Grand Canyon Railway ; Williams Arizona

<<Grand Canyon Railway>>
( Williams に関してはこちら )
Website はこちら&こちら
Wikipedia はこちら
ツアーに関してはこちら
全線の路線図はこちら

Williams と Grand Canyon の間の地域には豊かな歴史と自然があり、多くの人達が何百年間にこれらの場所の旅をした。
1540 年 征服者 Coronado は 24 人のスペイン人と共に Cibora の黄金の 7 都市を探して地域をさまよい、
金の代わりに、素晴らしい the Grand Canyon を発見した。
それは金よりも偉大な宝だった。
1857 年 Edward F. Beale 中尉に導かれた遠征隊はここを通り、
調査して作った The Beale Trail は milepost 14 で約 1.5 mile 鉄道と平行して走り、それから西へ向かう。


2013年9月撮影



2013年9月撮影

1901 年、the Atchison, Topeka and Santa Fe Railway はWilliams から Grand Canyon の South RimのGrand Canyon Village への支線を敷設し、その年の 9 月 17 日に Williams からの the Grand Canyon Railway の最初の列車が到着し、その時の 64 mile ( 103 km ) の料金は $ 3.95 だった。

鉄道は Canyon Rim から丁度 20 feet ( 6.1 m ) の場所に the El Tovar Hotel を建設し、
1905 年の 1 月にオープンさせた。
しかし世の中は車時代となり、鉄道の収益を上げるのは大変で、1974 年まで貨物輸送の利用を続けたが、
1968 年 7 月 ( 3 人の乗客だけの最後の走行で ) に運営を終了し、多くの線路沿いの建物を破壊した。

TV のパーソナリテイ Arthur Godfrey 他数人が the Grand canyon Railway 復活計画を立てたが、承認されず、
その後何度かオーナーシップが変わり、誰も路線の復活を信じなかった。
が 1989 年 9 月 17 日に観光列車を再生。今では毎年 20 万人以上の人達を運んでいる。


2013年9月撮影

The Grand Canyon Railway は環境面での取り組みをもしており、
蒸気エンジンは石炭からクリーンに燃やす油や灰色の水に変えた。
Memorial Day から Lobor Day まで蒸気機関車を走らせていたが、2008 年に環境を考慮して取りやめた。
列車の年間の全てのデイーゼルの運営は燃料の量を少なくし、
これらは温室効果ガス排出と空気汚染を減らす事となった。

駅の横には Museum があり、
又 No.20 の 1910 年製造の蒸気機関車と、1923 年に作られた Harriman coach car を見れる。
the Grand Depot Café で食事も取れるし、夕方には David Bixby とその友達によるショーがある。

1923 年製造の Harriman Car の優しい揺れ、古い鉄道の線路のクリッキーで頑丈な音は心休まる。
そして The Grand Canyon Railway からの美しい景色は最高!




facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “
スポンサーサイト

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。
Website「愛しきRoute 66」
Route 66 facebook Page
Facebook group「愛しきRoute 66」

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

Songs of " Route 66 "
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる