FC2ブログ

Russian Village District ; Claremont California

<<Russian Village District>>
290--370 S. Mills Ave. and 480 Cucamonga Ave., Claremont, CA ( Claremont に関してはこちら )
Wikipedia はこちら
写真集はこちら
関連 Website はこちら&こちら&こちら
facebook はこちら



15 軒の建築様式の家からなる地区で、
ポーランドからの移民 Konstanty ( Steve ) Stys と他が大恐慌のさなかに作った。
South Miles Ave. と East Cucamonga Ave. の交差点にあり、
住所は Claremont だけれど、地区の大部分は San Barnardino の Montclair に属している。
1978 年に the National Register of Historic Places に指定。

Konstanty Stys ( 1894 年 〜 1961 年 ) はポーランドに生まれ、
アメリカに移民し、Ohio の Youngstown に住み、
彼は鉄鋼労働者となり、結婚し、家族も出来た。
1921 年に California へやってきて、Pomona に住み、
それから Claremont に移り、建設の仕事を見つけた。

彼は Miles Ave. の東側の土地を買い、家を建て始めた。
この地区に家を建てた Stys と他の人達は家の設計や建築の正式な訓練を受けておらず、
たった 1 軒のみプロの建築家による設計だった。

家々は列車や 1933 年の Long Beach 地震の瓦礫から取ってきた物、
廃墟からの物を含むリサイクルや捨てられた物、
Claremont の周りの沖積平原からの石等で作られていた。
Stys の友達の多くは大恐慌の間は仕事が無く、家を失ったものもいた。
Stys は土地の一部を低価格で売り、
支払いが無くても尋ねることは無かったし、
捨てられた物やリサイクルの材料で作られた安普請の家を作るのを手伝った。

地元の住民は Stys がロシアから来た、と思い、
これらの家を “ Russian Village “ と呼んだ。
Russian Village の一部が、Stys が設計し建てた元々の Orchard House は、
今はステーキハウス Cask’n Cleaver となっている。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる