FC2ブログ

Clinton ; Oklahoma

<<<Clinton>>>
Website はこちら
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら&こちら&こちら





Interstate-40 のClinton heno
Exit は数箇所あるが、そのうちの一つは Exit 66。
2018年9月撮影

Custer 郡の街で、
街は Washita River 沿いにあり、郡庁所在地 Arapaho の 4 mile 南。
そこは南へ行く “ Frisco “ 鉄道と西へ走る Rock Island Railway との鉄道の交差点“で、
Washita Junction “ と名付けられていた。
又 I-40 と Highway 183 の交差点に位置し、
Route 66 がダウンタウンのビジネス地区を真っ直ぐに走っているので、
" Hub City of Western Oklahoma " と呼ばれる。
農業 ( 綿花ととうもろこし ) が基盤で成長してきた町で、今も農業と牧場が基盤となっている。


2016年6月撮影


old Route 66 の街並み
2016年6月撮影

Oklahoma は 1 万年以上前から人が住んでいたが、
ヨーロッパ系 America 人が入植するようになり、
以前に住んでいた Indian 部族は合衆国政府の政策に翻弄されてきた土地だった。

1820 年代から政府は東部の彼らの以前の領地と引き換えに、Indian に土地を与え、
彼らを西へと追いやり、Indian テリトリーを作り、そこに居留地を設立した。
しかし土地の需要の増加で政策を変更。
1887 年の Dawes 法は Native 達を同化させることを定め、
1891 年保留地を解散させ、部族のメンバーそれぞれに 160 エーカー( 0.6 平方 km ) の土地を与え、
余った部族の土地は将来の入植の為に政府が購入した。

今の Clinton の土地は 1892 年の Land Run の前に、
Cheyenne-Arapaho の部族の人たちに割り当てられ、4 人の Cheyenne が所有していた。

1899 年に J.L.vant と E.E.Blake の二人が Washita River Valley に町を作ることを決めたが、
それは簡単なことではなかった。
土地は Indian 所有で、連邦政府は Indian は議会の承認を得て初めて各自の土地の半分を販売できるとしていた。
二人は 4 人の Indian ( Hays、Shoe-Boy、Nowahy、Night Killer ) それぞれから、
80 エーカー ( 32 万平方 km ) 毎に $ 2000 を支払って購入。
Washita Junction に 320 エーカー ( 1.3 平方 km ) の小さな集落を作る計画を立てた。
近くの Arapoho の住民は Washita Junction との競争を恐れたために問題を法廷に持ち込んだが敗北。
土地購入の承認を得られなかった。

が数年後の 1902 年に議会で売却承認が認められ、Washita Townsite Comapy が購入。
1903 年から販売を始め、Washita Junction が急速に発展し始めた。
最初に新聞社 the Custer County Chronicle のオフィスと the First National Bank のビルができた。
同年郵便局が開局。
郵便局は Washita Junction の名前をつけず、故 Clinton Irwin 裁判官にちなんで Clinton になった。( 彼は新しい町となる場所に対し、Arapoho の町が起こした訴訟を破った裁判官 )。


from EZ 66 GUIDE by Jerry McClanahan

the Frisco Railroad and Rock Island が敷設されると、街は東の終点として地域の重要な配送センターとなり、
又 Western Railroad Company が Texas の西の Hemphill County へと路線を敷き、
Hemphill County のかつての第二の鉄道 the Clinton-Oklahoma-Western Railroad Company of Texas も
Texas の Gray County の Pampa で合流する路線を敷いた。
これらの両会社はすぐに the Panhandle and Santa Fe Railway が借り入れた後購入。
1965 年の廃止までそれを保持した。
1926 年に Route 66 が開通すると、その恩恵を受け、
Pop Hicks Restaurant などのレストランやカフェ、モーテル、ガソリンスタンド等を含む観光事業の拠点となった。


Courtesy of Kathy Weiser,Legends of America.
http://www.legendsofamerica.com/66-main.html

The U.S.Highway 66 Association が Tulsa に 927 年に設立されたが、
第二次世界大戦のゴムと燃料の配給でレジャー旅行は減少。
しかし戦後 Jack & Gladys Cutberth が Clinton で組織を復活させ、
Clinton は 1947 年から 1980 年代に解散するまで “ Main Street of America “ のプロモートをした。


Route 66 Museum 内に展示されている Jack & Gladys Cutberth の写真と説明板

1942 年、連邦政府は近くの Burns Flat に、海軍飛行場 Naval Air Station Clinton を建設。
地域にさらなる繁栄をもたらし、第二次世界大戦中 Clinton の人口は約 7000 人になったが、
1949 年には無効となり、国の緊急事態が発生した場合に土地を取り戻すことができることを条件に、
Clinton 市に譲渡された。
そしてわずか 5 年で政府はこの場所をリースし直し、
4123 Strategic Wing、それから70th Bombardment Wing、Heavy of the Strategic Air Command ( SAC ) のサポートし、B-52 Stratofortress と KC-135 Stratotanker を運営する爆撃機基地 ( Clinton-Sherman Air Force Base) として利用。
更に土地を購入し、すぐに 3500 エーカー ( 14 平方 m ) 以上に拡大。
米国海軍と空軍の訓練用の空港として利用した。

軍運営が重視されなくなった時、基地は 1969 年に閉鎖となり、
1971 年に施設全体が Clinton 市に譲渡され、3 年後に the Clinton-Sherman Industrial Airpark となった。
Clinton は一時第二次世界大戦後、ほぼ 30 年間運営されていた the National Highway 66 Association の本部だった。
1980 年代に解散したが、Clinton にMother Road への強い関心を植え付け、
1995 年に Clinton が国内初の州立 Route 66 Museum を設立した。
今日 1971 年に町をバイパス化した I-40 が開通。
Clinton を抜ける old Route 66 の大部分は I-40 Business Loop として指定されており、
Clinton は Oklahoma City と Texas の Amarillo 間最大の Route 66 上の町の一つとして、
旅人たちが立ち寄る人気の場所となっている。

Clinton には発行部数 4500 の Rod Serfoss が編集する 6 日間の日刊新聞 the Clinton Daily News がある。
この新聞は 1927 年から現在まで継続的に発行されている。




<<Cheyenne & Arapaho>>
部族に関してはこちら
Cheyenne はもともと Minnesota の the Great Lakes 近くに住んでいたが、
1700 年代に the Great Plains へと移ってきた。

The Arapaho は Montana、Wyoming、South Dakota、Canada に住んでいた。
両国は平原で出会い、Texas から Montana に及ぶテリトリーの同盟を形成し、
伝統的な土地の完全性を保証する米国政府との条約 ( 1868 年 ) に署名した。
しかしヨーロッパの入植者達は彼らのテリトリーに侵入してきたことにより、対立が起き、
Arapaho に Kansas の Reservation を約束する第二条約が締結されたが、
彼らは Cheyenne と共に Oklahoma の保留地に移動することを選択した。


<<Cheyenne Arapaho Opening>>
350 万エーカーが 1892 年 4 月 19 日に合衆国政府により入植者たちに開かれた。
入植者達は以前の Arapaho-Cheyenne 居留地に住むために Oklahoma テリトリーに駆け込んだ。
が「オープン」の終了までに土地のほぼ 8 0% は未請求のままで、7600 人だけが定住した。


<<Clinton の見どころ>>
Frisco Street
( Clinton Library、First Baptist Church、A.J.Welch Building、Mississippi Building、THE DIXIE Building、Kentucky Building、その他 )
Route 66 Museum、Valentine Diner at Route 66 Museum ( Diner )
Clinton Armory
McLain Rogers Park
Y Service Station
Crawford House
Redland Theater
Clinton-Sherman Industrial Airpark
Pop Hicks’ Restaurant
Neptune Park ( WPA ( Works Progress Administration ))

Mohawk Lodge Indian Store
Cherokee Trading Post
Motels in Clinton
( Old Rio Siesta Motel、Glancy Hotel、Relux Inn = Former Home on the Range、Best Western Trade Winds Motor Hotel )
Restaurant in Clinton ( White Dog Hill Restaurant、Route 66 Café、Jigg’s Smoke House、Wong’s、Adamo’s Route 66 Italian Villa )
Church in Clinton ( First Presbyterian Church、First Baptist Church、St. Mary Catholic Church、Iglesia Cristo Nuestra Esperanza-Christ our Hope Church、Trinity Lutheran Church )
Clinton 散歩 ( Phillips の鉄塔、City Hall、old Post Office、Fire Station、Lucky Star Casino、Old Service Station、気になる建物、廃墟 )

Clinton 近郊の old Route 66


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる