Pete’s Gas Station Museum ; Williams Arizona

<<Pete’s Gas Station Museum>>
101 E Rte 66, Williams, AZ
関連 Website はこちら&こちら
facebook はこちら



古い Route 66 の品と記念品を見るのに最高の場所で、オリジナル製品がほとんど。
オーナーの Ester & Pete は親しみやすく、Williams、Route 66、古いガソリンスタンド等について詳しく教えてくれる。
入場料は無料。
街の Route 66 では最高!


2010年4月撮影



2016年11月撮影


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “
スポンサーサイト

Grand Canyon Depot ; Williams Arizona

<<Grand Canyon Depot= Grand Canyon Railroad Station>>
Wikipedia はこちら
画像はこちら

the Grand Canyon Railway の元々の開発業者は、
銅山を運営するために1897 年に出来た the Santa Fe and Grand Canyon Railroad で、
The Santa Fe の子会社である the Grand Canyon Railway がプロジェクトを組み、
1901 年に the South Rim への路線を敷き、駅ビルを建てた。

駅ビルは 1909 年 〜 1910 年に、
Grand Canyon National Park の South Rimのthe El Tovar Hotel の向かい側になるように、
より古い the Bright Angel Hotel 近くから東へと移動して建てられた。
設計は AT & SF の建築家で Santa Barbara CA の Francis W. Wilson で、
the Bright Angel Hotel のリフォームの仕事に続いて、新しい駅も設計。
the El Tovar と同じ丸太の 2 階建てで、本来は 1 階が駅の施設で、2 階は駅の代理人の家族の為に設計されていた。
今1階は鉄道の乗客のサービスに使われている。
建物は合衆国内で建てられた約14軒の丸太の駅の中で残っているたった 3 軒の内の 1 軒で、
丸太は初期の建築材料として良く使われた。
The National Historic Landmark に指定されている。

地域が国定公園として指定される前の 20 世紀の初めに、
the Grand CanyonのSouth Rim をリゾート地として発展させるために、
Grand Canyon にマッチした素朴な建物として建てられた。
鉄道は国立公園が終着地点となるたった 1 つの路線で、鉄道の乗客に食事を出す鉄道のゴールとして必要だった。
しかし世の中は車での移動に変わっていき、乗客の駅としてのキャリアは 1968 年に終わる。

敷地は 1982 年に the National Park Service が購入。
The Grand Canyon Railway は駅、
そして Williams から he South Rim へのツーリスト路線を 1989 年に復活させた。
The Grand Canyon Depot は the Grand Canyon Village National Historic Landmark District に含まれ、
The National Historic Landmark に指定されている。


<<the El Tovar Hotel>>
Grand Canyon National Park, Rte. 8A, Grand Canyon, Arizona
Wikipedia はこちら
1905 年〜
画像はこちら



ここは以前の the Grand Canyon のSouth Rim にある Harvey House で、渓谷の縁に立つ有名ホテル。
the Fred Harvey Company が所有運営するホテル&レストランのチェーンの 1 つとして 1905 年にオープンした。
鉄道はホテルオープンの5年後に、鉄道の乗客に便利なように近くに駅 ( ホテルから100 m ) を建てた。
ホテルは今も運営されている少ない Harvey House の施設の内の 1 つで、
National Park Service Rustic の建築が進化した様式の初期の良い例である。
The Grand Canyon Game Preserve が 1906 年 Roosevelt の大統領令で確立され、
The Grand Canyon National Monument が 1908 年に公表され、
Grand Canyon National Park が 1919 年に議会で成立。
最初比較的小さなホテルとして計画されたが、増加する交通量に伴い拡張。
場所は鉄道の駅利用の為に合衆国政府より寄贈された 20 エーカー ( 8.1 ヘクタール ) で、
設計はT opeka, Kansas の鉄道の建築家 Charles Wuittlesey で、$ 25 万の建設費用のプロジェクトだった。
名前は Harvey Hotel に対する Spain の名前を使う伝統にもとづき、
地域の大きな川の報告をした Pedro de Tobar ( もしくは de Tovar ) から名前が取られた。

ホテルは渓谷の縁から 20 feet ( 6.1 m ) の自然の縁の上に “ 目的のリゾート “ として建てられ、
Yellowstone や Glacier National Parks のような景色の良い場所ホテルを鉄道が建てるトレンドの国立公園内の最初のホテルの 1 つであった。
鉄道は意識的に心地良い隠れ家を提供する素朴なリゾートイメージの建築デザインを採用。
Roosevelt は 1911 年、1913 年に the El Tovar に滞在し、1913 年の旅に関しての本を書いている。
The National Register of Historic Places に指定。




1983 年の映画 “ National Lampoon’s Vacation “ の一コマ



<<El Tovar Stable>>
Wikipedia はこちら
画像はこちら

Grand Canyon の South Rim にあり、1904 年頃近くの El Tovar と同じ頃に公園内を回る一般輸送で使われる動物を収容するために建てられた。
“ 輸送部 “と呼ばれ、厩舎、ミュールの納屋、鍛冶屋からなる 3 つの建物からなり、
馬小屋は最大の建物で、約 140 feet ( 43 m ) X 60 feet ( 18 m ) あったが、
火事の為に数カ所長さが 40 feet ( 12 m ) 短くなっている。
木枠の建物で、屋内は幌馬車の為と思われるオープンルームのあるメインの 2 つのスペース、上階は倉庫に利用され、貯蔵庫として利用されていた 3 つの部屋。 
階下の一方はオープンの馬小屋で、もう一方はクローズされた馬小屋で、大きな円窓がてっぺんにある。 

ミュールの納屋は馬小屋と似ているが小さく、約 90 feet ( 27 m ) X 60 feet ( 18 m )。
屋内は上下階があるが、馬の納屋よりも幾分小さな円窓がある。

鍛冶屋は 50 feet ( 15 m ) X 25 feet ( 7.6 m ) と約 35 feet ( 11 m ) のL字型の建物。
外観は他の 2 つの建物とマッチしている。
屋内は 3 つの部屋に別れていて、1 つは鍛冶屋の鉄工所。住居に使われ続け、
Grand Canyon の底の the Phantom Ranch へと行くツーリスト達が乗るミュール列車をサポート。

the Grand Canyon Village Historic District、a National Historic Landmark District の一部であるが、
納屋とショップは the National Register of Historic Places に指定されている。


<<Hull Cabin Historic District>>
Wikipedia はこちら
画像はこちら

入植者 William Hull が South Rim 近くに 1880 年代末に建てたキャビン。
The Hull 家は 1880 年に地域に着き、羊牧場を作り、Hull Tank を建て、傾斜した場所に貯水池を作った。
The Hull 家は最初に the Grand Canyon のツーリスト達相手のビジネスを始めた中の一人で、
1893 年 Hull 家の周りの土地は the Grand Canyon Forest Reserve に指定された為に、その地 Hull が離れた後、
キャビンは the Department of the Interior の資産となった。
1907 年 2 月 21 日キャビンとその付属物は Coconino National Forest に移され、the Hull Tank Ranger Stationに、
1910 年 Coconino から作られた Tusayan National Forest の本部となる the Hull Tank Ranger Station となり、
1919 年に国立公園の設立まで the Grand Canyon 地域を管理した。
ここは 1934 年に Kaibab National Forest へ組み込まれ、
運営が the Moqui Ranger Station へ移動した 1940 年まで Tusayan District の本部となった。
The National Register of Historic Places に指定。


<<Mary Jane Colter Buildings>>
Wikipedia はこちら
Mary Colter に関してはこちら
画像はこちら

Grand Canyon における Mary Colter に関して


Route 66 沿いで有名な女性建築家 Mary Colter が設計した Grand Canyon の建物 the Mary Jane Colter Buildingsが Grand Canyon National Parkに 4 つある。
1) Hermit’s Rest ( 1914 年 )
2) Desert View Watchtower ( 1932 年 )
3) Lookout Studio ( 1914 年 ) The Lookout として知られる。
4) Hopi House ( 1905 年 )

4 ヵ所をセットにして 1987 年に National Historic Landmark に指定された。
Hopi House と the Lookout Studio は the Grand Canyon Village Historic District に含まれ、
National Historic Landmark District 公園内で最も重要。
Hermit’s Rest は Grand Canyon Village の西へと数 mile の舗装道路の端にあり、
The Desert View Watchtower は Grand Canyon Village の東へ約 12 mile ( 19 km ) の visitor service 地区の中心であり、
the Desert View Watchtower Historic District に含まれており、
The National Register of Historic Places に指定。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “

Grand Canyon Railway ; Williams Arizona

<<Grand Canyon Railway>>
Website はこちら&こちら
Wikipedia はこちら
ツアーに関してはこちら
全線の路線図はこちら

Williams と Grand Canyon の間の地域には豊かな歴史と自然があり、多くの人達が何百年間にこれらの場所の旅をした。
1540 年 征服者 Coronado は 24 人のスペイン人と共に Cibora の黄金の 7 都市を探して地域をさまよい、
金の代わりに、素晴らしい the Grand Canyon を発見した。
それは金よりも偉大な宝だった。
1857 年 Edward F. Beale 中尉に導かれた遠征隊はここを通り、
調査して作った The Beale Trail は milepost 14 で約 1.5 mile 鉄道と平行して走り、それから西へ向かう。


2013年9月撮影



2013年9月撮影

1901 年、the Atchison, Topeka and Santa Fe Railway はWilliams から Grand Canyon の South RimのGrand Canyon Village への支線を敷設し、その年の 9 月 17 日に Williams からの the Grand Canyon Railway の最初の列車が到着し、その時の 64 mile ( 103 km ) の料金は $ 3.95 だった。

鉄道は Canyon Rim から丁度 20 feet ( 6.1 m ) の場所に the El Tovar Hotel を建設し、
1905 年の 1 月にオープンさせた。
しかし世の中は車時代となり、鉄道の収益を上げるのは大変で、1974 年まで貨物輸送の利用を続けたが、
1968 年 7 月 ( 3 人の乗客だけの最後の走行で ) に運営を終了し、多くの線路沿いの建物を破壊した。

TV のパーソナリテイ Arthur Godfrey 他数人が the Grand canyon Railway 復活計画を立てたが、承認されず、
その後何度かオーナーシップが変わり、誰も路線の復活を信じなかった。
が 1989 年 9 月 17 日に観光列車を再生。今では毎年 20 万人以上の人達を運んでいる。


2013年9月撮影

The Grand Canyon Railway は環境面での取り組みをもしており、
蒸気エンジンは石炭からクリーンに燃やす油や灰色の水に変えた。
Memorial Day から Lobor Day まで蒸気機関車を走らせていたが、2008 年に環境を考慮して取りやめた。
列車の年間の全てのデイーゼルの運営は燃料の量を少なくし、
これらは温室効果ガス排出と空気汚染を減らす事となった。

駅の横には Museum があり、
又 No.20 の 1910 年製造の蒸気機関車と、1923 年に作られた Harriman coach car を見れる。
the Grand Depot Café で食事も取れるし、夕方には David Bixby とその友達によるショーがある。

1923 年製造の Harriman Car の優しい揺れ、古い鉄道の線路のクリッキーで頑丈な音は心休まる。
そして The Grand Canyon Railway からの美しい景色は最高!




facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “

Williams Depot ; Williams Arizona

<<Williams Depot>>
233 N Grand Canyon Blvd. Williams AZ
1908 年〜
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら

歴史ある駅で、今も利用され、一般公開されている。
屋内に Grand Canyon Railway のチケット売り場と直営のショップがある。
ショップは Route 66 関連の雑誌や地図が充実しており、
季刊の 「 Route 66 Magazine 」 も指定代理店以外ではここでしか手に入らない。


2013年9月撮影

Williams 市所有の鉄道の駅で、the Grand Canyon Railway の駅として利用され、
Phoenix からの the BNSF の路線が隣接しており、
Williams の東約 3 mile ( 5 km ) の Williams Junction で、the BNSF Phoenix 路線は主線と合流するが、
ここで Amtrak の Southwest Chief 列車が毎日停まる。
全ての Amtrak は Williams を往復しているが、Williams Junction は 2018 年 1 月 1 日に閉所となる。
これに関してはこちらを。


2013年9月撮影

1908 年 the Atchison, Topeka and Santa Fe Railway は駅と隣接の Fred Harvey hotel The Fray Marcos を建てた。
以前の駅は A & P Railroad により1885 年に作られたもので、1904 年まで利用されていたが、
今は商工会議所として使われている。
最近の駅は 1989 年に再建された。


2013年9月撮影



駅の構内で、ガンファイターのショーが。
2013年9月撮影

Grand Canyon Railway の列車が毎日 Grand Canyon Railway の南端にあるこの Williams Depot からスタートする。
駅は、正式なダイニングルーム、カフェ、バー、ニュースルームだけでなく、
43 室の Harvey House Hotel の 1 つがあるので、
Los Angeles から Chicago への主要路線を行き来する旅人達にとってのオアシスだった。

今日、駅は Grand Canyon Railway の乗客達のチケット受取場所となっている。
又 Grand Canyon Railway と Grand Canyon に関するギフトショップがある。
The Williams Depot と本来の Fray Marcos Hotel は Arizona 州最古のコンクリートの建物で、
the National Register of Historic Places に指定されている。


<<Fray Marcos Harvey House>>
235 N. Grand Canyon Blvd. Williams AZ
関連 Website はこちら
古い絵葉書の画像はこちら
Harvey House に関してはこちら



Fred Harvey House Hotel の 1 つ。
Fred Haevey Hotels はお客様への質の高い食事とサービスを提供するホテルとして、
19 世紀後半から、20 世紀初頭にかけて Santa Fe 鉄道の経営の中で重要な部門だった。
当時鉄道が西へ西へと伸びるにつれ、
Fred Harvey Company は Santa Fe 鉄道沿いに Harvey House として知られるホテルとレストランのチェーン店を作っていった。
Fred Harvey Company はホテルの名前を時に初期の探検家達の名前から名付けていたが、
ここは 16 世紀初頭に南西部を探検した Spain の宣教師 Marcos de Niza にちなんで名付けられた。

1908 年に Renaissance Revival 様式の 22 室のホテルとしてオープンし、隣接する駅も同年にオープン。
1925 年に 21 室が増築された。
鉄道労働者、牧場労働者、森林労働者が多い当時の町中ではダイヤモンドのように輝く存在で、
ランチルーム、フォーマルダイニングルーム、ニュースや写真ルーム、
美しい暖炉とタバコスタンドのあるインディアンルーム等の良く考えられたモダンなアメ二テイを備えていた。

ここで働く有名な Harvey Girls 達はダサい田舎者たちにもきちんとしたサービスをし、
白に黒のラインの入った制服を着た彼女達がこの地に礼儀と愛嬌をもたらしてくれた。
歴史ある建物は、今は宿泊できないが、一般公開されていて、
その一部は the Grand Canyon Railway のギフトショップと会社のオフィスとなっている。
1908 年標高 6767 feet ( 2062 m ) に建てられた the Williams Depot は今も建設当時とは余り変わってはいない。
列車に乗り込む際の煉瓦のプラットフォームは 1908 年当時の物で、
The National Register of Historic Places に指定されている。


<<the Grand Canyon Railway Hotel>>
235 N Grand Canyon Blvd, Williams, AZ
Website はこちら

本来の古い駅ホテル ( Frey Marcos Harvey Hotel ) にはもう宿泊はできないが、
新しく the Grand Canyon Railway Hotel が元々のホテルから芝生を渡った右手に、
1995 年に歴史ある Fray Marcos Hotel に似せて設計されて建てられた。
2000 年初頭に 107 室を増築、2004 年には 3 度目の改装と92室とスイート・ルーム 10 室が増築され、
室内プール、ホットタブ、ジムも作られ、質とサービスに対する元々の Fray Marcos Hotel の評判と伝統を守り続け、
今も Williams で最高のホテルとして認識されている。




facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “

Williams & Forest Service Visitor’s Center=Santa Fe Railway Fright Depot ; Williams Arizona

<<Williams & Forest Service Visitor’s Center=Santa Fe Railway Fright Depot>>
200 W Railroad Ave, Williams, AZ
Website はこちら
Santa Fe Fright Depot の Historical Marker に関してはこちら
facebook はこちら



Williams と周辺地域についての情報を提供している場所で、
Grand Canyon Blvd. と Railroad Ave. の北西の角の歴史ある Santa Fe Freight Depot にある。
この煉瓦作りの建物は、火事で焼けた初期の木造の駅が建て替えられ、
乗客列車の駅として 1901 年に建てられ、
後に電報と鉄道の事務所となり、
The Fray Marcos depot が 1908 年に建てられた後、貨物の駅として利用された。
古い highway に道をあける為に 1914 年に鉄道の線路を越してここに移動した。
1970 年代初頭に閉所となったが、建物は強固のままで、
1984 年に the National Register of Historic Places に指定された。
Williams 市が 1992 年に建物を買い、市民のボランテイアグループが基金を調達し、建物を改修し、
1994 年に Visitor’s Center としてオープンした。


2013年9月撮影

The Visitor’s Center は地域の歴史を共有する一方、
有益で教育的な展示を提供するために、the Kaibab National Forest Service とパートナーを組んでいる。
The Visitor’s Center ( Arizona Tourist Information Center ) は年中無休で、
8;00 から 17;00 までオープンしており、書籍販売等の応対もしている。
お土産品、the Grand Canyon、Route 66、地元の歴史に関する本、ハイキングの地図、Forest Service の地図やビデオなどの販売もしている。

親しみのあるスタッフが、
地元のレストランやショップ、ホテル、キャンプ場、ハイキング、釣りについて幅広い沢山の情報を提供してくれ、
最高の北 Arizona の情報源を揃えた1箇所とも言える。
Grand Canyon Railway の旅、Grand Canyon を飛ぶヘリコプター、ジープツアー、the Colorado River を下るラフテイング等の旅の手伝いもしてくれる。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。
Website「愛しきRoute 66」
Route 66 facebook Page
Facebook group「愛しきRoute 66」

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

Songs of " Route 66 "
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる