FC2ブログ

Bloomington Center For The Performing Arts ; Bloomington Illinois

( Bloomington に関してはこちら )

2015年5月撮影


<<Bloomington Center For The Performing Arts>>
600 North East St. Bloomington IL
HP はこちら
関連 HP はこちら
facebook はこちら



1921 年に、the American Passion Play の本拠地として建てられた “ Bloomington’s Scotish Rite Temple “ で、
5 つのアーチのある素晴らしい正面から入ると、優雅なロビー、1000 人収容のボールルーム、1320 人収容の New York の西側で最大のステージのある劇場がある。
最初の 60 年間は、Bloomington-Normal の芸術的、社会的生活の中心地だった。
The Passion Play、the Bloomington Symphony、the Scottish Rite Players の初期のパフォーマンスは最高だったし、世界的に有名なアーテイスト、Duke Ellington,、Pablo Casals,、Beverly Sills、the Boston Pops Orchestra 等が聴衆を沸かせた。
時には結婚式、レセプション、展示会、コンベンションなどが催され、

1973 年には “ IST’s Braden Auditorium “ のオープニングまでやった Bloomington-Normal の主要な市民劇場だったが、
2000 年頃には陰りを見せ始めたので、市民団体は the Temple と市民の芸術的意識を高める為の施設を追加、改修する為の新しい文化プロジェクトを作り、Bloomington のダウンタウンの北側を活性化する計画をした。
市は the Bloomington Cultural District を the Temple の所有権と仮定して改修するようにし、
団体のガイドをする 13 人の Cultural District Commission が市長によって任命された。

The Bloomington Center for the Performing Arts ( BCPA ) に名前を変え、パフォーマンス、ビジュアルアートが催され、グリーンスペースや改善された駐車場だけでなく、アート教育施設もあり、
Bloomington のダウンタウンの北の端の the Cultural District の中心的存在となった。
2000 年、市議会はプロジェクトの基金として、1/4 セントの消費税を掛けることを承認した。
その基金は最初の 2010 年だけで 1.50 万ドルが集まり、
2003 年、市議会は 2025 年まで消費税のサポートを拡大していく計画で、
もっと大きなプロジェクトが可能となると思われる。

今ではダンス、音楽、芝居の幅広い多種のステージと the American Passion Play の本拠地。
すばらしい建物から最高のパフォーマンスが生まれる。
Behind the Curtain Tour に参加すれば、ユニークな組織の歴史が理解できる。
予約 ( 309-434-2768 ) するか、もしくは毎週金曜日の 17;00〜19;00 のツアーに参加を。
屋内の flickr 画像はこちら
flickr 画像はこちら


<<Downtown Bloomington>>

Downtownの歴史に何してはこちら




facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる