷き、
Moqui と Dennison の駅が Leupp Corner の 3 mile 東と西に出来た。
Navajo と Hopi の保留地が Leupp Corner の真北にあり、Leupp の町が1 907 年 Navajo 保留地に出来た。

十字路は Leupp と Winslow を繋ぐ線路沿いの静かな場所だったが、
1926 年に Route 66 が開通し、旅人達の安定した流れをもたらすと、
The Hopi House Trading Post が 1940 年代に旅人達のニーズに答える為に作られた。
ここは Leupp の町への分岐点で、日系アメリカ人の第二次世界大戦抑留キャンプの残骸があった。


<<Hopi House Trading Post>>
画像はこちら

Leupp Corner に Ray Meany が 1941 年に建てた Trading Post。
建物は平屋でクラシックな Pueblo-Revival 様式で、
屋根は壁から突き出した柱で支えられている Native の Pueblo の建物では一般的な建物だった。

オーナーの Ray Meany ( 1906 年 〜 1987 年 ) は以前船乗りで、
後にハワイアン音楽、Aloha song の作曲家となり、400 曲以上の著作権を持ち、
the Golden Gate Publishers を運営し、Oakland CA でスチール・ギター教室を開いていた。
Hopi House Trading Post を 1955 年まで経営し、
Joseph City の Hubbell から “ Old Frontier “ の建物を購入し、
骨董品、石、Navajo のバスケット、陶器、純正の Indian Jelwery やラグを扱うだけでなく、
モーテル、トレイラーパーク、Texaco ガソリンスタンド、カフェもやっていて、ビールやワインも飲めた。
Rittenhouse は 1946 年のガイドブックで、
「 地域でたったひとつの建物で、かなりの在庫を持っていて、
いくつかの Navajoのhogan ( 典型的な Native の家 ) が近くにあり、
” Winslow から 10 分の Navajo と Hopi の保留地のメインエントランス “ にある」 と書いていた。

1955 年に妻の Ella Blackwell と離婚すると、
Joseph City の the Frontier Trading Post を Ray が所有していたが、
離婚の同意の一部として、Ella がそれを受け継ぎ、
彼女が Joseph City の Ella’s Last Frontier Trading Post のオーナーとなった。
Ray は Hopi House Trading Post の運営を続けたが、
後に Armand Ortega に売り、その収入で California にモーテルを買った。
Trading Post は 1970 年代末に I-40 でバイパス化されるまで運営していたが、クローズし、
今はその土台の残骸が藪の中に点在しているだけ。


<<Leupp>>
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら


from Google

Leupp Corner から AZ-99 で北へ 18.8 mile 行った小さな町で、
Navajo Nation Reservation の中にある。
町は the Bureau of Indian Affairs ( B.I.A. インディアン事務局 ) が、
約 500 人の Navajo の子供たちの為に寄宿学校をオープンした 1907 年頃
the Little Colorado River に合流する the San Francisco Wash の近くに出来た町。

Leupp と言う名前は、
当時 ( 1905 年 〜 1908 年 ) Indian Affairs の the U.S. Commissioner だった Francis E. Leup から取られた。
町は今 “ Old Leupp “ として知られており、
Old Town には 1920 年代に赤い砂岩で建てられた学校、行政棟、長老教会、数軒の住居、給水塔、風車 ( これらの 2 つは今だ存在 ) があった。
後に洪水から穀物を守るために the Civilian Conservation Corps ( 民間保全団体 ) が作った堤防もある。
学校は時に氾濫する場所にあったので、1942 年の初めに閉校となった。
New Town は約 2 mile 北西の the little Colorado River の西の堤の上にあり、
町には今も B.I.A. 寄宿学校 Leupp Schools,Inc がある。


<<Leupp Isolation Center ( 隔離センター )>>
関連 Website はこちら&こちら

第二次世界大戦中の日系アメリカ人の抑留キャンプで、America 政府は第二次世界大戦中、
廃墟となった Bureau of Indian Affairs の寄宿学校を、日系アメリカ人抑留のために利用した。
Utah 州の The Moab “ Isolation Center “ や Manzanar キャンプからの受刑者も来て、
これらの人々は America への違反者もしくは不道徳な市民だと思われていた ( 彼らの祖先は日本人故 )。
1943 年中に 41 人が Leupp へと移動させられ、
戦時中 80 名の日系 America 人が Tule Lake 他のキャンプへと移動させられるまで施設に入れられていた。
ここは合衆国内務省に戻る 1944 年まで開いていたが、受刑者はいないままだった。


<<Moqui>>
Wikipedia はこちら


from Google

Moqui もしくは Moki は Hopi の人々に与えられた名前で、
彼らの言葉で “ 死 “ を意味するが、
おそらく隣 のthe Keresan 語を話す Pueblo の人達から適用されたのかもしれない。
この名前は 1583 年に “ Mohace “ と “ Mohoce “ として Espejo により、
また “ Mohoqui “ として 159 年に Onate により記録されていた。
Winslow から 8 mile の Moqui は地図上に町として記載されているが、
実際には幾つかの黄色の板の小屋が鉄道の側にあるだけだった。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。
Website「愛しきRoute 66」
Route 66 facebook Page
Facebook group「愛しきRoute 66」

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

Songs of " Route 66 "
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる