Shea’s Gas Station Museum ; Springfield Illinois

実際通った Route 66、そして予習がてらネット、本、資料から調べて書いています。
町の名前は<<<>>>で、名所や建物などは<<>>で表示。
勘違いや間違いなどで、お気づきの点でもございましたらご指摘ください。

HP「愛しきRoute 66」

Route 66 facebook Page Check It!、 Group 「愛しきRoute 66」 Join Us!

<<<Springfield>>>
Sangamon County
HP はこちら
Wikipedia はこちら

Illinois 州の州都で Lincoln 縁の地
1800 年代初頭から人が住み始め、ヨーロッパ系アメリカ人の入植が多くなって、
1832 年、街の名前が Calhoun から Springfield へと変えらえれ、4月2日に独立、
1837 年、州都が Vandalia から移された。

南北戦争、又 Route 66 の開通で、街は発展。
1977 年のバイパス化で、一時寂れはしたが、
州都でもあり、Lincoln 縁の地で、今でも歴史的な場所の多くを含む名所、見所が沢山ある。

<<Shea’s Gas Station Museum>>
2075 Peoria Road Springfield, Illinois
Wikipedia はこちら
関連 HP はこちら&こちら&こちら
facebook ページはこちら



世界中から来る Route 66 の旅人たちが写真を撮る人気の場所。
懐かしいガソリンスタンドの半世紀以上の素晴らしいコレクションがある。
最初は Texaco で、その後に Marathon のガソリンスタンドとなり、
オーナーの Bill Shea と妻の Helen によって、世界的にも有名な Museum となった。
Museum は元々あったガスポンプ、木の電話ボックス、看板、写真、
他に Route 66 のガソリンスタンドの名残を感じさせる遺品等、
約 50 年以上に渡ってコレクションした古いガソリンスタンドの備品を色々と展示している。

2000 年 2 月、Illinois 州で一番古い Filling Station と言われていた以前の Mahan’s Station を複合し、
今の場所に約 21 mile 移動させ、何度も改修して、今の Museum を作った。
古い絵葉書の flickr 画像はこちら
flickr 画像はこちら&こちら

Museum のゲストブックにはヨーロッパやアジア中から人々が訪れていて,
Mother Road を旅する国際的な旅人たちの目的地にもなっている。
Route 66 の歴史とガソリンスタンドの存在を守り続ける彼の意志、
そして訪問者に対する彼の長年に渡る素晴らしいサービスの為に、
Bill Shea と彼のショップは 1993 年に Route 66 の殿堂入りを果たしている。
Bill は 2013 年 12 月に 91 歳で亡くなった。


オーナーの Bill Shea
Photo courtesy of ”The Road Wanderer”
http://www.theroadwanderer.net/index.htm


2014年10月撮影


2014年10月撮影


店の前に並んだガスポンプ
Photo courtesy of ”The Road Wanderer”
http://www.theroadwanderer.net/index.htm



Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる