Broadwel ; Illinois

<<<Broadwell>>>
Logan County
Wikipedia はこちら
歴史に関する HP はこちら


村の境界線に立つ表示
2015年5月撮影



Chicago と Springfield を結ぶ鉄道の建設に伴う仕事に携わった William Broadwell と Jacob Eisiminger によって、
1856 年に作られた村。
最初は、今の場所の 3/4 mile 東に ”Tantivy” もしくは ”TAN-TI-VY” と呼ばれるホテルがあった場所だった。
“Tantivy Lodge” は1840 年頃から 1950 年代初期までは存在していた。
伝説によると Ablaham Lincoln が弁護士として、司法の巡回している間に、
Springfield から Postville ( 今の Lincoln 市の一部 ) の裁判所へ行く途中に立ち寄ったと言われているし、
1840 年に、牛と土地とで財を成した John Dean Gillette が、
"Tantivy" の部屋で、未来の妻 Lemira Parke にプロポーズしたとの記録が残っている。


村の入り口の Welcome Board
2015年5月撮影

最初 Jacob Eisiminger の名前をとって、村の名前がつけられたが、
彼は落ち目だったので、すぐに Braodwell に変えられた。
William Broadwell は村が区画した土地を所有しているだけで、Springfield に住んでいたが、
村との関わりあいはあまり無く、後に Kansas へと引っ越した。

Eisiminger 家 ( 2005 年の 8 月 16 日に亡くなった Leola Eisiminger が最後の子孫 ) は、
村で、長きにわたって商売をし、郵便局長、学校教師をも務めた家柄。

Broadwell は豚、とうもろこし、小麦、後には大豆の集積地となり、
周辺地域は、北アメリカと世界で最も優れた農業地の一箇所として知られていて、
経済の大きな波の時代の余波を受けずに存続してきた。

村は 1926 年から 1978 年までは、historic US 66沿い にあったが、
バイパス I- 55 ができると寂れ始めた。
が以前の U.S. Route 66 の北行のレーンは全て残っていて、
いまだに旅人に魅力の道となっている。

村の最初の入植者は Thomas Debety で、今の町の場所に家を建てた。
William Sample が最初のショップを開き、それは今も鉄道沿いに立っている。
Charles D. McCauley が 2 番めのショップを開き、George Barry が最初の鍛冶屋を開いた。
Thomas Debety は最初の鉄道の代理人で、Albert McCollister が最初の郵便局長だった。
1857 年に建てられた学校校舎は、今は個人住宅となっている。

村で有名なのは 1937 年から 1991 年まで Ernie Edwards が経営していた “Pig Hip Restaurant” で、
Museum などもやっていたが、2007 年に燃えてしまった。
今は、跡地に記念の石碑だけが残っている。

Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる