FC2ブログ

West Point Christian Church : Yukon Oklahoma

<<West Point Christian Church>>
1600 S Richland Rd, Yukon, OK ( Yukon に関してはこちら )
Website hこちら
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら
Facebook はこちら



Yukon の町の中心部からは少し離れてはいるけれど、
できれば訪れてほしい歴史ある教会。


交差点の角に立っているので、この案内板が敷地の角に。
2020年1月撮影



2020年1月撮影



2020年1月撮影

1889 年の Land Run により非 Indian の入植者に開放された Indian テリトリーの地域で始まった。
すぐに日曜学校が始まり、この場所の近くで行われた。
1898 年までに会衆は教会建設の為の基金を確保。
1 エーカーの土地がメンバーから寄付され、この美しい木造の教会がほとんど会衆の手創りで建てられた。
教会は 1899 年 7 月 3 日に献堂され、それ以来ずっと礼拝を続けてきた。

この建物の美しさはそのシンプルさで、
それは顕著な中央入口の塔とその尖ったアーチ窓のまぐさのある Carpenter Gothic の完璧な例。
地元で砕石された石の土台の上に置かれ、切妻の屋根がある。
サイデイングは塔の鐘の部分に魚の鱗状 こけら板のある典型的なラップサイデイング。
西向きの入り口には、二重の 4 パネルの木製ドアがある。

第二次世界大戦で無くなった二人の教会員に捧げられた控えめで伝統的な木造の教室棟が、
1945 年 〜 1946 年に建物の南東の隅に追加された。
この棟は 1982 年に拡大され、キッチン、教室、トイレが追加された。

礼拝堂の内部も作りはシンプルで、木の床、真っ直ぐな木の椅子、手彫りの説教壇がある。
オリジナルの石炭を燃やすストーブと石炭ランプはセントラルヒーティングとエアコンに置き換えられた。

教会はシンプルさと継続性の美しい例で、建物はきちんと整備され、
120年以上も前に建てられたとは思えないほど良い状態を保っている。
The National Register of Historic Places に指定。


The National Register of Historic Placesのプラーク
2020年1月撮影



教会のために土地を寄付した Charles Little 家に対する感謝のプラーク
2020年1月撮影



礼拝堂の内部
2020年1月撮影



入り口部分。
変わった形の天井。
2020年1月撮影



2019 年 9 月創設 125 周年を祝うイベントの新聞記事
2020年1月撮影


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



Main Street in Yukon ; Oklahoma

<<Main Street in Yukon>>
( Yukon に関してはこちら )
開通時からメインストリートである Route 66 には今も古い建物が並ぶ。

<<the Mulvey Mercantile>>
425 W. Main, Yukon, OK
Wikipedia はこちら



Mulvey Mercantile は 1893 年に設立されたハードウェア、農機具、乾物などの販売会社で、
この建物は 1904 年に乾物店として建設された。
1930 年代に大恐慌によって破産し閉鎖するまで、Yukon 最大の小売店だった。

2 階建ての赤レンガの商業ビルで、1 階には埋込式の入り口の両側に大きな窓があった。
ひさしの上には明り取りの 10 の窓があり、2 階には大きな窓がある。
何年間もハードウエア店として運営していたが、最近は室内装飾会社が入っている。
” Mulvey Mercantile “ と言う文字が入り口部分の白いタイルに黒いタイルで埋め込まれていた。
The National Register of Historic Places に指定されている。


2019年12月撮影



2020年10月撮影


<<その他の建物>>


2019年12月撮影



Barber Shop
2019年12月撮影



2020年1月撮影



2020年1月撮影



2015年6月撮影



2015年6月撮影



2015年6月撮影


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “

Yukon Library ; Yukon Oklahoma

<<Yukon Library>>
512 Elm St.,Yukon OK ( Yukon に関してはこちら )
Wikipedia はこちら





2019年3月撮影

Yukon にある公立図書館で、レンガ造りの Colonial Revival 様式の建物はオリジナル。
1905 年に組織された Yukon Ladies Library Club が、
1927 年に $ 4500 の資金を集めて建て、Club が Yukon 市立となる 1979 年まで図書館の財政的支援と運営を続けた。
1980 年に新しい図書館ができ、以降保管庫として利用されていたが、
今は Yukon の商工会議所の所有となって利用されている。
Oklahoma City の建築家 Sorey & Vahlberg の設計。
The National Register of Historic Places に指定。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “

Yukon Railroad Station ; Yukon Oklahoma

<<Yukon Railroad Station>>
( Yukon に関してはこちら )


2020年1月撮影



2020年1月撮影



2020年1月撮影

木造の昔の鉄道の駅で、今は物置に使われているが、すぐ北にある金属発電所とともに残されている。
20 世紀前半に、the Oklahoma Railway Company は既存の電気鉄道路線を取得し、それとトロリーシステムとをつないだ。
システムは 1902 年に Oklahoma City 地域で始まり、
最終的にその Interurban 路線は Oklahoma City と西側の Putnam City、Bethany、Yukon、El Reno、
南の Moore と Norman、北の Nichols Hills、Britton、Edmond、Guthrie を結んだ。
この建物は Yukon の Interurban システムの乗客用の駅だった。
駅舎のすぐ横の建物には、東側にトロリーが描かれた壁画がある。


Interurban の壁画
2020年1月撮影



壁画につけられているプラーク
2020年1月撮影

プラークには、
「The Interurban Railway
1908 年 12 月から 1911 年 8 月まで存在していた。Oklahoma City Railway Co. が会社を購入し、Yukon 系由で、Oklahoma City とEl Reno 間を 1946 年まで運行していた。Fred Maier が 1928 年から 1946 年まで Interurban の駅でエージェントだった。Fred Maier を記念して」 とある。
.

facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “

Yukon Mill : Yukon Oklahoma

<<Yukon Mill>>
( Yukon に関してはこちら )
関連 Website はこちら


from Google

Yukon の産業を何十年間支えてきたのは製粉事業だった。
それは小さな製粉会社 the Yukon Mill & Grain Company が、
1893 年に小さな穀物エレベーターと製粉所を設立したことから始まった。
それを1 903 年頃 John F. Kroutil と Frank L.Kroutil が会社を拡大した A.F.Dobry と共に買収。
それから同工場は 1915 年までには小麦粉と飼料を南部に出荷し、海外に輸出するまでに成長し、
1930 年代には一日あたり 2000 バレルの小麦粉の製粉能力があり、南西部最大の小麦粉工場となった。

製粉事業は the Kroutil 家と Dobry 家が所有していたが、
1933 年に Dobry 家は Kroutil 家にすべてを売却し、通りの反対側に第二の製粉工場 Dorby Mills を建てた。
その後大企業 Shawnee Mills が Yukon Mill & Grain Company を、Mid-Continent が the Dobry Mills を買収したが、
1972 年に Mid-Continent が歴史的な Yukon Mill & Grain Company をも買収。
2 工場が再び一つになって、
今も Yukon のメインストリートで稼働し続けている。

その歴史に敬意を評し、Yukon 高校の生徒達は ” Millers “ として知られ、彼らのマスコットは “ the Miller Man “ となっている。
町の東側の Route 66 の両側に立つ大きなサイロは Yukon のランドマークともなっている。
穀物エレベーターサイロの側面は両方共白く塗られており、
Yukon Mill & Grain Company のエレベーターの屋上にある 42 feet X 55 feet のネオンサインは省エネ LED を利用し、
夜間に “ Youkon’s Best Flour “ と点灯する。


<<Yukon’s Best Flour Mill>>
45 S 3rd St, Yukon, OK   
1902 年〜
関連 Website はこちら&こちら
facebook はこちら

正式名は Cobby Flour Mill Grain Elevator で、
“ YUKON’S BEST FLOUR “ と大きくて派手な文字が書かれている巨大な穀物エレベーター。
Route 66 を挟んで、MFC Farmers CO-OP の反対の南側にある。
1902 年に会社を立ち上げた Joh F. Kroutil は、妹と結婚して縁続きとなった Dobry と the Yukon Mill & Grain Company を買収し、
Dobry 家が Route 66 を挟んだ E.Main St. に独自の製粉工場を立てる 1930 年代まで共同経営をしていた。
会社は急速に成長し、1915 年までに海外への輸出をするまでになった。

その運営の初期の火事で、元々の製粉工場の建物の多くが破壊されたたために、
オリジナルの製粉工場は残っていないが、
工場は再建し、運営を続け、火事はレベルを上げるチャンスとなり、
新しい方法を組み込み、オリジナルの技術的な欠陥を修正した穀物エレベーターが、
今も W. Main St. ( Route 66 ) と鉄道の線路の交差点に立っている。

1972 年以来 Mid-Continent が所有している。
建物は北の端には石積みの 10 本のサイロと中央のエレベーター。
建物の北と南に “ YUKON MILLS “ と “ YUKON’S BEST FLOUR “ と書かれたネオンサインが夜点灯する。
市の象徴的な “ Yukon’s Best Flour “ のネオンサインは、
2013 年 6 月に市民が $18 万を集め、LED 照明を使った改修が行われ、
歴史的なかつてのネオンサインがビルの屋上に蘇った。
エレベーターの東側の壁には “ Yukon’s Best Flour / No Finer or more modern mills in Americ / Yukon Mill & Grain Co.- Yukon, OK / Yukon Czech Capital of Oklahoma “ と書かれており、2019 年にはモダンな壁画も描かれた。
Yukon のランドマークとなっている。


2019年9月撮影



石積みのサイロ
2015年6月撮影



建物の裏側
2019年3月撮影


<<MFC Farmers CO-OP>>
221 W Main St. Yukon OK
1902 年 〜
関連 Website はこちら


2019年12月撮影



建物の裏側
2020年1月撮影



2015年6月撮影

Dobry は Yukon に定住し、1903 年に Kroutil 家の兄弟と共に the Yukon Mill and Grain Co. を買収し、共同経営者となった。
1933 年に全株を売り払い、1934 年に Dobry Flour Mills Inc. を設立。
通りの反対側に Dobry Mills と呼ばれるこの製粉工場とエレベーターを建て、
1972 年に Mid-Continent に買収されるまで、この製粉工場を運営していた。
1980 年代から 協同組合 “ MFC Farmers CO-OP “ に変わり、
1999 年以降、 Mid-Oklahoma Cooperative が管理しており、肥料、化学薬品、飼料、種子等を扱っている。
6 階建ての石積みの東西に長い建物で、東にサイロがある。
夜は上部に電球が点滅する。


<<Old Mill Building>>
資料が見つからず、詳しいことはわかりませんが、
製粉業に関わるビルだと。


2019年3月撮影



2019年3月撮影


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる