FC2ブログ

Acoma Pueblo : New Mexico

Grants を過ぎて Mesita までは Route 66 は I-124 となっている。

<<Acoma Pueblo>>
I-40 の Exit-102、104、あたりに表示が出ており、
I-40 を降りて 12 mile の所にある Indian 部族の昔の集落。

Website はこちら
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら



谷 ( 海抜 7000 feet ) から 367 feet 上がった砂岩上にあり、” Sky City ” と呼ばれている。
Acoma は 「White Rock の人々」 と言う意味で、
約 900 年前から今だに存続している北アメリカ最古の村。
ここは初期のスペインの征服者を撃退するには非常に良い地形だったが、
16 世紀後半、最先端の軍事技術 (大砲など) を持つスペイン人に征服されてしまった。


1933 年頃の Acoma Pueblo
Courtesy of Kathy Weiser,Legends of America.
http://www.legendsofamerica.com/66-main.html

3 つの村 ( Sky City、Acomita、Mcartys ) からなる Acoma Pueblo は連邦政府から認められた存在で、
その歴史的な土地はおよそ 500 万エーカー ( 200万 ha ) にもなるが、
その 10 % だけが the Acoma Indian Reservation の中の村として残っている。
2010 年の国勢調査によると Acoma として登録されているのは 4989 人で、
2000 年以上もの間、その伝統を守り続けてきた、と思われる。
航空写真はこちら


Museum から見た Acoma Pueblo
2015年6月撮影

その昔、2 世紀以上もの間に、この地域で起こった気候の変異、社会の激変の為に、
Anasazi 族や Mogollon 族、その他の部族の大移動が起こり、
13 世紀までに Acoma Pueblo が出来たと思われる。

Mesa の断崖の上に立つ集落は、今は車で上り下りできるが、
かつては手で掘られた砂岩の階段のみで、mesa ( 丘 ) の下に畑を作り、トウモロコシなどを育てていた。


2015年6月撮影

他部族とは何世紀もの間、アステカやマヤの人々とも日常的に交易交流していたが、
1540 年にやってきた Francisco Vasquez de Coronado の遠征隊が初めて Acoma Pueblo と遭遇。
そして 1589 年に スペイン人が今のメキシコから遠征、現在のリオ・グランデ川上流域をスペイン王室領有とし、
同年、スペインの探検隊が Acoma Pueblo から食糧を徴収しようとし、
それに抵抗した Acoma の人々を大量虐殺した。

スペイン支配となってから、カソリックの宗教が入ってきて、
1629 年から 1641 年にかけて、サン・エステバン・デル・レイ伝道教会が mesa の上に建設され、
19 世紀には the Acoma の人々は伝統を守ろうとする一方、かつては拒否したスペイン文化と宗教を受け入れ、新しい文化が生まれてきた。

1880 年代には、鉄道が村を孤立させてしまったが、
1920 年代に、300 年以上の年月が経って初めて All Indian Pueblo Council ( 議会 ) が集められ、
1924 年に the Pueblo Lands Act ( 法 ) がアメリカ議会を通った。

1950 年代には mesa までの道路が作られ、車で上まで行けるようになったが、
今 Acoma の住民達のほとんどは Route 66 から離れた Laguna Pueblo に住んでいる。
mesa には今も約 30 人が住んでいるが、電気、水道、下水処理もない。
隣接する the Acoma Indian Reservation と the Laguna Indian Reservation が Old Route 66 の南にあり、
ここを見学するには予約が必要。


一般客は下の Museum からこのバスに乗ってしか mesa の上に行くことは出来ない。
2015年6月撮影

今、mesa の上には約 300 軒の 3 階建ての土の家があるが、
上の階に行く為の伝統的な木のはしごが立てかけてある家も。


2015年6月撮影

Acoma Pueblo は、ガイドツアーによる一般公開がなされているが、
the Pueblo と周りの写真撮影は制限されており、ビデオ撮影、絵画、スケッチは禁止されている。
mesa にはスピリチュアルなリーダーが年中住んでいるので、
彼らを侮辱するような服装や態度を慎み、訪問者としてのエチケットを守らねばならない。

The Acoma Pueblo は又カジノ&ホテルの the Sky City Casino Hotel を持っており、
ここはアルコールが無料で、ほとんどの Acoma のビジネスを仕切っている the Acoma Business Enterprise が管理運営している。

※ 手作りの彩色炻器でも有名。


陶器を焼く窯
2015年6月撮影
自宅で焼いた陶器を自宅の前で販売。
この山のてっぺんで VISA も利用可能。



2015年6月撮影

教会と集落の両方は共に the National Register of Historic Places に登録されており、
2007 年には 北アメリカで住み続けられた最古の村として、
the National Trust for Historic Preservation が 28 番目の歴史地区に指定した。
これは指定された Native American の場所としては唯一の場所である。

Acoma とその周辺地域は連邦委託地 ( federal trust land ) とみなされ、連邦政府によって治められている。
1970 年に、the National Register of Historic Places に登録され、


mesa の上から見た地形
右真ん中当たりに小さく Museum が見える。
2015年6月撮影






2015年6月撮影





<<San Esteban Del Rey Mission Church>>
On NM 23 Acoma New Mexico
1641 年〜
Wikipedia はこちら
Facebook ページはこちら
関連 Website はこちら
詳細 Website はこちら




敷地の中での撮影は禁止されているし、正面の前にある墓地も撮影禁止。
2015年6月撮影

今も残っている小さな教会。
スペインの植民地風建築の古い例として良く知られており、
New Mexico の建築物の中で、17 世紀初期の建物材料を使ったもっとも価値ある財産である。
スペインの植民地風教会アート、オリジナルの粗い手作りの螺旋階段、手で削ったレール、絵などのコレクションはとてもユニーク。
この教会は Pueblo の反乱を収めるため、
スペインの伝道本部、San Estevan del Rey Mission Church の一つとして建てられた。
1629 年から 1641 年の間に、Acoma は教会建設を命ぜられ、
教父 Juan Ramirez が建設の監督をし、mesa の上の集落に建てられた。

教会の壁を作るために、村の人達によって mesa へ 18000 トンの天日瓦、藁、砂岩、泥を運ばせた。
Ponderosa 松は 40 mile ( 64 km ) 以上も 離れた Mount Taylor から運ばれ( 気候の乾燥したニューメキシコ州では、梁になるような木は低地には生えない。)、
又墓地は谷の下から引き上げられた。
6000 平方 feet ( 560 平方 m )で、キリスト教と土着信仰を表す赤と白のデザインの手で曲げられた60 feet ( 18 m ) の高さの木の柱に挟まれた祭壇がある。
この建物は、建設に奴隷たちが使われたけれど、the Acoma による文化的な宝と考えられている。
1680 年の Pueblo の反乱をも生き抜いたいくつかのスペイン教会の一つで、
New Mexico 州の中の 17 世紀初頭に作られた建物の中ではもっとも良い状態。
伝道本部と Pueblo は the National Historical Landmarks. に登録されている。

屋内のスペイン植民地の教会芸術は、
1999 年以降、Cornerstones Community Partnerships が、
Acoma Pueblo と共に、この重要な歴史的建築物の改装と、その文化と歴史の管理をしている。
教会内部と教会の前の墓地は撮影禁止。




facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “


Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    08 | 2011/09 | 10
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる