Pasadena のその他の Museum ; Pasadena California

その他の Pasadena の Museum
Pasadena に関してはこちら

<<Pasadena Museum of California Art ( PMCA ) >>
490 E Union St, Pasadena, CA
Website はこちら
Wikipedia はこちら
関 連 Website はこちら
Facebook はこちら



California を発端とするアートやデザインの Museum。
創立者は長年 Pasadena に住むアート収集家 Robert & Arlene Oltman で、
2000 年に工事が始まり、2002 年に公式オープンした。
永久的なコレクションを収蔵していない代わりに展示を変えている。

有名な展示物では Maynard Dixon を含む the Brigham Young University and Private Collections からの傑作、
Wayne Thiebaud、Mark Ryden の Mid-Career の回顧展。
情報時代の科学とアート、Jet Propulsion Laboratory ( ジェット推進研究室 ) との組織化等。
The California Design Biennial を主催もしている。







<<Norton Simon Museum>>
411 W Colorado Blvd, Pasadena, CA
1969 年〜
Website は,a href= http://www.nortonsimon.org/>こちら
Wikipedia はこちら
Facebook はこちら



1953 年に収集家 Galka Scheyer から約 400 点のドイツの表現主義者の作品を受け取った後、
1954 年に the Pasadena Art Institute から Pasadena Art Museum へと名前を変え、
1970 年まで “ The Grace Nicholson Treasure House of Oriental Art “ ビル ( 今の the Pacific Asia Museum ) にあった。
当時 California の San Francisco と La Jolla 間でたった 1 箇所の近代アートの Museum だったので、
収蔵品はほとんど無かったが、
Helen Lundeberg、John McLaughlin、Sam Francis のような地元の同時期のアーテイストの作品を、
展示、サポートして知られるようになった。

60 年代に色々な企画展をやったキュレーター Walter Hopps がやってきて、
新しい Museum ビルの為のリストを作成。
新 Pasadena Art Museum は地元の建築家 Thorton Ladd と John Kelsey が設計し、
独特の 115000 のガラスタイルで覆われたモダンな外観の Museum が完成したが、
Hopps はオープン前に辞職した。

1970 年代の始め、Museum は深刻な財政的状態だったが、。
アート収集家の一人で実業家の Norton Simon が、4000 以上ものコレクションの永久的な保管場所として、
ギャラリーのスペース 75 % 利用と引き換えに、
赤字分、ビルのローンの残、金融債務を引き継いだ。
残りの 25 % のスペースは the Pasadena Museum の同時期のコレクションの展示に利用される事に
1974 年 Museum と Simon は同意。
Simon はコレクションと Museum プロジェクトの責任者となり、
名前も “ Norton Simon Museum “ に変わった。
展示物は、チベット、ネパール、カンボジア等の南アジアの絵画、彫刻、タペストリー他、
19 世紀印象はを中心とする西欧絵画が中心。

Simon が 1993 年に亡くなり、未亡人で議会長だった女優 Jennifer Jones が Museum とそのコレクションを再配置。
1995 年長い間 Museum の管財人だった建築家 Frank Gehry が大改修をやり、
特に改修の最終段階で作られた新 Norton Simon Theater は、
Gensler&Associates が設計し、レクチャー、映画、ダンスパフォーマンス、コンサートの為に使われている。







<<the Pasadena Museum of History ( PMH ) >>
470 West Walnut Street Pasadena, CA
1924 年〜
Website はこちら



個人、財団、株式会社、ビジネス、そしてメンバーからの素晴らしい寄贈でサポートされたコミュニテイがベースの非営利機関。
1924 年に Pasadena Historical Society が創設され、
その本来の使命は、収集、保存、書類化された市の初期の歴史資料の展示で、
今日もそれは変わらず守られている。

Museum のコレクションは、1932 年に特別に設計された部屋で展示された。
1958 年にはそのスペースも手狭になったので、
ボランテイアスタッフが the Pasadena Public Library へと移した。

1970 年以来 Paloheimo 家からの多大な寄贈により、
建物は Pasadena Cultural Landmark と the National Register of Historic Places に指定されている。

2 エーカーの土地に立つ歴史ある Fenyes Mansion は、
1907 年に建てられ、ほとんどがオリジナルの家具と Fenyes 家所有の物で、
アーテイストのパトロンで、彼女自身アーティストだった Eva Scott Fenyes は、
建物を建てる為に Robert Farquhar を任命。
Museum の歴史ある建物は、1915 年に Sylvanus Marton が設計した優雅なフレンチ風の the Curtin House と、
Frederick Roahrig が設計したサウナとゲストハウス、
Consul Paloheimo が改修した the Finnish Folk Art Museum 等がある。

1993 年 に建設された Research Library があり、
広範囲なコレクションの為のアーカイブの倉庫をコントロールする the Museum ‘s History Center の第一段階が完成。
第二段階で、History Center Galleries、Giddings Coference Room、Museum Store、Administrative Offices が 2000 年に完成。






Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ






    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる