FC2ブログ

Daggett 2

Calico銀山をサポートする鉱山管理センターとして作られた町で、19世紀の時代に栄えた。
銀鉱石を粉砕する工場のあるCalico Stationまで狭いゲージの鉄道が敷かれていた。
当初はCalicoの大きな輸送センターがあって、その当時の大きなビルが未だにたくさん残っており。
当時の繁栄振りがわかる。


<<Desert Market>>
Daggettの初期の頃からの雑貨屋。
1908年の火事で壊れてしまった。
その後、東から舗装した道路を来る人たちのために、
Mojave砂漠では始めて、防火設備の整った建築物として再建された。



<<Stone Hotel>>
1875年に建てられ、2つの談話室があり、その上に大きなガラスのドーム、
そして2Fにバルコニーを持つ1つの談話室があったが、
3度も火事となり、1908年に今残っている一つの談話室のホテルに再建された。



<<Poe’s Staion Café & Bus Stop>>
Barstowの東30mile、Ludlowの西約20mileにあって、Pisgah山の水の流れの西の限界の所。
後にDesert-Oasisと名前を変えた。
古いスタイルのガソリンのポンプがあって、これは1950年からのものと思われる。
Desert Oasis Caféは1968年にBarstow市に登録されたが、
Newberry Springsから9mileの所にあってこちらのほうが近かった。
がHighway66がInterstate(Freeway)となった同じ年にクローズした。


  • Follow kariko2441 on Twitter
  •   
    スポンサーサイト



    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    Daggett 1

    Calico銀山をサポートする鉱山管理センターとして作られた町で、19世紀の時代に栄えた。
    銀鉱石を粉砕する工場のあるCalico Stationまで狭いゲージの鉄道が敷かれていた。
    当初はCalicoの大きな輸送センターがあって、その当時の大きなビルが未だにたくさん残っており。
    当時の繁栄振りがわかる。

    <<Ski Lodge Roof House>>
    メインストリートの南西角にあるDaggettのランドマークとも言える古びたユニークな建物。
    1926年、Visitor Information Center & ガソリンスタンドとしてオープンし、
    かってはカフェで、Route66を通る旅行者などに人気があった。
    1930年代後半、Ralph & Alice Salisburyが買って住んでいた。Aliceは有名な作家で、詩の賞を取ったこともあるが、
    今は他の個人住宅となっている。
    カーブしてとんがった屋根のデザインが特徴的で、
    雪の多いロシアの家を思い起こさせるもので、砂漠地帯にはなんとなく似合わない。
    多分シベリアから来た大工が建てたものだろうが。

    "Photos courtesy of the National Historic Route 66 Federation www.national66.org."


    Ski Lodge Roof Houseのある角を左へ曲がっていくとあるのが、
    <<Daggett Ditch/ Minneola Canal>>

    1902年に出来たDaggettと6マイル東のMinneolaの間の農業用に作られた。
    この汚い用水路は上流の深堀り井戸から、蘭やアルファルファの農場へ灌漑する為のもので、
    赤い木の厚い板でカバーされたコンクリートの側溝の建設は、
    1917年に始まり、2年かけてDaggetの東約1マイルまで作られ、その後6マイルの長さにまでなっている。

  • Follow kariko2441 on Twitter
  •   

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    Mojave 砂漠


    Barstowで降りて、東の方へ行き、
    I―40号線の下をくぐるとこのcafeが左手角にあります。
    このcaféの後ろを走っているのがInter 40号線。
    このcaféの前を左へ(写真では右)曲がり、40号線に沿って走るのがRoute66。
    これからMohave砂漠を数百キロ走るのです。

    <<Grey Stone Café & Auto Shop>>
    31317 E Main Street Barstow
    1918年より
    古いRoute66の駅。ショップ、キャビン、ガレージからなる建物であった。
    建物はもともとあった川の石で作られていた。
    90年間はそのままの形で残されていたが、2007年に取り壊されて、今は無い。



    大きな地図で見る


    <<California Inspection Center>>
    1955年~
    大きな屋根を持っている建物だけど、今は誰も使っていない。
    かっては西部開拓の労働者達でにぎわったものだったが、Interstate 40号線が出来ると、Needlesの方へ移された。
    John Steinbeck 著の「怒りの葡萄」の中に出てくることで有名。



    <<Daggett>>
    Calico銀山をサポートする鉱山管理センターとして作られた町。
    銀鉱石を粉砕する工場のあるCalico Stationまで狭いゲージの鉄道が敷かれていた。
    当初はCalicoの大きな輸送センターがあって、その当時の大きなビルが未だにたくさん残っている。
    そんなDaggettを明日はご案内。


    大きな地図で見る

    鉄道の町としても有名。


  • Follow kariko2441 on Twitter
  •   

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    Peggy Sue's 50's Diner 4

    Motelのインド人のおじさんが、「寄ると良いよ」と教えてくれた所。
    さりげなく教えてくれたので、たいしたところだとは思わなかったけれど、
    砂漠のど真ん中にある50年代満載のすごい所。
    いるだけで楽しくなる。


    家族連れも多い。


    各テーブルのセッテイング。


    パウダールームのドア。
    超かわいい!


    駐車場にはずらりとツーリングのバイクが並びます。
    もちろん全てHarley Davidson。


    カスタマイズしていて、それはかっこいい!
    アメリカの国旗をなびかせて走ります。






    I-15号線を約10マイル、Barstowまで戻ります。
    こんな田舎でも4車線。
    広くてまっすぐな道。
    すごく走りやすい。

  • Follow kariko2441 on Twitter
  •   

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    Peggy Sue's 50's Diner 3

    Motelのインド人のおじさんが、「寄ると良いよ」と教えてくれた所。
    さりげなく教えてくれたので、たいしたところだとは思わなかったけれど、
    50年代満載のすごい所。
    ぜひ行って欲しい、見て欲しい!
    いるだけで楽しくなる。



    隣のお部屋はプレスリーのお部屋。


    実物大のプレスリーのマネキンが。


    プレスリーの反対側の壁。
    OZの魔法使い、チャップリン、


    プレスリーの反対側の壁はこんな感じ。
    皆さん、ノリが良くてカメラを向けると、イエ~イ!


    次のお部屋にはJuke Box、マリリン・モンロー、そしてBlues Brothersが踊ってます。
    こちらも実物大の大きさ。


    Blues BrothersのJakeの横ではプレスリーがRock’n Rollを!


    次のお部屋は満席。
    壁にはずらりと絵や写真が。


    部屋の片隅のJuke Boxのところには、ローラースケートを履いたこんなマネキンが。


    こちらはPizzaコーナー。
    テイクアウトも出来るようで。


    裏手には広いオープンエアのコーナーもあります。


    暖炉の横にもBlues Brothers,、マリリン・モンロー、プレスリー。

  • Follow kariko2441 on Twitter
  •   

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

    Route 66 上のまちについての情報 Blog。
    まちの名前は<<< >>>で、
    名所や建物などは<< >>で表示。
    お気づきの点等はご指摘ください。
    Facebook group「愛しきRoute 66」

    Illinois 州
    Missouri 州
    Kansas 州
    Oklahoma 州
    Texas 州
    New Mexico 州
    Arizona 州
    California 州

    Songs of " Route 66 "
    Coloring Book Selling Places
    Translation
    プロフィール

    Mariko Kusakabe

    Author:Mariko Kusakabe
    憧れのアメリカの象徴 Rout66。
    走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
    Find on Route 66 what You Lost!
    無くしたものが見つかる道。
    ここで何かを感じていただきたい。

    カレンダー
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    リンク
    FC2カウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる