White Fence Farm ; Romeoville Illinois

<<White Fence Farm>>
1376 Joliet Road Romeoville IL ( Romeoville に関してはこちら )
1920 年代〜
Website はこちら
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら&こちら
facebook はこちら

1920 年代始めからずっと家族経営で続けられ “ World’s Best Chicken ” と呼ばれ、
オープン以来 Route 66 を旅する人達に愛され続けてきたレストラン。
新鮮な冷凍していない鶏肉が毎日配達され、特別にシカゴで作られたパン粉を使用。
肉を圧縮してから秘密のソースで揚げる独特のやり方のフライドチキンが人気。
ホームメイドのサイドメニューも充実している。

当時 Peabody Coal の CEOで、 Peabody Coal Company の創立者 Francis S. Peabody の息子である ‘Jack’ Peabody が、
競馬馬飼育の為の 450 エーカーの牧場の Joliet Road ( U.S.Route 66 ) が貫く 12 エーカーの土地にオープンしたのは、
週末に時々招くお客様を楽しませるレストランが近くに無いからだった。
農場の家を改装したレストランは、ハンバーガーサンドウイッチ、アイスクリーム、ガーンジー島ミルク製品等で評判となり、
1926 年の U.S. Route 66 開通時には、もうすでに人気のレストランとなっていた。

禁酒法が終った後、Jack は California ワインをレストランに導入。
California ワイン産業を復活させた 1910 年代、1920 年代には又 Illinois のサラブレッドの復活にも尽力した。
Jack は亡くなる 1946 年までレストランを運営し、
その後、レストランは数人に貸されていたが、
最終的に息子 Stuyvesant Peabody Jr. が売ってしまった。

Peabody のマネージャーだった Robert Hastert Sr. がレストランが売りに出されるや、すぐに買い、
1954 年以来、レストランは Hasterrt 家が所有、運営している。

工業用規模の病院の高圧滅菌器を、
ユニークな鶏料理の為の圧力クッカーに変えた息子の Bob が、
1998 年の父親の死後、レストランの経営を受け継ぎ、
Bob の妻 Doris がホステスとして働き、
妹の Laura がレストランの最近のオーナーであり、マネージャーとなっている。
有名なフライドチキンのレシピは、時代とともに少しは変えられたが、
今だに人気のメニュー。

White Fence Farm Sign
Courtesy of David Taylor
http://urbex.50megs.com//Places/USA/Route%2066/Route%2066.html

建物は Hasters の元で何度か増築され、
1000 人以上収容できる幾つかのダイニングルームもあり、
サイドルーム、アンテイークカーのコレクションのギャラリー、その他の膨大なコレクションの展示の中には、
Jack Peabody の Currier & Ives プリントのコレクションもある。
夏の間、屋外にはペット動物園もオープンしており、子供たちに大人気。
その Website はこちら
支店が Lakewood Colorado にある。





Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる