Building with Historical Marker ; Williams Arizona

<<the Pancho McGuillicuddy’s Restaurant = the Cabinet Saloon>>
( Williams に関してはこちら )
1893 年〜
関連 Website はこちら&こちら
Historical Marker に関してはこちら

Saloon Row ( サロンの並び ) 沿いで the Cabinet Saloon ( 1893 年〜 ) としてかつては知られていた建物。
Robert DeNiro と Charles Grodin の映画 “ Midnight Run “ の中でも使われた。


2013年9月撮影



2016年11月撮影

以前は鉄道労働者、カウボウイ、林業従事者、地元に住んでいる悪党達が、
給料を使い果たしにやってきたサロン、ギャンブル場、アヘン窟等がある評判が悪い場所の一箇所。
この 100 年間にオーナーが次々と変わり、そのユニークな特徴の多くを変えた。
1993 年に大規模改修をやり、1994 年に Arizona Main Street Historic Design Award を受賞。
今は the Pancho McGuillicuddy’s Restaurant になっている。
The National Register of Historic Places に指定


<<Adam’s Grocery>>
125 W. Route 66 Williams AZ
Historical Marker に関してはこちら
画像はこちら

1907 年に建てられ、何世代もの旅人達に歓迎された。


<<Black & White Cleaners>>
Historical Marker に関してはこちら

1907 年に C.E.Boyce が建てたこの建物は雑貨屋と金物屋で、
西側が the Old Post Office との壁となっている。
1929 年には機械で動くベルトと、建物の後ろに巨大なドライクリーニングの機械が並んでいた。


<<William Sherley Williams>>
old Bill Williams の Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら
Historical Marker に関してはこちら
画像はこちら

Old Bill は 1787 年 North Caroline で生まれ、生涯の大半を荒野で暮らし、1849 年に 62 歳で亡くなった。
1700 年代末と 1900 年代の初頭、山男達は毛皮商人で、良い毛皮を求め歩くうちに、
未開の西部へと進出するようになったが、
毛皮市場が減少した後、彼らは調査遠征隊や移民達を護衛する道案内をもしていた。
Old Bill もその一人で、1826 年頃 Williams を始めて訪れ、この地域で 1832 年 〜 1833 年の冬を過ごした。
1954 年 Williams の市民のグループが、Old Bill Williams や山男達のロマンス、記憶、伝承を伝える為に、
Williams Mountain Men の組織を作り、山や川にその名前を付け、Old Bill の像を立てた。
彫刻は B.R.Pettit


<<Citizens Bank>>
Historical Marker に関してはこちら
画像はこちら

ネオ・クラシカル・リバイバル様式の建物で、
1918 年 11 月 11 日の休戦記念日にファンファーレとともに盛大にオープンした。
1958 年に閉所するまで、地域の材木、牧場、鉄道事業の金融の中心で、
全面のテラコッタの装飾はこの建物だけに見られる。


<<Duffy Brothers Grocery Store>>
201 W. Route 66 Williams AZ
1912 年〜
Historical Marker に関してはこちら


2015年6月撮影

Cormick E. Boyce がこの煉瓦作りのビルを建て、
その歴史の大半を雑貨屋として利用。
また銀行としても利用されていた。
アーチの窓とその他多くの幾つかのユニークな外観は、
地元のパイン材と美しいオリジナルの錫の天井で作られている。
道の砂岩のカーブは地元の採石場から掘り出され、1930 年代に市の保全法によって備えられた。
The United States Department of the Interior により the National Register of Historic Places に指定されている。


<<Red Cross Garage>>
Historical Marker に関してはこちら
画像はこちら

正面が天然の岩で 1913 年に作られたこのガレージは、幌馬車の時代末と車時代初頭に旅人達が利用した。
1930 年まで車は鉄道以上に the Grand Canyon へと人々を運んだ。
この建物の反対側はかつて初期のボーリング場だった


<<old Post Office>>
Historic Marker に関してはこちら
画像はこちら

1907 年に建てられた建物で、1926 年から 36 年間 U.S.Post Office として利用された。
貨物運送屋として 1881 年に Williams に来た Cormick E. Boyce が建てた多くの建物の1つで、
彼は地域の牽引役と牧場主達の一人となり、
“ Williams を作った男 “ として知られている。


<<Dime Store>>
Historical Marker に関してはこちら
1912 年〜
画像はこちら


2016年11月撮影

1901 年 Williams を大火が襲い、1 時間足らずで 36 軒のビジネスのビル、2 軒のホテル、10 軒の家を焼いた。
1903 年と 1908 年の大火はさらにひどく、耐火石、コンクリート、煉瓦の建物の必要性が増した。
この 1912 年の建築のようなそれらの多くは今日生き残っている。


<<Lebsch Confectionary>>
Historical Marker に関してはこちら

1882 年に the Atlantic & Pacific Railroad が施設され、商業的な企業が続々登場。
1914 年に Albert Lebsch が建てたこのアイスクリームとお菓子のショップもその例。
ここは何十年もの間ブーツメーカーがシェアしていた。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “
スポンサーサイト

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。
Website「愛しきRoute 66」
Route 66 facebook Page
Facebook group「愛しきRoute 66」

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

Songs of " Route 66 "
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる