some the National Register of Historic Places ; Santa Monica California

Santa Monica の the National Register of Historic Places に指定されている建物。
<<Charmont Apartments>>
330 California Ave. Santa Monica L.A. ( Santa Monica に関してはこちら
Wikipedia はこちら



1928 年に建てられた歴史あるアパート。 
建築家 Max Maltzman の設計で、
the Mission Revival-Spanish Colonial Revival とアール・デコの要素を兼ね備えていて、
当時としては贅沢な高層ビルだった。
この建築様式は1920 年代 人気で、 “ Med-Deco “ として知られる。
多色のタイルでデザインされたメインエントランスは、2段の噴水の壁のある庭にある。
建物は 1994 年の Northbridge の地震で壊れたが、
その後改修され、Santa Monica Historic Landmark、the National Register of Historic Places に指定されている。
画像はこちら


<<Hotel Casa del Mar>>
1910 Ocean Way Santa Monica CA ( Santa Monica に関してはこちら
1926 年〜
Wikipedia はこちら



海岸沿いのおしゃれなホテルで、the Edward Thomas Collection of Hotels ( ETC Hotels ) が所有運営。
the H & H Holding Company を展開していた E.A. “Jack” と T.D. “Til” の Harter 兄弟が、
建設費 $ 200 万ドルで建て、
1926 年に、個人のビーチクラブ “ Club Casa del Mar “ としてオープン。
設計は L.A. の建築家 Charles F. Plummer で、
Itarian Renaissance Revival Ethetic を反映し、
1926 年から 1941 年のホテルの全盛期に、
一流の人達や Hollywood のセレブ達に人気で、
南 California で最も成功したビーチクラブの 1 つとなっていた。

1941 年 the US Navy がビルを引き継ぎ、
第2次世界大戦中入隊した兵士達の為に使われていたが、
1960 年までに閉所。
1967 年 Charles E. Dederich が、
ドラッグのリハビリを行う the Synanon Froundation として、再オープン。
1978 年 Nathan Pritikin が、
栄養と健康のケア施設 the Prikikin Longevity Center に変えたが、1997 年に閉所。

隣接した Shutters on the Beach Hotel のオーナー the Edward Thomas Hospitality Corporation が、
1997 年 11 月に買い、改修に $ 5000 万をかけ、おしゃれなホテルに改装した。
建築設計の HLM International and Thomson Design Associates は 7 階建てのインテリア、エクステリアの保存をし、元々の 1920 年代のユーロピアンスタイルのホテルを蘇らせ、
1999 年 10 月に Hotel Casa del Mar としてオープンさせた。
2008 年 2 月、デザイナー Darrel Schmitt が 129 部屋全てのインテリア、設備、調度品などを全面的に変え、
100 万ドルの部屋を完成させた。
2014 年デザイナー Michael S. Smith が、海辺をテーマに再度デザイン。
地元のストリートアーテイスト Jules Muck の絵 “ Absintle and The Elephants “ がロビーを飾る。
ホテルは The Leading Hotels of the World のメンバーで、
the National Register of Historic Places に指定されている。




<<Horatio West Court>>
140 Hollister Ave. Santa Monica CA ( Santa Monica に関してはこちら
1919 年〜
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら&こちら
facebook はこちら



20 世紀初期を代表する建築家の一人 Irving Gill の傑作で、
初期の最もモダンな建物で、国際的スタイルのパイオニアともいうべき建築。

歩行者と車両のアクセスを分離した家の初期の例。
6 軒の小さな建物が 60 foot の土地に建てられていて、
2 つのガレージがアパートの上にあり、狭い土地を分けている。
アーチとなっている入り口の道と小さなパテイオは Mission Revival 様式。

The Horatio West Court と Gill の家は、
1930 年に出版された写真家 Richard Neutra の本 ” Amerika ; Neues Bauen in der Welt” に載っている。
Leland Roth の ” American Architecture ; A History, the Horatio West Court “ では、
“ Gill’s flat-roof crisply-rectilinear apartment complex ( Gill の平らな屋根良ー直線的な複合アパート ) “ として記載されている。
John A. Vlahides と Tullan Spitz は ” Coastal California “ の中で、
“ Irving Gill の革命的なモダニズムの最高の例の1つ “ と書いている。

“ 真線、アーチ、正方形と円 “ が建築学的な強さと美しさの源である、という Gill の格言を確認出来る家で、
不必要なメインテナンスや労働を減らす為に屋内外をデザイン。
これは国際的な興味を引き、ヨーロッパのアバンギャルド建築へ Richard Neutra が紹介したが、
不幸な事に、Gill が 1936 年に亡くなった後、
数十年間は彼の先駆者的な作品は見過ごされ、その多くは壊され、
Horatio West Court 自体 1960 年代までかなり荒廃した状態だったが、
Gill の崇拝者グループが 1970 年代に、現在の元々の状態へと改修した。

Irving Gill の評判は最近の数十年で回復し、
今は 20 世紀の建築家の中で独創性に飛んでいるとして認められており、
Horatio West Court は 1977 年に Santa Monica 市で最初の the National Register of Historic Places に指定された。
Flickr 画像はこちら&こちら&こちら
設計図の flickr 画像はこちら

<<Parkhurst Building>>
185 Pier Ave. Santa Monica CA ( Santa Monica に関してはこちら
1927 年〜
関連 Website はこちら&こちら



南 California で 1920 年代に人気だった Spanish Colonial Revival 様式で、
今も建設状態とほとんど変わらず、この様式の傑出した例として残っている。

建物の名前はオーナーである Clinton Gordon Parkhurt から取られた。
彼は Santa Monica では有名な不動産業者で、隣の Veniceの 市民活動で活躍、
1925 年に Venice が Los Angeles から独立する際の副市長を務めた人。

有名な建築会社 Marsh, Smith & Powell が建設し、
設計は Venice 市をデザインし、アメリカ西部でリーダー的建築家 Norman F. Marsh。

1 階の店頭や他の顕著な特徴は、
空想的なキューポラと頂部装飾。
昔の Hollywood 映画に出てきたような感覚で、楽しく感じる。
画像はこちらthe Land Mark、 National Register of Historic Places に指定

<<Sovereign Hotel>>
205 Washington Ave. Santa Monica L.A. ( Santa Monicaに関してはこちら
1928 年〜
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら



5 階建て、130 室のアパートビル。
建築家 Kurt Meyer-Radon が設計、Anglo American Company が、
Mission Revival-Spanish Colonial Revival 様式で建てた。最初は 1 ベッドルームのアパートだったが、
1930 年代、the Sovereign はダイニングルームを含む小さなウイングを増築、
伝統的な型式のホテルとなった。
通りの表示は ” Sovereign Hotel “ で、この時代からのビルを認識しているサインがある。
David Gebhard and Robert Winter が “ In Los Angeles ; An Architectural Guide “ の本の中で、
Spanish Colonial Revival 型式とデイテイルを重視した建築、と記載。
Santa Monica Historic Landmark、そして 1997 年に the National Register of Historic Places に指定された。
Flickr 画像はこちら&こちら

<<Henry Weaver House>>
142 Adelaide Dr. Santa Monica CA ( Santa Monica に関してはこちら
1910 年〜
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら



Santa Monica にある California の Bungalow で、
1910 年に中西部のホテルの開発業者 Milwaukee Building Company が Henry Weaver の為に建てた家。
家の広い屋根が張り出し、素晴らしい正面玄関に自然色と材料が強調されている。
the American Craftman California Bungalow Style のユニークな形をしていて、

家の改修工事は 1985 年に始まり、1989 年に the National Register of Historic Places に指定された。
画像は こちら

Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ



    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる