Bluewater ; New Mexico

<<<Bluewater>>>
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら



Cibola County の Zuni 山脈の麓、Route 66 を外れた小さな農業の村で、ほとんどゴーストタウンだが、
Bluewater 小学校、Bluewater 郵便局がある。
近くには 1954 年から 1982 年まで “Anaconda Copper” が運営していたウラニューム工場があり、
その前は Bluewater Mill (製材所)だった。
ここは、the Uranium Mill Tailings Radiation Control Act の法の元、1995 年に再生され、
the U.S. Department of Energy がモニターしている。
Bluewater Lake State Park と、
1936 年から 1973 年まで営業していた Bowlin’s Old Crater Trading Post で良く知られている。

人は 1 万年以上もの間この地域に住んでいて、高地の砂漠地域に水を供給する小川があった。
この地域に住んでいた Native American は Rocky 山脈から流れ出る川の近くに村や “Pueblos” を作った農民達だった。
Navajo Indian によって時々襲撃されていた今の Bluewater 地域は、
1821 年 Spain から Mexico が独立した後その一部となり、
1848 年 Mexico-America 戦争で Mexico が敗北した後、U.S. に譲渡された。
1850 年代、フランス人 Martin Boure が今の貯水池の上に灌漑ができる小さな農場を作ったが、
それは今も残っていて、ここが Bluewater Creek の起源。

1860 年代初め、U.S. 軍は Navajo を負かし、地域を鎮めたので、住民の流入が増加となった。
1870 年代数人のフランスの牧場主達が地域へやってきて牛の会社を立ち上げ、小さな貯水池から牧場へ灌漑をした。
町は the Atlantic and Pacific Railroad (後の Atchison Topeka & Santa Fe Railroad) が 1881 年に駅を作り、
Bluewater Creek と名付け、1889 年郵便局ができた。

地元の牧場主達は 1885 年にクリークの上にダムを作ったが、1 年後に水害で流され、
又 1891 年 〜 1892 年地域は何度も干ばつに襲われ、多くの牛が死に、
負けた牧場主たちの多くは諦めて 1892 年に地域を去った。
the Cottonwood と Bluewater Creeks が合流する場所に再び灌漑用のダムが作られ、
すぐに他の Mormon の家族がそこに住み、農作の灌漑ができるようになったが、1904 年に再び流されてしまった。

すぐ近くの Ramah に住んでいた Mormon の Ernest A. Tietjen が 1905 年に所有権を取得して移り住み、
土地の調査をし、町の区画をし、最初の Bluewater の家土地を 1910 年に $ 15 で E.H.Dewey に売り、
すぐに学校を建てた。
町は部分的に彼の私有地で、Thomas McNeil の土地の一部でもあり、村は Mormontown と名付けられ、
村の東に鉄道も敷設され、貨物集積の駅と 2 つの Motel、カフェ、ガレージ、ガソリンスタンドがあるだけだったが、
結構活気があった。
鉄道の駅は残ったが、その横に住んでいた人たちは Mormontown へと移り、Bluewater に名前を変えた。

ダムはセメント構造で作られ、
次に the Toltec-Bluewater Irrigation District が 1926 年 〜 1927 年に新しいコンクリートのアーチダムに置き換えられた。
水は Grants に流れ、農家の灌漑のために使われると、当時の “ Carrot Capital of America “ となり、
後にウラニューム掘削のために使われた。

1926 年 Route 66 が Bluewater の北を通ることになり、
小さい鉄道の駅、1 軒の trading post、2 軒のモーテル、1 軒のカフェ、ガレージ、ガソリンスタンドができ、
更に繁栄していった。

1935 年 Claude Bowlin が the Old Crater Trading Post を建てた。
ここは Route 66 を走る旅人たちに人気だったが、
I-40 がバイパス化した 1973 年にはほとんどのビジネスはクローズし、Trading Post もクローズ。
今残っているのは Bluewater Motel と Allein’s Garage の廃墟だけ。
Bowlin’s Bluewater Dairy Queen Travel Center は今も地域に貢献している。

1981 年に Valencia County が分裂した時、Bluewater は Cibola county の一部となった。


<<Bluewater の名前>>
溶岩が流れ出る随分前の渓谷には長さ 7 mile、幅 3 mile の湖があり、
その岩の中にミネラルが入っていて、水が綺麗なブルーになることから名付けられた。
Spain の探検家達は、地域を Native の名前で “ Agua Azul” (Blue Water) と呼び、
それから “Bluewater Valley” と名付けられた。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “
スポンサーサイト

Prewitt 散歩 ; New Mexico

<<Tomahawk Bar>>
1523 State Highway 122 Prewitt NM
facebook はこちら



派手なピンクのかまぼこ型の建物で見過ごすことも無い。
1947 年に建てられ、バーだけでなく、Trading Post もやっている。
速く組み立てられるプレハブ方式の構造で、第二次世界大戦の間に発達した。
波型亜鉛メッキ鋼から作られ、名前は 1941 年に Rhode Island で最初に作られた街から来ている。


2016年11月撮影


<<Swap Meet 66>>
「Swap Meet 66」と書かれた大きな看板が屋根の上に乗っている古い納屋。
納屋の周りには、
たくさんのタイヤのホイールやライアセンスプレートやタイヤやガラクタがたくさん積み上げられていて、
屋内には収集されたものが一杯。


2016年11月撮影


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “

Traing Post in Prewitt ; New Mexico

<<Prewitt’s Trading Post = Justin’s Trading Post>>
画像はこちら
1916 年、Colorado の Gunnison から来た Harold と Bob の Prewitt 兄弟 が、
Baca に “Prewitt’s Trading Post” をオープン、
地元はすぐにその場所を兄弟の名前から Prewitt と呼んだ。
それは Navajo の人々には “White House” として知られていた。

Native American との交易は有利なビジネスで、ショップでは彼ら自身の通貨 ( トークン ) が作られ、
Indian 達は彼らの工芸品を売り、同じ Trading Post で買い物ができるトークンを使い、
これで顧客が出来ていった。

Token の画像はこちら
Prewitt’s Post が彫られたトークン;“Prewitt Trading/Post/Prewitt、N.M.”。
裏側は:”Good For/10/Merchandise”。

1946 年に Justin & Odessa LaFont が購入し、“Justin’s Trading Post” となった。
後に “The Zuni Mountain Trading Post” が建てられるまでは、
”Justin’s” がこの地域唯一の旅人向けのビジネスだったので、
新しい Trading Post の開店は深刻な競争になり、
数年間 2 つの企業は、ガソリン価格、カフェの食事、Indian グッズ等、全てのレベルではりあい、
それはウラニュームが発見され、地域の鉱山がオープンする 1950 年代まで続いた。

結果 “The Zuni Mountain Trading Post” は閉じ、
鉱山労働者や Indian に利用されるようになり、
”Junstin’s” の方は旅行者向けビジネスとして発展していった。
後に “Western Shop” と呼ばれるようになったが、
I-40 でバイパス化された 1958 年に閉じた。


<<The Zuni Mountain Trading Post>>
the Continental Divide 近くで the Great Divide Trading Post を持っていた Bert の兄弟 T.B.Greer が、
1946 “ the Zuni Mountain Trading Post” をオープンした。
ここはグッズや骨董品を売るのではなく、モーテルカフェやガソリンスタンドをやっていたが、
すぐに Indian Trading ビジネスで有名な Ortega 家の家族だった Dave & Betty Ortega へそれを売った。
ウラニューム鉱山全盛期の時代、”Junstin’s Trading Post” が Route 66 を走る旅人達相手に営業していたが、
こちらは鉱山労働者や地元の Indian 達に食事を出すことに焦点をあてていた。

I-40 が Prewitt をバイパス化した時、
Ortega はビジネス路線を変え、Native American の手工芸品とアクセサリーの小売と卸を中心とし、
南西部のあちこちに店を開いてどんどん発展していった。
しかし Dave Ortega は 1980 年に亡くなり、
妻の Betty はその後店を色々な人々に貸していたが、壊されてしまった。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “

Prewitt ; New Mexico

<<<Prewitt>>>
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら



McKinley County の小さな村で、郵便局はあるが、今やゴーストタウン。
この地域には昔から Navajo Indian が住んでいて、南には the Pueblos がある。

1540 年 Spain の Francisco Vásquez de Coronado 率いる遠征隊が Acoma と Zuni の村近くに到着した。
彼らは地域を訪れた最初のヨーロッパ人だった。
彼らは 1597 年以降になってやっと New Mexico に住むようになったが、
1680 年 〜 1692 年の Pueblo の反乱で追放され、
Mexico が 1821 年に独立するまで土地を守った。
今 Prewitt がある地域は当時誰も住んではいなかったが、
1846 年 〜 1848 年の Mexico-America 戦争後、U.S. の領地となった。


2016年11月撮影

U.S. 軍が 1864 年に Navajo を征服した後、砦 ( Fort Wingate ) を作り、地域への入植が始まった。
The Atlantic and Pacific Railroad ( 後の the Atchison Topeka and Santa Fe RR ) が 1881 年に地域に届き、
”Baca” と名付けられた駅を作った。
それは 1890 年代の地元の Spain 人の牧場経営者の家族の名前で、
New Mexico の 1927 年の Rand McNally の地図にはその名前が載っている。
( 当時 McCartys の西に同じ名前のもう一つの駅があったが、後に Anzac となった。) 。

1916 年に二人の兄弟 Bob & Harold Prewitt が地域にやってきて、
1918 年に the National Old Trails Highway 沿いに大きなテントの Trading Post を作った。
そこは二人の名前をとって Prewitt となった。

Route 66 は線路を超え、曲がりくねったコースで、1926 年に村を通り抜けていたが、
1930 年代初めに真っ直ぐに再編された。
Robert Prewitt が最初の局長となり、郵便局が 1928 年にオープン。
Rittenhouse は彼の 1946 年の Route 66 ガイドブックに、
「小さな村で、鉄道のそばの小屋と “Prewitt’s Trading Post” があり、
真西は the Petroleum Products Refining Co. の駅がある。」 と書いている。
モーテルはなかった。

Justin & Odessa LaFont が “the Prewitt Trading Post” を買い、“Justin’s Trading Post” と名付けた。
T.B.Greer が 1946 年に “the Zuni Moutain Trading Post” を建てたが、
すぐに Indian Trading ビジネスで有名な Ortega 家の Dave & Betty Ortega に売った。

“The Zuni Mountain Trading Post” が建てられる以前は、
”Justin’s” がこの地域唯一の旅人向けビジネスだったので、新しい Trading Post の開店は深刻な競争となり、
数年間 2 つの企業は、ウラニュームが発見され、地域の鉱山がオープンする 1950 年代まで張り合いを続けた。
結果 “The Zuni Mountain Trading Post” は閉じ、
純粋な旅行者向けビジネスとして鉱山労働者や Indian に利用されるようになり、
”Junstin’s” は発展し、後の数年間 “Western Shop”と呼ばれ、I-40 が出来るまで繁盛した。

一方 “the Zuni Mountain Trading Post” を買った Ortega のビジネスはどんどん発展していったが、
Dave Ortega は 1980 年に亡くなり、妻の Betty はその後店を色々な人々に貸した。




<<ウラニュームの発見>>
Baca で、アイルランドと Navajo の混血である Paddy Martinez が、
New Mexico でのウラニューム鉱山のブームの始まりとなる黄色の岩を発見した。
彼は岩を持ち帰り、分析に送ると、それがウラニューム鉱石だとわかった。
それは the AT & SF Railway の右側の土地に鉱石が層になっていたもので、
彼は何も要求しなかったが、鉄道は $10000 か、もしくは亡くなるまで毎月 $ 250 を提供するとしたが、
彼は小切手を選び、老衰で 91 歳の時に亡くなった。


<<Prewittを通る1926年の道>>
1926 年の本来の Route 66 は、村のメインストリートを真っ直ぐに通り抜けていた。
後の Route 66 の道の南側にある。
これは 1914 年に敷設された the National Old Trails Highway システムの NM State Highway 6 に続いて作られたが、
Thoreau と Prewitt の間では何度か the AT & SF の線路をまたぐ。
これは効率的ではなく、長すぎるし、また安全では無いので、
1930 年代に舗装された時に線路の南側に再編されたが、
本来の 1926 年の Route 66 は、今も南側に分離して残っている。


from Google


<<Prewitt の見どころ>>
ウラニュームの発見、Prewitt を通る1926 年の Route 66
Prewitt’s Trading Post、The Zuni Mountain Trading Post
Tomahawk Bar、Swap Meet 66



facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “

Thoreau 散歩 ; New Mexico

<<Thoreau 散歩>>

<<Red Mountain Market & Deli>>





from Google


<<Thoreau の東に残る 1926 年 〜 の Route 66>>
本来の Route 66 は 1930 年代末の Route 66 の南側を通っており、
1926 年 〜 1930 年代の Route 66 が残っている。
ここでは路盤が見え、いくつかの排水口が洗い流されて露出しており、歩くかバイクでは通れるが、車では通れない。
私有地かもしれないので、許可が必要かも。
本来の Route 66 の一部の小さな道は今も通行可能で、
近代の US 66 の北側の Indian Service Route 7018 に対応している。


<<1937 年以降の最近の道>>
Route 66 は今 NM-122 となっており、
Milan から the Continental Divide へはその側道として I-40 の横を走っている。
Milan の Route 66 は 1951 年に 4 レーン highway に改善された。
1956 年 I-40 が Route 66 に置き換わり、historic Route 66 は I-40 の北の Frontage roadとして続くが、
Exit 43 で Dead End となる。
それで Gallup へと西へ向かうその地点の I-40 を行かねばならないだろう。







facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Website  " 愛しき Route 66 " ( Route 66 on My Mind )
Pinterest  “ Route 66 “
Google + “ Route 66 “

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 沿線上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。
Website「愛しきRoute 66」
Route 66 facebook Page
Facebook group「愛しきRoute 66」

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

Songs of " Route 66 "
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる