FC2ブログ

Sac and Fox Nation ; Stroud Oklahoma

<<Sac and Fox Nation>>
Wikipedia はこちら

Stroud は Indian の部族 Sac & Fox の領地の一部であり、
部族の歴史は Oklahoma、Stroud の歴史において重要で、
今もその本部は Stroud にある。


2020年7月撮影

The Sac and Fox Nation ( Mesquakie 語で Thakiwaki または Sa ki wa ki ) は、
Sauk と Mewskwaki ( Fox ) Indian の連邦政府に認められている 3 部族中最大の Native American で、
元々は Huron 湖と Michigan湖 の近くに住んでいたが、
Illinois や Kansas に移され、
最終的に1870 年代に強制的に後に Oklahoma となる Indian テリトリーに移動させられた。

1890 年 6 月 10 日、彼らはその Indian テリトリーの土地を連邦政府に譲渡。
その土地は 1891 年の Land Run で、Indian 以外の入植希望者に開かれた。

Roosevelt 大統領の政権は ” Indian New Deal ” を確立し、
部族が自治を再確立することを奨励する法律や Oklahoma Mind 福祉法を 1934 年に可決。
1937 年に Sac & Fox はこれらの法律の下で組織されると、独立した部族連邦として承認され、
Oklahoma 州に部族の管轄区域 Sac and Fox Nation を持つ事となった。

Sac &Fox Indian Nation の本部は Stroud にあり、Lincoln 郡、 Payne 郡、 Pottawatomie 郡の部族を管轄。
奇数年の 8 月に開催される選挙で選出された 4 年任期の 5 人の評議委員が部族を統治している。

在籍している部族メンバーは 3,794 人で、そのうちの 2,557 人が Oklahoma に住んでいる。
部族の居住の権限は Oklahoma 州 Shawnee にあり、
彼らは独自の部族車両タグを発行し、11 のスモークショップと 2 つのカジノを運営している。
Sac & Fox Agency の Marker が Stroud の the Ed. Smalley Centennial Park にある。
独自の車両タグに関してはこちら


Sac & Fox Agency のマーカー
2020年8月撮影

部族は毎年夏にパウワウを行っている。
Sac &Fox のアスリートだった Jim Thorpe ( 1888-1953 )は、
1912 年のストックホルムオリンピックで金メダル( 十種競技と五種競技 )を勝ち取った。
Nation は Stroud の主要な雇用主の 1 つとなっている。


<<Pow Wow>>
Wikipedia はこちら

Pow Wow とは、多くの Native Americanコ ミュニティが開催するイベントの事で、
近代の Pow Wow は、Native American の人々が集まり、踊り、歌い、交友を深め、文化を尊重するために行われ、
その期間は、1 日から 1 週間まで様々で、
一般的には踊りの競技会があり、多くの種類の伝統的な踊り、音楽、レガリアがあり、
多くの場合かなりの賞金が授与される。

古い西部劇の映画などの大衆文化では、
この言葉は Native American の集まりを表すために、
または軍の人事のようなあらゆるタイプの集まりを指すためにも使用されている。

Pow Wow という言葉は、Nrragansett の言葉で、「精神的なリーダー」を意味し、
多くの部族が最初の Pow Wow を開催したと主張する。

当初 Pow Wow として現在知られているものに最もよく似たパブリックダンスは、
米国政府が経済開発のために土地を取得する野望の中で、
多くの Native の村が破壊された 19 世紀後半から 20 世紀初頭に、グレートプレーンズ地域で最も一般的だった。
1923 年 America の Indian 問題担当委員である Charles Burke は、
1921 年に発行した 1665 年の通達をモデルにした法案を可決。
それはキリスト教を脅かすものとして考えられ、
Native American が伝統的な踊りを練習する時期を制限するものだった。
しかし多くの Native の村はこれらの法律に反して、文化のダンスと音楽を実践するために密かに集まり続け、
19 世紀半ばまでには五大湖地域でも Pow Wow が開催されていた。




facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “
スポンサーサイト



Stroud近くのオリジナルの Historic Route 66 ; Stroud Oklahoma

<<Stroud近くのオリジナルの Historic Route 66>>
( Stroudに関してはこちら )
Depew、Bristow、Sapulpa を結ぶオリジナルの道は “ Ozark Trail “ システムで、
1915 年に建設されたが、多くの未舗装の部分があった。
1926 年にこの Ozark Trail をベースにして Route 66 が作られた。


from book “ Oklahoma Route 66 “ written by Jim Ross


<<Stroudの東>>
Stroud から Depew 間に 2 つの道がある。


from book “ Oklahoma Route 66 “ written by Jim Ross


<< 最古の道: 1926 – 1930>>
長さ 2.3 miles (緑の線)
西から来ると、Stroud のメインストリート の Rock Café を過ぎ、Allied Rd.を左へ曲がる。
1921 年建設の Salt Creekに 架かる橋 ( ポニートラス橋 )を渡る。
I-44 の上を通り、Graham Rd. で右へ曲がる。
その先に 1930 年建設の Lilly Creek に架かるオリジナルのコンクリート橋がある。
コンクリートのスパンは 30 feet。


Stroud のメインストリート と Allied Rd. の角。
2020年9月撮影


old Route 66 ( 1926 年 〜 1930 年 )
2020年9月撮影


Salt Creek にかかる 1921 年建設のポニートラストの橋
2020年9月撮影


I-44 を超える
2020年9月撮影


右に曲がって Graham Rd., 17th St. を行く。
2020年9月撮影


Lilly Creek にかかる 1930 年建設のコンクリートの橋
2020年9月撮影


17th St. の表示。
2020年9月撮影


I-44 の下を抜けて、今の Route 66 に出る。
2020年9月撮影


<<新しい道: 1930 – 1960 年>>
長さ1.4 mile ( 赤の線 )
Stroud のメインストリートを東へ進み、Allied Rd. から左斜めに折れて、古い道に入る。
この道は 1930 年に建設され、舗装された。
しばらく行くと Salt Creek に架けられた鋼鉄の ポニートラス橋( 1928 年製 )、
次に Lily Creek にかかる鉄の橋( 1928 年製 )があるが、見捨てられている。
この先 Graham Rd. ( 17th St. ) まで続く。
この道は残っていて、短区間ではあるが、ほぼ今の Route 66 と並行に走っている。
しかし途切れ途切れになっているし、使われていないために、走ることができない。


Allied Rd. の角から左斜めに残る Route 66。
今は通れない。
2020年9月撮影


Route 66 に並行して走る old Route 66 だが、荒れ放題。
その先は行き止まりになっている。
2020年9月撮影


2020年9月撮影


<<Ozark Trail>>
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら


from book “ Oklahoma Route 66 “ written by Jim Ross


from book “ Oklahoma Route 66 “ written by Jim Ross


<<Rout 66 の Ozark Trail セクション:1915-1930 年>>
Route 66 以前の部分。
西から来ると、Davenport を過ぎて、荒れた未舗装の 890 Rd. をまっすぐに進む。
途中 Dosie Creek(古い 1909 年の木板のポニートラス橋は 2004 年にコンクリートの橋に置き換えられた)があり、そのまま進むと突き当たりにオベリスクがある。

民間団体である Ozark Trail Association は、
Lincoln 郡のコミッショナーに「Frisco Ozark Trail System」に属する郡道システムの作成と指定を請願した。
路盤は 1915 年から 1917 年の間に建設され、Ozark Trail Highway Network に組み込まれた。
Network は Lincoln 郡の町を結んでいたが、ほとんどが未舗装または砂利道だった。
その後 1926 年に Route 66 が作成された時、この道を元に作られた。
1930 年に Route 66 はポートランドコンクリートで舗装されると同時に短縮されたが、
古い道は残され、今も未舗装道路ではあるが、利用されている。


<<Ozark Trails Section of Route 66>>
関連 Website は こちら&こちら&こちら
The National Register of Historic Places に指定されている。


2020年9月撮影



2019年4月撮影



正面にオベリスクが見えてくる。
2019年4月撮影


<<Ozark Trail Monument ; Obelisk>>
Ozark Trail モニュメントである Obelisk は、高さ 21 feet の石製で、Ozark Trail の交差点を示すもので、
非常にユニークで珍しいもの。
以前は何箇所かあった Obelisk も、今は数カ所だけになっているようで、ここは貴重な歴史的遺産。
Ozark Trail の西の端を示す Obelisk が New Mexico の Romeoville にあったが、今はない。
それに関してはこちら


2019年4月撮影



北から来ると二手に分かれていて、
右に曲がるのが Route 66、真っ直ぐ進むのが Ozark Trail。
2019年4月撮影


Stroud 近くの現在の Route 66 との交差点にはこのような小さな表示板が。
2020年8月撮影




facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “

Stroud ; Oklahoma

<<<Stroud>>>
Website はこちら
Wikipedia はこちら
関連 Website はこちら&>こちら&こちら





2020年7 月撮影


Stroud の町並み
2019年12月撮影

町は元々 Creek 部族の土地の西の Oklahoma テリトリーの一部で、Indian テリトリーの一部ではなかった。
町は 1892 年に設立され、開発業者の James W. Stroud にちなんで町の名前が付けられた。
彼は最初にこの地に定住した人物で、1892 年に今の町の場所から約 1 mile 離れた場所でショップを開いた。
また郵便局と地元のアルコール ( 隣接する Indian テリトリーでは禁止 ) を出すサロンも運営していた。
( James W. Stroud House は残っており、 the National Register of Historic Places に指定されている。)

Arkansas and Oklahoma Railroad ( 1901 年に the St. Louis and San Francisco Railway 又は "Frisco" が買収 ) が建設中の線路上に駅の場所を決めると、町は現在のその場所に移動した。


Courtesy of Kathy Weiser,Legends of America.
http://www.legendsofamerica.com/66-main.html

その歴史の初期、Oklahoma テリトリーと Indian テリトリーの境界に近い幾つかの町は、
アルコール飲料を合法的に販売することができる “ Whisky Town “ として知られており、
Oklahoma テリトリーにあった Stroud もその一箇所で、
喉の渇いたカウボーイや乾燥した Indian テリトリー(アルコール禁止) から来る旅行者に対応する多くのサロンやその他のビジネスがあることから、
カウボーイ達が一日の疲れを癒す場所となり、
それがどんどん発展して Wild な ” Hell-rising” と呼ばれる町となっていった。
そして 1901 年の人種暴動の後、African-American が一晩滞在しないように!
との目立つ標識が付けられたこともあったが、
その華やかな Wild Party Days も、1907 年に Oklahoma が州となり、強制終了させたために終わった。

20 世紀の最初の 10 年間、Stroud の経済は周辺地域での綿花栽培がベースで、
1909 年までには 2 つの銀行、2 つの新聞、4 つの綿加工場、および綿実油工場ができていた。


1907 年の Stroud
Courtesy of Kathy Weiser,Legends of America.
http://www.legendsofamerica.com/66-main.html

Stroud から Bristow までの地下の石油の埋蔵量は Oklahoma 最大で、
1920 年以降、石油産業が地域経済を活性化。
又 Route 66 が開通する 1926 年頃までには町は落ち着き、
次第にモーテル、ガソリンスタンド、レストランなどが多く並ぶ立ち拠り所として、全盛期には大人気の町となった。
が 1950 年代末に Turner Turnpike( I-44 )が町をバイパス化すると、急速にビジネスは衰退。


今も町のあちこちで掘削している石油リグ。
2020年8月撮影

又 1999 年に発生した Oklahoma 州の竜巻により、
町は壊滅的な打撃を受け、町の 53 店舗の Tanger Outlet Center、
およびフードサービス会社 Sygma が所有する流通センターを破壊。
これらの施設はどちらも再建されず、結果として 800 人の雇用が失われ、町はかなりの経済的打撃となった。

Stroud の人口は 1980 年に 3,148 人でピークに達したが、それ以来減少。
現在は石油およびガス部門で経済活動の増加を享受しており、
油田改修リグの製造業者である Service King の本拠地でもあり、
Route 66 への新たな関心、
および Oklahoma City と Tulsa 間の中心地としてのロケーションも、町の成功に貢献している。




<<Henry Starr>>
Wikipedia はこちら

生涯で 21 の銀行を襲った Henry は元々は馬泥棒で列車強盗だった。
有名な Belle Starr の夫 Sam Starr とは遠縁にあたり、代々犯罪者の家系だった Starr 家最後の人物だった。


Courtesy of Kathy Weiser,Legends of America.
http://www.legendsofamerica.com/66-main.html

Henry は 1893 年に米国副元帥 Floyd Wilson 殺害により裁判にかけられた。
が脱走を試みていた Cherokee Bill との対立により、
殺人に対して 2 度の絞首刑の判決を言い渡した Isaac Parker 裁判官は、彼の判決を過失致死罪に短縮し、
最終的に大統領恩赦により釈放された。

Henry はその後悪名高いギャング団を結成し、20 世紀初頭に Arkansas 州北西部で強盗を繰り返した。
1915 年 3 月 27 日 Henry は他の 6 人の仲間と共に、
同時に Stroud の 2 つの銀行( the Stroud National Bank と the First National Bank ) を襲うことを決めたが、
その噂は急速に広まり、住民らは武装して銃撃戦となった。
Henry ともう一人の無法者 Lewis Estes が負傷し、捕らえられたが、
他のギャング達は $ 5815 を奪って逃げた。
Henry は再び投獄され、 Oklahoma 州刑務所で死刑を宣告されたが、
4 年間だけ服役し、その間に彼は回想録を書き、仮釈放された後、
無声映画 『A Debtor to the Law ( 法の債務者 )』( 1919 年 )で自分自身を描写した。
1921 年に彼は Arkansas 州 Harrison で銀行強盗をしようとしたとき、
銀行総裁 W. J.Myers に 38 口径のライフル銃で撃たれて負傷し、その後亡くなった。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “

Painted Desert Trading Post 改修の旅。3 日目

9月10日
Arizona まで来ると、昨日の寒さが嘘のよう。
朝は爽やかだが、日中は暑い。

さて今日から 1 週間の日程で Painted Desert Trading Post の改修作業。
場所は大草原のど真ん中。
そこを貫いていた old Route 66 沿いにポツンと 1 軒だけある Trading Post。
近くには何もないので、34 mile ( 約 60 km ) 離れた Holbrook の街に宿泊し、
Holbrook から I-40 を走り、
Pinta Rd. の Exit から砂利道を約 3 mile 行ったところにある。
1940 年代とは言え、インフラは何もないこんな所によくぞ作ったものだ、と感心する。
( Painted Desert Trading Post に関してはこちら )


I-40 から見た Painted Desert Trading Post


この先の先に Trading Post がある。


一応アスファルト舗装されていた道だったが、
それもほとんど剥がれて砂利道状態。

これから数日間ここに通うのだが、
宿との往復だけでも毎日約 120 km。
そして炎天下の中での作業。
大変な仕事だけれど、
皆さん Route 66 への想いは熱く、
私もこの素晴らしい作業に関わらせていただけた事に感謝して楽しむ事に。

2 年前に訪れた時は手付かずの状態で、荒れ放題だった。


2018年9月撮影



2018年9月撮影

それが去年の春の改修でここまでに。






この状態から、さて約 1 週間の日程でどこまでできることやら。

ここの作業が良いのは、全て自由。
働こうが休もうが、誰も不平も文句も言わない。
そしていつもどこかで笑い声が。
数人集まると、
あれこれと Route 66 の情報交換を。
私にとってはみんな大先輩なので、
じっくりと聞かせていただく。
作業は興味深く、9;00〜17 ;00 頃でもあっと言う間に。


終わって今日の作業の確認と明日の打ち合わせ。


今回の参加者で記念撮影

終わると、又 Holbrook まで戻り、
みんなで食事をするが、
私たちはその前に Holbrook で日本酒を作ってらっしゃる Sakurai さんをお尋ねした。
Route 66 沿いに立つ “ ARIZONA SAKE “ の看板の真っ白な建物。
ここで日本酒が作られているとは!
入ると良い香りが。
受賞もされ、今着々と販路も広がっているとか。
昨日のベーカリーの Mizushima さんとともに、
Route 66 沿いで頑張ってらっしゃる日本人の方達はぜひとも応援したい。


Arizona Sake

皆さんとの夕食は “ Tom & Suzie’s Diner “ で。





共通項 Route 66 があるので話が弾み、
食べたものの写真を撮り忘れ。

どうにか一日目は無事に終わり、ホット。
それでも初めてのことが多々で、
心地良い疲れが眠りを誘ってくれる。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “


Painted Desert Trading Post 改修の旅。2 日目

9 月 9 日( 旅の 2日目 )
朝起きると寒い。
天気予報通り、窓から見るとうっすらと雪が。



今は降ってないけれど、曇って今にも雪が降りそうな空。
これから山越えして Albuquerque に向かうが、
I-40 で行くか、old Route 66 で行くか迷う。
が途中で雪が降り出すと大変なので、
Old Route 66 で行くことに。



それがちょっと山を越すと、なんとも無く、
Albuquerque は嘘のように暖かくて明るい。

今どんどん進化中の Albuquerque。
近代的になりつつも、古き良き時代の空気感は残され、
良い雰囲気になってきた。

街の規模も大きくなって、
May Café や Hiland Theater が以前は町外れにポツンとあるイメージだったのが、
今や街中で小さくなってしまった感がある。

Albuquerque のおしゃれなエリア Nobhill で、
日本人の Mizushima さんがベーカリー IHATOV をオープンなさったので、伺った。
パン屋さんが少ないアメリカで、日本人の美味しいパンは大人気。
落ち着いた雰囲気の中でイートインもできる。
Route 66 沿線で日本人が頑張っていらっしゃるのはより嬉しいこと。



美味しいパンとコーヒーをいただいた後はまた西へ西へと。
9 mile Hill を越して Route 66 Casino が見えたが、
なんと住民以外は入店できない。



New Mexico 州はコロナ対策は厳しく、
どこもマスクは必須で、
急ぐために I-40 ばかり走っているので、知らなかったが、
Laguna などの Native Indian の村などはバリケードが作られていて、
入れないようになっているそう。

州境の Lupton に着く。
岩山が両側にそそり立つ雄大な景色。
車を止めてしばらく見物。



New Mexico 州から Arizona 州に入る。
ここでまた時間が一時間遅れる。
New Mexico は入る時も出る時も時間が変わる。
普通自動的にスマホが時間を変えてくれるのだけど、
一度だけ変わらない時があった。
過信は禁物!

Arizona に入ると景色が変わる。
ほとんど木がない草原で、
どこまでも続く地平線が 360 度の状態に。



夕方やっと Holbrook に到着。



これから数日間連泊するお宿は ビジネスモーテル Quality Inn。
Holbrook の東の外れにあり、
明日からの現場に近いし、チェーン展開している所で安心して泊まれる。



明日からの改修作業に参加の皆さんとの夕食は “ Butterfield Steakhouse “。
カントリースタイルの有名店。





皆さん意欲満々で、会話も弾み、
明日からの作業が楽しみな。

今日の走行距離 283 mile ( 452 km ) .
昨日よりは気分も余裕で、結構 I-40 を降りて、old Route 66 を走れた。


facebook page  “ 愛しきRoute 66 ( Route 66 on My Mind ) “
facebook group “ 愛しき Route 66 ( Route 66 on My Mind ) “
Pinterest  “ Route 66 “

ルート66 ポータルサイト「愛しきRoute66」 オープン!

Route 66 上のまちについての情報 Blog。
まちの名前は<<< >>>で、
名所や建物などは<< >>で表示。
お気づきの点等はご指摘ください。

Illinois 州
Missouri 州
Kansas 州
Oklahoma 州
Texas 州
New Mexico 州
Arizona 州
California 州

⭐️How to use this blog
Songs of " Route 66 "
Coloring Book Selling Places
Translation
プロフィール

Mariko Kusakabe

Author:Mariko Kusakabe
憧れのアメリカの象徴 Rout66。
走るごとに、その魅力に、その意味の深さに取り憑かれる。
Find on Route 66 what You Lost!
無くしたものが見つかる道。
ここで何かを感じていただきたい。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる