FC2ブログ

Tower Theatre ; Oklahioma City Oklahoma

<<Tower Theatre>>
425 NW 23th St. Oklahoma City OK
1937 年~
Website はこちら
関連 Website はこちら
facebook はこちら



Oklahoma City の最も象徴的な Theater で、
素晴らしいネオンサインを持つ Oklahoma City で最後の本来の姿を残している映画館の一つ。


2019年8月撮影



2019年8月撮影

1937 年 7 月 15 日に1500 席でオープン。
当初 Oklahoma City の the Oriterion、Midwest、Liberty、Ritz、Victoria、Warner などの Theater を所有する the Standard Theaters Corporation が所有していた。

23rd St. に狭いひさしのある入り口 ( 以前は 24th St. にも入り口があった ) から入って、
長いギャラリースタイルのロビーを進むと、
華やかなオーデイトリュームには素晴らしいステージ、パイプオルガン、そして渦巻く緋色の緞帳があり、
長きに渡り、映画のプレミアと歴史的な古典映画を上映する劇場として人気だった。


今、奥から入り口を見ると。
オリジナルのアールデコ風のライト
2019年8月撮影

1963 年に Criterion のドアマンで2階への案内人であった Farris Shanbour と、
パートナー Charles A. Shadid が購入。
1953 年と 1968 年に改装工事がなされたが、
時代の波で、そのうちアダルト映画館となり、ついに 1989 年に閉館。
1990 年代にライブミュージック会場として再オープンしたが、2000 年にクローズしてしまった。


ロビーに展示されている以前使われていた映写機
2019年8月撮影

長い間に浮き沈みがあった後、Shanbour 家が 2005 年に Marty & Mike Dillon に売ると、彼らは改修を始めた。
ゆっくりとした改修と失敗の後、
2014 年に David Wanzer,、Ben Sellers、 Jonathon Dodson らの Oklahoma City の開発グループ Pivot Project が買い取り、
2014 年から 1 階をコンサートと映画の会場に、
2 階をバーとオフィススペースを組み合わせた商業施設に、そして 1 階にもう一つバーを作る改装を計画した。

Tower 復活のために、Pivot Project は $ 6.50 万ドルを投資。
数十年間に機器は幾度もの損傷を受け、又数千の鳩の巣となっていた建物は、
2015 年建物の改装の途中で、マーキーは分解され、
トレードマークのネオンサインは Route 66 Preservations Program からの助成金の援助で、
オリジナルの状態に復元。
又音響や照明なども最新式の設備に変え、内部と外部を一新して完了。
2016 年 1 月 9 日ネオンサインの点灯式が行われ、訪問者達は館内を見学。
4 月にはフイルムフェステイバルを主催。
以降アップタウン 23 区の中心地のライブ音楽、映画、イベント会場として甦っている。


2019年8月撮影



会場内のバーカウンター
2019年8月撮影



オリジナルのアールデコ風のライト
2019年8月撮影



市松のタイルが美しいトイレ
2019年8月撮影



オリジナルのネオンサインが美しい
2019年8月撮影











facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



テーマ : アメリカ旅行
ジャンル : 旅行

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる