The Hawthorne Works ; Cicero Illinois

<<The Hawthorne Works>>
( Cicero に関してはこちら )
Wikipedia はこちら
Facebook はこちら



the Hawthorne Works は the Bell System の生産部門であった the Western Electric Company の複合工場で、
Chicago と Cicero 間をまたぐ 200 エーカーの土地に、巨大な複合生産施設を運営していた。
名前は小さな町 Hawthorne から取られ、1905 年に始業し、1983 年まで稼働。
The Hawthorne Works は “ アメリカの電気の中心地 ” で、
その労働者達は国の電話のインフラ部品 ; 電話、ワイヤー、ケーブル、スイッチ板、マイクロフォン、公共住所システム、映画の音響装置と14000 の他の構成要素を作っていた。

施設はいくつかの建物と、近くの貨物輸送の為の Burlington Northern Railroad とを結ぶ出荷の為の専用鉄道があり、
最初の 10 年間、複合工場は電話部品の大量生産で目覚ましい拡大をしていた。
それに加え、Western Electric は色々な消費者製品や冷蔵庫や扇風機のような電化製品の部品をも作り、
生産のピーク時には 45000 人の従業員がいて、
労働者達は定期的に工場の中の移動に自転車を使う程だった。

The Hawthorne Works は 1983 年まで稼働したが、
AT&T の子会社の売却や the Bell System の分裂の結果、閉所。
1980 年代なかばに、後の Donald L.Shoemaker が土地を買い、ショッピングセンターに変えたが、
元々あった塔の 1 つが 22 nd St. と Cicero Ave. の角に残っている。

合衆国の産業製造業で目覚ましい成長をした the Hawthrone Works は、
よく知られた産業の勉強の場でもあり、The Hawthorne effect と呼ばれていた。
the Hawthorne Works が北アメリカで果たした役割は大きく、
Walter Shewhart や Edward Deming 等の専門のキャリア経歴は、the Hawthorne Works で培われ、
マルクスの研究者である Paul Mattick は、ここで 1928 年 9 月から1932 年まで職人として働いていた。

The Works はその巨大な生産と技術的な優位性だけでなく、
科学とアメリカの労働の歴史において重要な場所として、今でも記憶されている。
1920 年代と 1930 年代に the Works で行われた労働者の効率と動機の画期的な学習は、
今だに論じられている。
労働者の幸福への Western Electric の宣言は、
20 世紀の産業の中で、まれに見られた相互的な忠誠心の絆を確立した。

多くの実業家達が単なる道具としてその労働者達を見なしていた時代に、
the Hawthorne Works は年金、身体障害者の給料、休暇、従業員経営のクラブ、夜間学校、レクリエーションプログラムなどを採用し、
殆どが中央ヨーロッパからの移民であった労働者達の数世代は、安定した収入を得、
その努力に応じて中流クラスの生活を得ていた。
情報通信の革命的な変化は Hawthorne で作られた製品によってもたらされ、
そのワークショップと廃止された工場は入札され、
今はショッピングモールとなっている。
古い絵葉書の flickr 画像はこちら
出版されている Hawthorne Woks の本に関してはこちら







<<Hawthorne Works Museum>>
3801 S Central Ave Cicero, IL ( Cicero に関してはこちら )
関連 Website はこちら&< a href= https://hawthorneworks.wordpress.com/>こちら
facebookはこちら



Morton Collage が運営しており、the Hawthorne Works の施設—その製品と労働者—の歴史を語る Museum。
展示は電話、コミュニケーションと電化製品の部品、Bell 研究室の発明、
地元の移民労働者と、地元の歴史となる Western Electric の製品を展示している・

Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる