FC2ブログ

Museum of Gilding Arts ; Pontiac Illinois

<<Museum of Gilding Arts>>
217 North Mill St. Pontiac IL ( Pontiac に関してはこちら )
Website はこちら
関連 Website はこちら
Facebook はこちら
オープン時の記事はこちら&こちら



金銀箔メッキの歴史と技術を保存する為に、国際的組織 The Society of Gilders が作った、
時代を超えて、ユニークな芸術の為の新しい Museum。
古代エジプトの時代から建築や装飾に使われてきた金銀の歴史に特化し、
貴重な Swift コレクションと、たくさんの金を使ったアートの例を展示している。
特に The Swift Collection からの寄贈品は必見!

「どうやって金はつくられるか」、「金メッキのやり方」、「何処で金箔を見るか?」をテーマに、
道具、そのケース、アンテイークの看板、等と写真やビデオの展示している。


正面入口
2015年5月撮影



2015年5月撮影



昔の手作業の仕事場を再現
2015年5月撮影



金箔はこのような所に利用されていた。
なんと消防車のロゴの所にも金箔を使用。
2015年5月撮影

2012 年 6 月 29 日のグランドオープンの時には、
Society のメンバーが、
お向かいの歴史ある裁判所の the City’s Desert Storm の記念碑のリボンの飾りの金メッキをした。


<<the Swift Collection>>
M.Swift と息子は、金箔製品の生産と金メッキでは最高レベルのコネチカットの Hartford にいた。
1877 年に会社が始まった時、Swift は金箔を作るのに手で金を叩いていた。
20 世紀の初め、機械が金箔生産の過程の一部に導入され始めたが、
一家の五代目で、最後のオーナーだった M.Allen Swift は、
全て手で金を打っていた国内最後の数人のひとりだった。

2005 年にビジネスを閉じた Allen には、金メッキのショップを救う為の考えがあった。
彼はショップが元の場所に同じように再建された所に、個人の Museum を作ったし、
又 Swift 家は 2007 年に the Society of Gilders にコレクションを寄付した。

コレクションは 8 つの金打ちの場所、金を詰める机、イス、スツール、木づち、カモジグサ、詰める材料、溶かするつぼ、他の道具等で、1877 年からおよそ 1920 年まで毎日使われていた器具類で、
The Society of Gilders はこのこのコレクションを所有できたことを誇りにしている。

また看板、the Swift Company の長い間の書類、写真、賞、幾つかのトレードショーで展示された物を持っていた他の会社からの物をも含む。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる