John R. Oughton House = Country Mansion Restaurant ; Dwight Illinois

<<John R. Oughton House = Country Mansion Restaurant>>
101 West South St. Dwight IL ( Dwight についてはこちら )
Wikipedia はこちら
創始者達の碑の flickr 画像はこちら



“ The Lodge “ もしくは “ Keeley Estate “ として知られている建物で、20 室あるヴィクトリア調の豪邸。

CountryMansionーu
Courtesy of David Taylor
http://urbex.50megs.com//Places/USA/Route%2066/Route%2066.html

別の場所に 1891 年に W.T.Scot が建てた下宿屋 “ the Scott Boarding House “ で、
1894 年に Keeley Institute を出た患者の為のクラブハウスとして利用するために、
今の場所 the Keeley Estate へ移動させたが、
1 年後に “ Keeley Institute “ の共同創立者である John Oughton の自宅 “ The House = The Lodge “ に改修され、
Oughton 夫人の名前が付けられて、“ the Manse “ となった。
Oughton は亡くなる 1925 年までここに住んでいたが、
1930 年ここは世界的に知られる “ Keeley Institute “ の為の患者の病室となり、
1965 年に “ Keeley Institute “ が無くなった後、Oughton の孫がレストラン “ The Country Mansion “ に変えた。
手仕事のオークとメープルの木製品とラウンジのオリジナルの暖炉は食事をする時に見ることが出来る。
土地には池だけでなく、2 つの別棟と馬車置き場、風車があった。


2015年5月撮影

1978 年、Robert Ohlendorf とその妻がレストランを買い、名前を変え、
オリジナルのヴィクトリア調の建築の素晴らしい内装へと大改装をしたが、
外観の実質的な変更はなされなかった。

風車は Dwight の街が所有し、馬車置き場は公共の図書館となっている。
The Oughton House と別棟は the National Register of Historic Places に登録されている。
中にある The Oulendorf Bakery は Dwight で最古のパン屋さん。

<<The Windmill>>

101 W. South Street Dwight IL
関連Websiteはこちら


2015年5月撮影


2015年5月撮影

John Oughton の所有地の中にある素晴らしいランドマーク。
8 角形の 5 階層で、鉄枠の風車は、
今の Country Mansion Restaurant と the Public Library の建物を含む Oughten 家の所有地へとポンプで水を汲み出すのを助けるために1896 年に作られた。
2005 年に改修されている。
The National Register of Historic Places に登録。

Dwight Tour


Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる