Queen Anne Cottage and Coach Barn ; Arcadia California

<<Queen Anne Cottage and Coach Barn>>
301 N. Baldwin Ave., Arcadia, CA
1885 年〜
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら&こちら
facebook はこちら



Arcadia の植物園と樹木園の中にあり、
Queen Anne 様式の良い例で、映画やテレビの撮影にもよく使われる。

Elias Jackson ( “ Lucky “ ) Baldwin’s Queen Anne Cottage は、
Lucky Baldwin が 、4 度目の妻で16 歳年下の Lillie Bennett への結婚プレゼントとして 1885 〜 1886 年に建てたもので、
設計したのは Lillie の父親の建築家 Albert A. Bennett だった。
1884 年 5 月に二人は結婚したが、1885 年に離婚、
家は 1881 年になくなった 3 番目の妻 Mrs. Baldwin, Jennie Dexter への記念となるように、
Jennie のステンドグラスが正面のドアに、
実物大の油絵がコテージに飾られる改修がなされ、それは今もある。

ここは the Santa Anita Ranch のゲストハウスとされ、
San Franciscoのthe Baldwin Theater のスター達、Baldwin の友達、親戚、仕事仲間達は、
Baldwin が 1909 年に亡くなるまで Ranch のパーテイによく参加していた。

Baldwin の不動産は、娘 Anita ( 1876 年に生まれた Jennie Dexter との子 ) が相続したが、
彼女はコテージを閉じ、全ての家具を処分した。
が幸いな事に Anita はステンドグラスの窓、黒胡桃のドア、大理石の暖炉とタイル、モザイクの入り口の床等の取り外しできる部分は外して Coarch Barn に保存していたので、
これら全てを使って、建設当時と同じように 1951 〜 1953 年に改修。
今もその状態が保たれており、
The National Register of Historic Places と California Historical Landmark に指定されている。
画像はこちら







<<Coach Barn>>
107 Baldwin Ave, Arcadia, CA
1875 年〜



設計は the Queen Anne Cottage と同じ 建築家 Albert A. Bennett で、ヴィクトリア調の凝った建築デザインで、
Lucky Baldwin はこの納屋にお客と自分の馬車を収納、
2 階のロフトに干し草と粉砕した穀物の餌を置き、
広いスペースは馬車の馬用で、干し草と粉砕した穀物は上のロフトから直接与えられ、
ロフトの上の塔には御者の部屋があった。
Baldwin が 1876 年に the Philadelphia Centennial Exposition で買ったおしゃれな “ Tally Ho “ の馬車は、
今拡張された西の部屋に展示されている。
近くの洗い場は、走行後の汚れた馬車を洗うために使われ、
南側の棚にある農家と鍛冶屋の道具は、
E.J. Baldwin の 46000 エーカーのRanchの母屋だった 1800 年代末に利用された物である。
かつて屋外にあったヴィクトリア調の犬小屋は、
Lucky Baldwin の牧場を守る犬 bull mastiffs のシェルターだった。
the National Register of Historic Places に指定されている。


<<Santa Anita Depot>>
131-, 159 Baldwin Ave, Arcadia, CA
ツアーに関してはこちら



Baldwin Ranch と近くの Sierra Madre 住宅地の為の地元の駅で、
1890 年に the Atchison, Topeka and Santa Fe Railroad が建てた。
1970 年に本来の場所から、樹木園の北約 1/4 mile へ動かされた廃墟の列車の駅で、
近くの E.J. “ Lucky “ Baldwin の庭から移した 10 万個の煉瓦が使われ、
$ 5000 相当の建設費をかけて、建設当時とほとんど同じように再建された。
本来の煉瓦、ドア、縁、美しい駅のバルコニーなどが駅から移され、
Santa Fe の標準ゲージの線路が the Monrovia Model Railroad Club のメンバーにより駅の正面に敷かれた。
今の the Santa Anita Depot は、かつての全盛期の雰囲気を出すために、
当時の家庭用品や鉄道の道具などが展示されている。
火曜水曜の 10;00 〜 16;00 にツアーが行われているし、
毎週日曜日の 13;00 〜 16;00 にはボランテイアの都合で可能。
お向かいには Hugo Reid Adobe がある。
You tube はこちら


<<Hugo Reid Adobe>>
スコットランドの冒険家で、メキシコ市民に帰化した Don Perfecto Hugo Reid ( 1810 年 〜 1852 年 ) が、
13319エ ーカーの Rancho Santa Anitaの 最初の個人のオーナーだった。
Gabrielino の労働者の助けを借りて 1840 年に建てられた建物で、
粘土、水、藁束を混ぜて天日干しで作られていて、
屋根は Carrizo 茎の生皮 ( Arundo Donax ) を繋いだ。
保護の為に屋根はタールでシミとなっており、壁は白く洗われた。
今日のHugo Reid Adobe は本来の方法と材料を使って再建されたもので、
Califo rnia Historical Landmark に指定されている。


<<Kiys>>
Baldwin Lake を作っている湧き出る泉が魅力で、ネイテイブ Gabrielino/Tongva インディアン達は樹木園に今なっている土地の最も早い住民だった。
The Gabrielino/Tongva 達が寝ていた杭で作られた草のシェルター。

Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる