FC2ブログ

Weatherford ; Oklahoma

<<<Weatherford>>>
Website はこちら
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら&こちら&こちら
Facebook はこちら



人口 1 万人以上の Oklahoma 州で 3 番目に大きい街だが、
いまだに小さな町の魅力を持ち続けている親しみやすさがある。


街中のあちこちに立つシンボルタワー
2014年10月撮影

この地域は 1 万年以上前から人が住んでいたが、近代 Native American の人達は Mississippi川 の東に住んでいた。
地域は America 政府が Native の the Cheyenne & Arapaho の人達を定住させるために、
Indian テリトリーを 1800 年初頭に作り、元々の領地と交換させ、Indian 達を強制的に移動させた土地。

しかしその土地 350 万エーカーの土地が America 政府により、
1892 年 4 月 19 日に定住のために開放された ( Land Run )。
開拓者達は 160 エーカーの土地を主張し、Oklahoma テリトリーに群がったが、
この土地は Arapaho-Cheyenne 保留地の一部で、
開放終了までにほぼ 80 % が未請求のままで、7600 人だけが定住した。
当時地域はひどい干ばつ ( 1885 年 〜 1896 年 ) で、不作の上に、農産物を市場に届ける鉄道もなかった。

最初の入植者の一人 William J. Weatherford が最初に Jordan Flats と呼ばれていた土地の 4 分の一を手に入れた。
彼のグループには妻 Lorinda Powell、4 人の子供達、未亡人の義理の妹とその娘、そして 2 人の使用人がいて、
彼らは最初に一時的なダッグアウトシェルター ( 竪穴式シェルター ) を作り、次に井戸を掘り、
後に木材が運ばれ、今の街の約 2 mile 北に 5 部屋の家を建てた。
Minco や El Reno から近くの Arapaho の郡庁に幌馬車で物資が運ばれる途中の Weatherford の家は、
すぐに立ち寄り所となった。

郵便局が 1893 年 8 月に Weatherford の自宅でオープン。
William の妻 Lorinda Powell が最初の郵便局長となり、その姓がそのまま郵便局の名前となった。
そしてここは地域住民のための学校、教会としても利用された。
更に多くの人達が住むに連れ、鍛冶屋、材木屋、他のビジネスが確立され、
町民はそこを Weatherford Settlement と呼んだ。

1898 年に The Choctaw, Oklahoma and Gulf Railroad ( 1902 年に the Chicago, Rock Island and Pacific Railway が買収 ) が
Ei Reno から西へと路線を伸ばし始めた時、
近くの Arapaho は鉄道の終点になると確信し、鉄道に割増料金を支払うことを拒否した。
しかし鉄道は Weatherford Settlement から約 2 mile の所を終点とし、
1898 年 7 月 Weatherford が区画され、土地が売り出されると、一晩でテントの町と化した。

入植地の中で、銀行と市民のリーダーであった Beeks Erick が場所を選び、
1898 年 8 月 3 日に Weatherford が設立された。

日用品店、ホテル、レストランなどの最初のビジネスはテントで始まったが、すぐに永久的な建物に変わった。
最初の鉄道の列車が 1898 年 11 月に到着すると、
すぐに輸送小屋、駅、プラットフォーム、ホテル、公共水道が建設され、
Weatherford は物資、作物、家畜の発送、受け取りの中心的取引場所となった。

Weatherford の初期、繁栄した集落に出来た多くのサロンが悪い評判を与えたが、
鉄道がその路線を西に広げ続けた時、町の成長は落ち、その評判も落ち着いた。

初期の時代、農業と牧畜業が主な経済基盤で、とうもろこし、綿花が主要作物で、
さらにレンガ工場、セメント工場、ほうき工場が、早期居住者達に仕事と物資を提供。
街は発展し、1900 年に人口は 1017 人に達していた。

1901 年には今の Southwestern Oklahoma State University がキャンパス地として Weatherford を選び、
最初の学校が 1904 年初頭に建てられるまで、学校はメインストリートの空き家の一つではじめられ、
1926 年に Route 66 が Weatherford に開通するまでには、町はすでに農業コミュニテイとして確立されていた。

大恐慌は農民に打撃を与えたが、
WPA ( the Works Progress Administration ) の Weatherford National Guard Armory 建設などにより、
街は回復し、更に発展していった。
今日、市には Southwestern Oklahoma State University と the General Thomas P. Stafford Air and Space Museum がある。


メインストリート
2014年10月撮影

3M Company は 1960 年代にフイルム工場を Minnesota 州から Oklahoma に移すことを決め、
Weatherford と周辺地域の人々を雇用し、工場に Imation と Ferrina が収容された。
又 1970 年代後半から 1980 年代初頭の石油ブームの間に、
石油会社と労働者が流入。現在は工業的な街となっている。







<<Cheyenne と Arapahos>>
Cheyenne は Minnesota 州の五大湖の近くに住み、1700 年代に Great Plains へ移動。
Arapaho は Montana、Wyoming、South Dacota、Canada に住んでいた。
両国は平野で出会い、Texas から Montana に及ぶ領土の同盟を形成。
しかし伝統的な土地の完全性を保証する America 政府との条約 ( 1868 年 ) に署名したにもかかわらず、
ヨーロッパの開拓者達が彼らの領土に侵入してきた。
これにより対立が起こり、Kansas に Arapaho の保留地を約束する第二条約が締結された ( 1867 年 ) が、
彼らは Cheyenne とともに Fort Reno の隣の保留地に移動することを選択した。

1887 年 の Dawes 法は America 政府の政策を変え、Native 達を同化させることにした。
そのため 1891 年に保留地は解散させられ、各部族のメンバーは 160 エーカーの区画を受け取り、
残りの部族の土地は将来の利用のためにAmerica 政府が購入した。

1898 年に the Choctaw, Oklahoma and Gulf Railroad が El Reno から西へと路線を伸ばし始めた時、
近くの Arapaho は鉄道の終点になると確信し、鉄道に割増料金を支払うことを拒否した。
しかし鉄道が Weatherford Settlement から約 2 mile を終点とし、
1898 年 7 月 Weatherford は区画され、土地が売り出された。




<<Weatherford の見どころ>>
Stafford Air and Space Museum
Heartland Museum ( Owl Blacksmith Shop、Valentine Diner、School House )
Weatherford Armory
Blair’s Cabin ( 煉瓦の通り )
Southwestern Oklahoma State University、Science Building、near University
Wind Energy Park = Heritage Park、War Memorial、Western Oklahoma Historical Center
Lucille’s Roadhouse
Restaurant in Weatherford
( Jerry's、Downtown Diner、City Diner = HIBACHI )
Motel in Weatherford ( Best Western Plus Weatherford、Travel Inn )
Weatherford 散歩 ( Post Office、Weatherford Public Library、66 West Twin Drive-In )


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる