FC2ブログ

William Fox Developmental Center & Livingston Hotel ; Dwight Illinois

<<William Fox Developmental Center>>
134 West Main Street Dwight, IL ( Dwight についてはこちら )
関連 Website はこちら&こちら
Keeley Cure に関するWebsiteはこちら
古い絵葉書の flickr 画像はこちら&こちら



以前 ” Keeley Institute “ として良く知られた施設で、
今だに発育障害を持つ人達を助ける事にフォーカスした治療をやっている。
ここはそのすばらしいステンドグラスの窓 ( 5 つの感覚を描いている ) と、
ここで治療受けたお金持ち ( Elliott Roosevelt や Theodore Roosevelt 大統領の兄弟 ) で有名になった。


この田舎町にこれが!
2015年5月撮影


外から見たステンドグラスの部分。
2015年5月撮影


中から見た素晴らしいステンドグラス
Photo courtesy of ”The Road Wanderer”
http://www.theroadwanderer.net/index.htm

1879 年に Dwight の医師 Leslie Keeley が塩化金の注入によるアル中の治療法を見つけた、と発表。
すぐにアルコール中毒やドラッグ中毒の男性の為のデトックス施設 ” Keeley Institute “ ができ、
アル中の治療においてはパイオニアとなった。
「大酒飲みは病気で、治療可能!」、との有名なスローガンで、
“ The Keeley Institute “ は最終的にアメリカ国内とヨーロッパに 200 箇所の分館ができ、
1900 年までに塩化金の注入で “ Keeley Cure “ と呼ばれるようになり、 30 万人以上もの人々の治療をした。
1900 年以降、患者の数は 1939 年までの間に、少なくとも 10 万人を超えていた。


内部は落着いた雰囲気。
2015年5月撮影


階段の手すり、ライト、シックで素敵です。
2015年5月撮影

1900 年に Keeley が亡くなると、彼のパートナーで友人だった John R. Oughton が組織のトップとなり、
” Kelly Club House “ として建物を改修したが、1902 年に火事で燃え、1903 年に再建された。
” Keeley Institute “ は、閉所となり、縮小されたが、
建物は 1926 年 〜 1966 年の間は、帰還兵の運営病院として利用され、
通常の病院がアル中患者を扱い始める 1966 年まで運営を続けたが、
今は “ William W. Fox Developmental Center “ が入っている。



<<Livingston Hotel>>
Keeley Institute の建物の隣に立つ。
以前は Keeley のオフィスビルだった。
古い絵葉書の Hotel の Dining Room の画像はこちら


2015年5月撮影

the Leslie E. Keeley Company が所有し、運営していたホテルで、
街の中心部にあり、旅人たちに人気だった。
ホテルは 3 階建てのコロニアルで、大きな風通しの良い部屋で、バスルームが着いており、
室料は 1 日 $ 2.50 から $ 5.00 で、女性用のパーラーと広々としたダイニングルームが自慢だった。
その広いホール、大きなベランダ、などは建物の正面を飾り、最高の家具、Keeley の患者達にサービスと宿泊設備を提供した。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる