Route 66 23日目 ; San Bernadino CA から L.A. CA

どんより曇り空で涼しい。
今日は L.A .に着いて、Setsuko さんちに転がり込むだけなので、余裕。
San Barnadino も大きな街。
ここで見落としていた California Theatre と列車の駅を見に。

<<California Theatre>>
1928 年建設の素晴らしい劇場で、いまだに現役。
見とれてしまう。


2015年6月撮影

こんな劇場で楽しんでいた時代、
往時の街の繁栄ぶりがイメージできる。

今回色々な街で廃墟となった Theater をたくさん見てきたけれど、
往時はどんな街にもあったようで、
人気の娯楽だったでしょうね。
そう言えば昔日本でもそんな時代があったはずだけど、
ほとんど残ってない。
惜しい気がするけれど。

<<San Barnadino Depot>>
トルコ風とでも言うのでしょうか?
The National Register of Historic Places に登録されている建物で、
土色だけど Santa Fe とは違い、少し暗い色の土作りの変わったデザイン。
堂々としていて風格があり、今まで見てきた駅とは又違った外観。
ここの Museum も見たかったけれど、
日曜だからなのか、時間外なのか、表示がないが、クローズしていて見れない。
まあ仕方がない。
駅の横には、いまだにたくさんの線路が並び、たくさんの貨車が停まっている。
鉄道の時代にはさぞかし活気があったことでしょうね。

<<Chris’s Cafe>>
Foothill を L.A. へ向けて行く途中、
どこかでモーニングを、と思っていたら、
パトカーが 2 台止まっているおしゃれな Café が目に入ってきた、
ここはきっと美味しいに違いない!


2015年6月撮影

広い店内で警察官二人がモーニング中。
その量の多さ。
あれは食べきれないな、
さてどれに?
とメニューを探していて KIDS SPECIAL が目についた。
ただし 12 歳以下 と。
「私でも頼める?」と聞いたら、OK!
ドリンクをコーヒーに変えてもらって。


KIDS SPECIAL
2015年6月撮影

そして来たのは小さめのハンバーガーだけど、日本の普通サイズ。
そしてポテトが山のように。
見た途端、ふ〜ッという感じ。
ハンバーガーはどうにか食べれたけれど、
ポテトは手付かず。
12 歳以下の子どもがこれを食べるのか。
太るはず。

<<Los Angeles>>
L.A, は大都会。
行けども行けども街は続く。
それでもどうにか iphone のお陰で、迷うことなく、
いつも L.A. に来たらお世話になっている Setsuko さんちに到着。
Skype でしょっちゅうおしゃべりしてるけど、
会うと又積もる話もたくさんあって、話は尽きない。
静かな住宅地と近くのショッピングモールへ一緒に散歩に出ては又しゃべる。
近くにはいつの間にか DAISO ができていて、
早速チェック。
日本とは違う品もあり、見ていて面白い。

どうにか L.A. に辿り着き、ホッとの安堵感。
毎日日替わりであちこち行って、
考える暇もなかったけれど、
思い返せば、約1ヶ月、よくぞ走った事。
最初の頃の記憶が薄らいできているような。
これから少しづつ思い出すことに。
久しぶりにくつろいで、横になると様々な出会い、出来事が浮かんでくる。

今日の走行距離 61 mile 97 km

Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    05 | 2015/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる