Volcano House ; Newberry Springs California

<<Volcano House>>
関連 Website はこちら&こちら&こちらこちら&こちら

Mojave 砂漠の西の150 foot の円錐形の死火山の頂上にある空飛ぶ円盤型の家。
飛行機整備士の天才 Vard Wallace が彼自身と妻のリタイヤ後の為に 1968 年に建てた家で、
才能があり沢山の建物を手掛けた南 California の建築家 Harold Bissner, Jr. が設計した。

Vard Wallace は第二次世界大戦中、Lockheed & Co. のような会社の飛行機の部品や製図機械を売って財産を作ったエンジニアで、
また最初の “スケートボード “ の特許を取った発明家だった。
Wallace は San Onofre にある原子力発生工場に 1965 年に作ったドーム型のインフォメーションセンターと似た家の設計を頼み、彼の マス釣りと天文学に対する情熱を考えて、この遠い所が選ばれた。

Vard はここで製図機械、ヘリコプター部品、彼の Vard Newport Int. の工場での設計製作、
設備のワークショップをやっていた。
ドームは 2 feet の深さの堀に囲まれていて、砂漠と 60 エーカーの所有地を 360 度眺められる観察デッキがある。

彼は 2000 年にイギリスの不動産業の Richard Bally に売ったが、
Baily はそこで過ごす時間が無く、$ 795000 で 2003 年に売りに出し、
それをテレビの連続 “ California’s Gold “ で知られるパーソナリテイ Huell Howser が買った。
2010 年 Howser は $ 750000 で、売りに出したが、その後 Chapman University に寄贈され、
今はここが所有している。







Route 66 facebook ページはこちら
をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    Camp Cady – Fort Cady ; Newberry Springs California

    <<Camp Cady – Fort Cady ( Camp Cady Wildlife Area )>>
    Wikipedia はこちら&こちら

    今の Newberry Springs の 12 mile 北 の Mojave Road の西の終点にあった Camp Cady は、
    1850 年代から Mormon Trail を通る荷馬車の休憩所で、水の供給地だった。

    the U.S. Army は1860 年のBitter Spring の遠征中に、Newberry Springs の北にキャンプを作った。
    ここは、Mojave Trail 沿いで旅人達を襲う the Paiute 族に対する為のベースキャンプで、
    ここを見つけた James Carlton 少佐と最初の U.S. Dragoon ( 騎馬歩兵連隊 ) である Company K によって作られ、
    少佐の友達である Albemarle Cady から名前をとって、Camp Cady と呼ばれ。
    それから Fort Yuma の指揮下となった。

    1861 年〜 1863 年の南北戦争中は廃所となっていたが、
    1862 年地域をパトロールしていた California のボランテイアが利用、
    Mojave Road を守る為に 1863 年に Fort Mojave が再駐屯し、
    南北戦争が終わるまで利用していた。

    1871 年頃インディアンが鎮圧され、収まると、
    Mojave Road の多くの宿場の一つとして U.S.Army が駐屯したが、
    宿舎は 1871 年 4 月 24 日に廃所となり、
    その場所には歴史的マーカーがある。

    現在 Newberry Springs の北、約 12 mile には Camp Cady Wildlife Area があり、
    川遊びや釣りができるリゾート施設となっている。


    <<Camp Cady Wildlife Area>>
    Website はこちら


    Route 66 facebook ページはこちら
    をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ

    Poe’s Café and the Mojave Water Camp ; Newberry Springs California

    <<Poe’s Café>>
    53070 County Route 66 Newberry Springs CA





    このあたりにあった。
    From Google


    poes cafesign
    今は無いが、Poe’s Café の看板
    from Google

    “ Desert Oasis “ とも呼ばれ、Richfield ブランドのガソリンを売るガソリンスタンドとカフェをやっていた。
    1949 年からは “ Poe’s Café and Continental Bus Stop “ と名前を変えている。
    1939 年の WPA のガイドブックには Pisgah と Newberry の間に、2 つの場所が、とある。
    “1つは MOJAVE WATER CAMP、136.6 m、
    もう一つは GUYMAN、137 m で、
    それぞれが寂れた建物の小さな集合体を持っていた。” と書かれている。

    WPA で Guyman とある場所が Poe’s Café と思われるが、
    その場所の Route 66 の南側には、
    西行の旅人達に見えるように、古い寂れた金属の看板がある。
    古い絵葉書の写真はこちら

    Rittennhouse の 1946 年の彼のガイドブック “ A Guide Book to Highway 66 “ では、
    この 2 箇所について、
    “ 一つは café と幾つかのキャビンとガレージのあるガソリンスタンドで、Barstow から 33 mile の場所に、
    もう一つは似ているが、ガレージは無く、Barstow から 32 mile の所にある。“と書いている。
    今はその場所には何も残っていないが、
    かつてあった場所は特定でき、今は個人所有となっている。


    <<The Mojave Water Camp>>
    0.5 mi west of Poe's, north side of US 66
    関連 Website はこちら
    1939 年の絵葉書には Barstow の東 30 mile とある場所に見え、Shell ガソリンを売っていた。
    画像はこちら
    古い絵葉書の画像はこちら


    Route 66 facebook ページはこちら
    をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ

    Whiting Brothers (Dry Creek) Service Station ; Newberry Springs California

    <<Whiting Brothers (Dry Creek) Service Station>>
    46680 County Rd 66, Newberry Springs, CA
    画像はこちら
    古い絵葉書の画像はこちら
    画像はこちら



    1951 年に建てられたが、Newberry Springs に I-40 がバイパス化された後の 1968 年にクローズした。
    その後 Itarian American 料理を出す ” Tony’s Café “ となり、
    建物の壁には “ Tony’s Itarian and American Restaurant “ と書かれたかすれた字が今もある。
    後にガソリンスタンドとなったが、
    それも潰れた。


    2016年11月撮影

    1982 年 Mary & Henry McGee が買い、以前の状態をそのまま残している。
    鉄道との結びつきで作られ、スタッコで塗られ、
    その天蓋は後に ” Dry Creek Station “ と再塗装させた木の薄板の看板があり、
    映画関係者がそこで映画を撮影してくれることを狙っての事だった。
    これで Don Campbell 監督、Greg Lewis と Amy Wheaton 主演の映画 “ Happenstance “ はここでも撮影されている。

    廃墟となっているが、
    汚れた 1970 年代当時のチープな価格のままとなっている元々のガソリンポンプがあり、
    Bennet Co. 製で、ガソリンは有鉛も無鉛も 11 セントの税金だった。





    painted by Jerry McClanahan


    <<Whiting Brothers>>
    Wikipedia はこちら

    4 人の Whiting 兄弟 ( Arthur、 Eamest、 Eddie、Ralph ) が 1926 年に作った会社で、
    成長して California から Texas までに 100 箇所以上のガソリンスタンドをオープンさせただけでなく、
    モーテルにトラックストップまで作った。

    その多くは Route 66 沿いにあったが、
    1980 年代半ばに会社は潰れ、
    殆どは廃墟となっているが、
    何箇所かは見ることが出来る。

    そのうち the Moriariaty Service Station ( New Mexico ) は、
    1954 年にオープンし、その後従業員が買い、
    The Sal & Inez Service Station としてオープンし、いまだに営業し続けている。

    Route 66 沿いの他の Whiting Brothers のガソリンスタンド、もしくはモーテルは
    San Fidel NM、Continental Divide NM、 Holbrook AZ などが残っている。



    Moriarity Whiting Brothers Gas Station
    2016年6月撮影


    Route 66 facebook ページはこちら
    をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ

    Cliff House ; Newberry Springs California

    <<Cliff House>>
    44544 National Trails Hwy, Newberry Springs CA
    関連 Website はこちら&こちら
    古い絵葉書の画像はこちら



    “ Cliff House “ は、1930 年代に建てられ、Newberry 山脈の険しい崖の麓にある建物。
    ガソリンスタンド、カフェで、疲れた旅人達の為のキャビンもあったし、郵便局と雑貨屋も兼ねていたし、
    Greyhound と Continental Trailways のバス路線の停留所だった。
    後に “ Newberry Market “、 “ The Post Office “ として知られていたが、
    今は雑貨屋 “ Deel Plumbing Heating “ となっている。


    2010年4月撮影



    2016年11月撮影



    中では日用品、
    そしてその奥では鶏のヒナ、飼料等を売っている。
    2010年4月撮影



    裏山はこのよう。
    2010年4月撮影

    建物の東側を上に上がると、右手の丘の上に水中ポンプと圧力タンク、
    そして前の施設が使ったいた石の水タンクが残っている。
    南側の丘を登ると、インディアンの象形文字と古代の洞穴がある。
    画像はこちら


    <<Abandonted Service Station>>
    Cliff House ( Deel’s ) のすぐ先、Route 66 を挟んで廃墟となったガソリンスタンドがある。
    ポンプはとっくに無くなっていたが、2010 年にはあったひさしも今はもう無い。
    ここは 1950 年代半ばまで、村の中で1軒だけ電話がある場所だった。


    2010年4月撮影



    2016年11月撮影


    Route 66 facebook ページはこちら
    をクリック!
  • Follow kariko2441 on Twitter


  •   人気ブログランキングへ

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Website「愛しきRoute 66」
    Route 66 facebook Page
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる