Mt.Olive ; Illinois

実際通った Route 66、そして予習がてらネット、本、資料から調べて書いています。
町の名前は<<<>>>で、名所や建物などは<<>>で表示。
勘違いや間違いなどで、お気づきの点でもございましたらご指摘ください。

HP「愛しきRoute 66」

Route 66 facebook Page Check It!、 Group 「愛しきRoute 66」 Join Us!

<<<Springfield>>>
Illinois 州の州都で、Lincoln が以前住んでいた街で、お墓もある。

ここまで続く旧道 (1926年〜1930年) の Route 66 を来たが、
Staunton に戻って、新道 (1930年〜)の Route 66 を行く。

<<<Staunton>>>
詳細はこちら を。

Staunton の次の街
<<<Mt.Olive>>>
Macoupin County
Wikipedia はこちら

1846 年、ドイツからの移民 John C. Nieman が 40 エーカーの土地を買い、
少し筒買い足していき、町の基礎を作っていった。
すぐに多くのドイツ人達が入植してきたので、Nieman はショップを開き、
ここは郵便局もやっていたので、彼が最初の郵便局長も兼ね、
Nieman’s Settlement として知られるようになったが、
1868 年 Corbus J.Keiser がショップの半分の権利を買ったので、
Nieman & Keiser と呼ばれるようになった。

町の名前は ”Oelburg” で、これは “Mount of Olives” の意味だったが、
1870 年鉄道が敷かれた時、町の名前は ”Drummond Station” に変わり、
1884 年頃に、やっと名前が ”Mt.Olive” となった。

C.J.Keiser は1875 年に最初の石炭のシャフトを建て、1876 年に鉱山ビジネスを確立、
1882 年には最初の銀行の一つを建てたので、
鉱山労働者が集まり始め、町は繁栄し始めた。

が、会社は安い賃金、長時間の労働、粗末な社宅、クーポンで会社のショップから買わせられる高い生活用品などで、
鉱山労働者の生活を苦しめていた。
1892 年に始まった闘争は、1898 年に 8 時間労働、合意の賃金、ショップをやめることで組合側と決着が付き、収まった。
しかし1898 年10月12日の Virden のストライキでは、Mt.Olive からも行って犠牲者となった労働者も多く、
彼らをどこの墓地に埋めるかで色々と問題が出たが、
リーダー格だった Mary Harris Mother’ Jones は、最終的に Mt.Olive の墓地 The Miner’s Union Cemetery に埋葬された。
ここは the National Register od Historic Places に登録されている
Mt.Olive は事実上、組合運動の中心地だった。


Courtesy of Kathy Weiser, Legends of America.
http://www.legendsofamerica.com/66-main.html
1939 年の石炭鉱山

その後、石炭鉱山も閉山になったが、
Route 66 の開通で、しばらくは繁栄。
それもバイパスの完成で寂れ始め、今は静かな住宅地となっている。



Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる