Chicago Theater ; Chicago Illinois

<<The Chicago Theater>>
175 N State St. Chicago IL ( Chicago に関してはこちら )
1921 年〜
Website はこちら
Wikipedia はこちら



Chicago のランドマークで、ダウンタウンにある伝説的な劇場。
元々は “ the Balaban and Katz Chicago “ として知られており、
1921 年に、the Balaban and Katz ( B & K ) シアターチェーンの創立者 Sam & Morris Katz が、
市内の 28、アメリカ中西部の他の 100 以上の劇場の旗艦店として建て、
A.J.Balaban とその弟 Barney Balaban とパートナーの Sam Katz が運営。
他の B & K シアター 同様、1925 年から 1945 年にかけては超一流の映画館だった。

B & K は the Paramount Publix チェーンと提携して運営していた。
Chicago の他の B & K の多くの建物を設計した Comelius W. Rapp and George L. Rapp が設計し、
最終的な建設費 $ 400 万ドル ( 2016 年に換算して $ 5300.10 万ドル ) は、
当時としては “ 最大のコストで、最高に豪華な映画館 ” で、
その時代に建てられ、Neo-Baroque French-Revival 様式建てられた国内最初の建物、
そして今残っている最古の素晴らしい映画館。

建設当時のオーデイトリュームには、
Chicago のアーテイストLouis Grell ( 1887 年 〜 1960 年 ) の 14 のフランスをテーマにした大壁画があり、
3880 席は ” Wonder Theater of the World " としてプロモート。
初演の Norma Talmage 主演の ”The Sign on the Door” はアメリカでの初演映画で、
そのオープニングウイークの間、満席だった。
50 人のオーケストラの演奏他、
26 位にランクされている Wurlitzer Theater Organ の奏者 Jesse Crawford の演奏でも有名になった。
豪華な装飾と一流のサービス ( 初の空調設備他 ) でも人気となり、
最初の40年間、ChicagoTheaterは初演の映画とエンターテインメントを続け、
その後はその時代のトップパフォーマーやスターの多くのライブをやった。

Chicago の 1933 年 World‘s Fair の為の準備中に再装飾を行ったりしたが、
1950 年代、近代化から、
1970 年代の経済的社会的な変化で、theater ビジネスの存続が難しくなってき、
建物は 1979 年に the National Register of Historic Places に、1983 年に Chicago Landmark に登録されたが、
1984 年 the Chicago Theater Preservation Group が、
the Theater と隣接した Page Brothers Building を買い、
映画館として維持しようとしたが、出来ずに 1985 年に施設を閉じた。

が the Chicago Theater Preservation Group が 1986 年に改修を始め、
1930 年代の状態の 3600 席の劇場に改修した。
1986 年 9 月 10 日に Landmarks Preservation Council of Illinois の尽力により、
オープニングを、Frank Sinatra のステージで再オープン。
彼は 1950 年代にここでステージを踏んでいたので、これは象徴的な舞台となった。

Chicago & National Register のランドマークである隣接の Page Building は、
劇場をサポートするためにオフィスのスペースを提供した。
劇場は the North Loop/Theater District の再開発計画の重要な部分であり、
2004 年 4 月 1 日 Theater Dream Chicago, LLC が $ 300 万で建物を買い、
New York の Madison Square Garden Entertainment が 2007 年に劇場を買い、
ステージ劇、マジックショー、コメデイ、スピーチ人気の音楽コンサートの為のパフォーミングアート会場として、
the Chicago Theater が運営している。
今も残る元々のマーキーは良く映画、テレビ、芸術作品、写真に使われる。

2008 年以前、劇場は、近くの Harris Theater に the Chicago International Film Festival が移るまで、
恒例のオープニング上映を開催していた。

Richard M. Daley 市長は 2005 年 7 月 12 日、” Roger Ebert ( 映画評論家 ) Day in Chicago “ を宣言し、
彼の名誉を讃えて、マーキーの下に記念碑を作った。
劇場は元々のオーナーの孫 David Balaban の本 “ The Chicago Movie Palaces of Balaben and Katz ” に書かれている。
2011 年垂直の CHICAGO のネオンサインに、スポンサー Chase Bank のロゴが加えられた。

1930 年の Chicago Theater の画像はこちら
flickr 画像はこちら
屋内の階段の画像はこちら
屋内の画像はこちら



Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる