Peggy Sue's 50's Diner 2

Peggy Sue’s café。
Motelのインド人のおじさんが、「寄ると良いよ」と教えてくれた所。
さりげなく教えてくれたので、たいしたところだとは思わなかったけれど、
ここがすごかった。
50年代満載!
お好きな方、きっと狂いますぞ!




Peggy Su’sはつながっている大きな部屋がいくつもあって、
スナックの部屋、ピザの部屋、ステーキの部屋とかに分かれています。
他の部屋のメニューを頼んでも別に問題はないようですが。


アイスクリームコーナー。
この色の組み合わせ、あちこちで見かけます。
昔の映画のDVDなども売ってます。


お土産品販売コーナー。
広~い!たくさ~ん!


入り口入るとすぐにあるカウンターに分けもわからず座りましたが、
ここはデザートとハンバーガーなどの軽食がメインのようで。
カウンターの後ろはこのように。


ウエイトレスはおばさん半分、おばあちゃん半分。
ミニのかわいいピンクとブルーの制服を着てかいがいしく動き回ってます。


隣のおじさんが食べていたハンバーガーとフライドポテト、ミニサラダのセット。
このおじさんは軍の仕事で岩国基地にいたことがあるそうで、
休暇の時に博多に来られたとかで、話が盛り上がりました。
こんなところで。なんかうれしくなりますね。


私がオーダーしたのはアメリカンチェリーパイとコーヒー。
やっぱりここで食べたかった。


食べているカウンターの左の壁はこんな感じ。


カウンターの上のセットはこんなです。
メニュー、コカコーラグッズ、かわいい!

  • Follow kariko2441 on Twitter
  •   
    スポンサーサイト

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    09 | 2010/10 | 11
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる