the Downey Building ; Atlanta Illinois

実際通った Route 66、そして予習がてらネット、本、資料から調べて書いています。
町の名前は<<<>>>で、名所や建物などは<<>>で表示。
勘違いや間違いなどで、お気づきの点でもございましたらご指摘ください。

HP「愛しきRoute 66」

Route 66 facebook Page Check It!、 Group 「愛しきRoute 66」 Join Us!

<<<Atlanta>>>
Logan County
HP はこちら
Wikipedia はこちら

1854 年に New Castle からの入植者によって始まった街で、
Route 66 の遺産を誇りにし、其の歴史の保存運動に力を入れている。

<<the Downey Building>>
110-112 SW Arch St. Atlanta IL
1867 年〜
Wikipedia はこちら



地元のビジネスマン Alexander Downey が 1867 年に建てたイタリア風のビルで、
前には 2 つの店舗があって、ずっと別々のビジネスがなされていた。
当時 Atlanta で唯一の銀行であった The Exchange National Bank of Atlanta が、
オープン前からビルの南側を数年間借りていて、
以前あった銀行が閉じた後、オープンした。
銀行は後に the First National Bank of Atlanta、そして the Atlanta National Bank に名前を変えたが、
1916 年に移転。
その後 John Luther Bevan が息子との共同の法律事務所の為に買い、
息子の Samuel Bevan は 1960 年に亡くなるまでオフィスを利用した。


Palm Café も入っているビルの北側
2015年5月撮影

ビルの南側は今 the Atlanta Museum の別館 " Memories Route 66 Museum " が利用している。
ビルの北側は、James Robert Adams が the Palms Grill Café をオープンする 1934 年まで、
色々なビジネスが入っていた。

The Grill は街の集会所や U.S.Route 66 の旅人たちの立ち寄り場所で、
食事を提供するだけでなく、ダンスやビンゴのような街の集まりを主催していた。
また Atlanta の Greyhound のバス停でもあり、レストランの大きなネオンサインがバス停の印として使われていた。
レストランは 1960 年代には閉じていたが、ビル全体を改修した後の 2009 年に再オープン。
今では Illinois の Historic Route 66 の人気の場所で、
ビルは the National Register of Historic Places に登録されている。

<<Memories Route 66 Museum>>
104 SW Arch St. Atlanta IL
関連 Website はこちら&こちら
facebook はこちら




ビルに向かって左端。
2014年10月撮影

Route 66 の車の文化や地域の歴史中心にした Museum で、
Rolls-Royce の展示他、地元の歴史家達が持ち寄ったコレクションなどが展示されている。
Flickr 画像はこちら&こちら&こちら

Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる