Towanda ; Illinois

実際通った Route 66、そして予習がてらネット、本、資料から調べて書いています。
町の名前は<<<>>>で、名所や建物などは<<>>で表示。
勘違いや間違いなどで、お気づきの点でもございましたらご指摘ください。

HP「愛しきRoute 66」

Route 66 facebook Page Check It!、 Group 「愛しきRoute 66」 Join Us!

<<<Towanda>>>
McLean County
Website はこちら
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら
地域の歴史に関してはこちら&こちら
Towanda の the Old Good Days の Website はこちら



名前の由来は、PennsylvaniaのBradford County の Towanda。
1840 年に Conneticut のWesleyan University を卒業した Charles Badeau が、最初に入植し、
二人の McLean County の不動産業者 Jesse W. Fell と Charles W. Holder が区画して、
1854 年に街が出来た。

その後すぐに、土地の大半は鉄道の土地のエージェント で英国生まれの Charles Roadnight ( 1814 年〜?) が買い、
Towanda で最初の倉庫を建て、1858 年に the Chicago and Alton Railroad の会計となり、
街最大の 2 階建てビルも建てた。
1830 年代の Central Illinois の街、Bloomington、Lexington、Leroy、Pontiac、は中央の広場の周りに建物があったが、
1850 年代の街の殆どは、Towanda のように、鉄道の線路沿いに出来ていた。
1905 年、火事でダウンタウンの大半が焼け、1917 年には元々の鉄道の駅も燃えてしまった。
それでもこの街は発展した。

1901 年、電話サービスが始まり、1937 年には Main Street が舗装。
いまだに Towanda は、北の幌馬車の停車場があり、
Lexington より小さいが、南の Normal と Bloomington の大きな隣町のベッドタウンとして残っている。

列車は街の発展に不可欠だったが、乗降は決して多くはなく、乗客サービスは1940年代に全て終了。
殆どの旅行は the Chicago and Alton Railroad と平行して走る道、
1910 年代は State Bond Route、
1926 年から1970 年代までは U.S.Route 66、
1970 年代から後からの Interstate 55 が使われた。

1955 年、U.S.Route 66 は、北行、南行の 4 レーンの間に幅広い草の中央分離帯のあるハイウエイとして 4 レーンに広げられた。
以前の Route 66 の南行レーンはもう長く利用されておらず、一方北行の路面はいまだに 2 レーンの地方のハイウエイ、National Scenic Bywayが the Illinois Route 66 Scenic Byway、Illinois Historic U.S. Route 66 として利用されている。


突然無くなる Route 66.
すぐ横に新しい Route 66 ができていて。
ここら当たりはこんな状態をよく見かける。
2015年5月撮影

Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ


    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる