Grant Park ; Chicago Illinois

<<Grant Park>>
337 E. Randolph St. Chicago IL ( Chicago に関してはこちら )
Wikipedia はこちら
関連 Website は こちら&こちら&こちら



“ Chicago’s Front Yard ” ( Chicago の前庭 )、とも呼ばれる 1.29 平方 km の巨大な公園で、
Millennium Park、Buckinham Fountain、the Art Institute of Chicago、the Museum Campus 等からなり、
恒例の催し物がたくさん行われる。
又有名な彫刻家 Arish Kapoor の巨大なステンレスの彫刻 ” The Bean “ “ Cloud Gate ” がある。

元々の都市計画では Michigan Ave. の東地区には “ 永久に公共の地として何も建てない。“ 事になっていて、
市は公式に 1844 年 4 月 29 日にそこを公園に指定し、Lake Park と名付けた。

Illinois Central Railroad が 1852 年に Chicago まで開通した時に、
公園内の建物を禁止する法があったが、無視され、
湖岸に沿って線路を敷く事を許可し、
又郵便局、博覧会のセンター、武器庫、野球クラブ Chicago Club の初期の野球場さえ作られた。
その結果 潟はよどみ、1871 年の Chicago の大火の大量の瓦礫が公園を埋めつくしたので、
1896 年、市は鉄道の線路を超えて埋め立てて、公園を広げ、
1901 年、公園は南北戦争の将軍で、米国の大統領だった Ulysses S.Grant を讃え、”Grant Park” と名づけられた。

公園の中心に 1892 年に the Art Institute Chicago が建てられ、
20 世紀の始め、Grant Park は更に埋立地を広げ、
1920 年代、1920 年代の更なる埋め立てで、
the Adler Planetarium、Field Museum of Natural History、Shedd Aquarium などが作られ、
2004 年に、Grant Park の北側部分は、Millennium Park として再開発された。






<<Backingham Fountain>>
フランスのベルサイユ宮殿の Latona の噴水を模して、倍の大きさで作られた噴水。


Courtesy of David Taylor
http://urbex.50megs.com//Places/USA/Route%2066/Route%2066.html


<<The Art Institute ( Chicago 美術館 )>>
111 S. Michigan Ave. Chicago IL
Website はこちら
Wikipedia はこちら
Facebook はこちら



ニューヨークのメトロポリタン美術館、ボストン市にあるボストン美術館とともにアメリカの三大美術館の 1 つに数えられ、
フランスの影響を受けた素晴らしいコレクションを所蔵している世界有数の Museum の 1 つ。
Route 66 の展示もあり、ユニークな視点からの Mother Road を学べる。

1866 年に 35 人のアーテイストグループが、
ギャラリーを持つフリースクールを目的とした Dearborn St. に the Chicago Academy of Design を作ったのが前身。
組織はヨーロッパの the Royal Academy のような芸術学校を目指し、
1868 年に授業を開始、月に $ 10 の費用で、毎日参加出来た。

学校は 66 West Adams St. に 5 階建ての石の建物を建て、1870 年に移転したが、
1871 年の Chicago の大火で消失。
廃墟を借りて、授業を続けたが、
資金繰りが上手く行かず、1879 年に破産。
新しい the Chicago Academy of Fine Arts の建物をオークションで買い、
1882 年に the Art Institute of Chicago と改称し、新しく設立した。

その後増え続けるコレクションの為に周辺地区の土地を買い足し、
本館が 1893 年の Chicago 万博の際に建てられ、
その後も次々と増築が行われた。
安藤忠雄氏の設計で日本ギャラリー、
2006 年には " The Modern Wing "、
2009 年には Rezo Piano 設計の新館もオープン。
今ではアメリカ国内第二位の大きさを誇る美術館となっている。
2014 年には、Travel review のサイトのレビュー、Tripadvisor 等の多くの旅人たちの調査で、
世界最高の Museum だと言っている。

コレクションは世界中から幅広く収集されており、個人コレクターからの寄贈も多く、
東洋美術のこレクションも欧米では有数の物であるし、地下展示場にはインテリアのミニチュアを集めたコーナーもある。




Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる